「口蹄疫」が発生したのを受けて、東国原英夫知事は27日、農林水産省を訪れ、赤松広隆農相に支援策を要望した。

 東国原知事は「生産者の精神的ダメージも大きい。きめ細かな配慮を」と要望。地域経済全体に大きな影響を与えるとして、ウイルス侵入経路の解明と抜本的な予防策▽風評被害防止の指導徹底▽県や関係機関が要した経費について十分な財政措置--などを求めた。赤松農相は、疫学調査チームの現地調査を29日に実施することを伝えた。【佐藤浩】

【関連ニュース】
口蹄疫:周辺4県影響 競りや催し中止続々 九州
口蹄疫:感染疑いの牛、新たに2頭発見 計14頭に 宮崎
口蹄疫:宮崎の牛、疑い新たに3頭 計12頭に
口蹄疫:宮崎で牛3頭感染の疑い 牛・豚の移動自粛要請
口蹄疫:新たに牛4頭感染の疑い 確認7例目に 宮崎

鹿児島知事、官房長官との単独面会応じず(読売新聞)
雑記帳 こち亀「両さん」像を修復…東京・亀有(毎日新聞)
<憂楽帳>多摩川柳教室(毎日新聞)
<ISS>日本実験棟「きぼう」のオゾン層観測装置が故障(毎日新聞)
高校生の就職内定率90.2%=採用厳しく8.6%断念-日高教(時事通信)