政府が検討している「温室効果ガス25%減」目標達成に向けた行程表(中長期ロードマップ)の素案が2日、明らかになった。工場などのものづくりや家庭・オフィスといった日々の暮らしでの地球温暖化対策を強化し、国内だけで15%以上削減することを検討。残りは海外からの排出枠購入などで埋め合わせる。
 政府は3日の関係省庁副大臣級検討チームで、行程表と今国会に提出する地球温暖化対策基本法案の議論を開始。3月5日に法案を閣議決定し、同月下旬に行程表骨子を取りまとめる。
 政府は2020年までに温室効果ガス排出量を1990年比25%削減する目標を立てている。行程表素案によると、20年時点での部門別排出量(二酸化炭素換算)は、ものづくりで3億6600万~3億9900万トン(90年4億8200万トン)、日々の暮らしで3億8000万~4億4600万トン(同5億800万トン)を計画。
 具体的な対策としては、日々の暮らしでは、600万~1300万世帯の住宅に太陽光発電を普及させることや、普通・小型車保有台数の約23%をハイブリッド車にすることなどを挙げている。ものづくりでは、粗鋼生産の低炭素化などを例示した。 

【関連ニュース】
【特集】話題の車-エコカー新時代到来=時事ドットコム編集部が徹底検証
COP16成功へ協力=日・メキシコ首脳会議
日メキシコ外相が会談
燃料電池の研究拠点視察=鳩山首相
HVに接近通報装置義務化へ=「静か過ぎて危険」の指摘

「白っぽい上着の男に注目してください」再現される被告の行動 (産経新聞)
爆窃団、仙台の盗品も所持…捜査員香港へ(読売新聞)
消費税率引き上げ、自民・谷垣氏が公約明記に意欲(読売新聞)
爆窃団、仙台の盗品も所持…捜査員香港へ(読売新聞)
小沢氏、続投に改めて意欲(産経新聞)