鳩山由紀夫首相の資金管理団体「友愛政経懇話会」をめぐる偽装献金事件で、鳩山事務所は16日、平成21年に鳩山氏の実母(87)から受けた資金7500万円について、贈与税3470万円を納付したと発表した。昨年末に納付した約5億7500万円と合わせて、実母からの多額の資金提供の贈与税額は6億970万円となった。

 鳩山氏は昨年末、14年から20年分の計11億7千万円について贈与財産として申告し、贈与税約5億7500万円を納付。21年分については、申告期限を迎えていなかったため、納付していなかった。

 鳩山事務所は「(実母からの)贈与についてはすべて申告、納付をすませた」と発表。「国税当局の調査が実施中であり、国税の調査が完全に終結し、通知があった段階で報告すべきことがあったら改めて報告したい」としている。

療養中の妻放置・衰弱死させた自衛官を懲戒免職(読売新聞)
将棋 羽生王将が久保棋王降す 王将戦七番勝負第5局(毎日新聞)
民主は今年で消滅? 首相、結党時に「時限政党論」(産経新聞)
もんじゅ、耐震安全性も「確保」=報告書ほぼまとまる-経産省(時事通信)
<もんじゅ>「耐震性評価は適切」安全委(毎日新聞)