31日午後5時45分ごろ、埼玉県上尾市平塚のスーパー「マルエツ上尾平塚店」で、おでんのパックにカッターの刃(長さ約2センチ)が入っているのが見つかった。けが人はなかった。県警上尾署は偽計業務妨害容疑で調べている。

 同署によると、店員が棚の商品を整理中、奥にあったおでんパックから汁がこぼれていたため点検して発見した。マルエツでは1月9日と10日、同県富士見市の「みずほ台店」で、マグロの刺し身などから計3本の縫い針が見つかっている。【久保玲】

【関連ニュース】
おでんに縫い針:「紀文」製品標的か 自主回収も 千葉
異物混入:おでんパックに縫い針 千葉のスーパー4店舗で
縫い針混入:おでんパックに--千葉のスーパー4店
コラーゲン食品:続々発売 ドレッシングに、おでんに…
針混入:スーパーで購入のおでんから見つかる--千葉 /千葉

<着服>博多署員が課内の積立金100万円を 停職処分に(毎日新聞)
車内から「重傷者」救出=災害救助犬の実践訓練-神奈川県警(時事通信)
忍野村の協力、真意を確認=普天間問題で官房長官(時事通信)
ロシア警備隊ヘリが銃撃=国後島沖の漁船2隻に-照明弾も、安全海域で操業中・1管(時事通信)
新幹線架線切断で原因調査=定期点検は異常なし-JR東海(時事通信)