高野山真言宗総本山金剛峯寺(こんごうぶじ)(和歌山県高野町)で22日、同宗最高の僧位「法印(ほういん)」の昇進式があり、高野山上池院住職の田島聖章大僧正(76)が、第五一一世寺務検校執行(じむけんぎょうしぎょう)法印に就任した。任期は1年。宗祖・弘法大師の名代として高野山内で営まれる重要な法会の導師を務める。3月14日に金剛峯寺で、法印の緋衣(ひごろも)姿をお披露目する「転衣式(てんねしき)」がある。転衣式は、山内の全住職や法印経験者らが一堂に会する、高野山で最も華やかな行事。【上鶴弘志】

<五輪フィギュア>浅田と安藤に大声援 中京大(毎日新聞)
スズキが42万台リコール 日産、ダイハツも続々(産経新聞)
郵政各社、将来は株式公開=原口総務相(時事通信)
太陽の塔、40年ぶり「目」点灯へ(産経新聞)
朝鮮学校除外も 高校無償化で官房長官示唆(産経新聞)