社民党の重野安正幹事長は15日の記者会見で、鳩山由紀夫首相が米軍普天間飛行場の移設問題を5月末までに決着させると繰り返していることについて、「どういう勝算を持って言っているのか分からないが、言えば言うほど、そうならなかったときにどうするかという度合いが強くなる」と述べ、首相の責任論に発展しかねないとの懸念を示した。
 重野氏は「(政府が移設先として検討している)沖縄や徳之島では、ますます反対運動が激しくなっている。5月末までに結論を出すことは日を追って難しくなっている」と指摘した。 

検察審、近く議決へ=小沢氏不起訴の当否判断-陸山会規正法違反事件(時事通信)
略称「日本」重複、止める手だてない…総務相(読売新聞)
「2020年代に10%台後半」 経団連、同友会 成長戦略に消費税盛る(産経新聞)
「検事が調書作文し、署名要求」=村木元局長が被告人質問で-大阪地裁(時事通信)
駅ビル無差別殺傷、懲役30年=無期を減刑-東京高裁(時事通信)