警視庁と埼玉、千葉、神奈川各県警が実施した首都圏の電車内の痴漢取り締まり強化期間中(4月15~21日)、77人が検挙されたことが6日、警察庁のまとめで分かった。1月に実施した強化期間(同月8~15日)の検挙者は39人で、ほぼ倍増。同庁は「4月は新入生や新社会人を狙った痴漢が増える」としている。
 路線別の被害では、京王線、JR中央線が各6件で一番多かった。次いでJR埼京線で5件。西武新宿線、JR総武線、東京メトロ千代田線、JR山手線が各4件と続いた。
 容疑者は30代と40代が45人に上り、全体の約6割。職業別では会社員が48人と最も多かった。 

【関連ニュース】
男湯脱衣場で盗撮=岩見沢市職員を逮捕
東近江市職員を逮捕=女子高生のスカート内盗撮容疑
新幹線で盗撮、JR西職員逮捕=出張帰り、女性の隣に移動
痴漢事件で男性に無罪=被害者証言の信用性否定
触った相手は女性警察官=電車内、容疑で43歳男逮捕

【高速道路新料金】CO2は増える?減る? 国交、環境両省が正反対の試算結果(レスポンス)
検証 医療ツーリズム元年(1)「注目浴びる検診ビジネス」(医療介護CBニュース)
介護マンション契約金詐取 失意の被害者「よいこと尽くしだと思ったのに」(産経新聞)
介護住宅で2億4千万円被害 詐欺容疑で本格捜査へ 神奈川県警 (産経新聞)
参院選、先送りも 「政治とカネ」終盤国会にズシリ…(産経新聞)