鳩山由紀夫首相は10日、廃校になった小学校を活用して芸能関連団体などが集まる施設「芸能花伝舎」(東京都新宿区)を視察し、つかの間の休日を楽しんだ。

 首相は、17日から公演が始まる演劇「2人の夫とわたしの事情」のけいこに取り組む女優、松たか子さんらと懇談しながら、廃校の活用状況などを聞き取りした。

 女性15人が袴(はかま)姿で練習する殺陣講座も見学。米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾=ぎのわん=市)の移設問題に難渋し、鳩山政権への批判が高まるなか、野党の追及や報道を念頭に、「私も毎日、切られてます」と冗談交じりにぼやいた。

 ただ、視察終了後には、記者団に「政官業のしがらみをどんどん切り捨て御免でいかないといけない」と語り、行政改革への意欲をにじませた。

【関連記事】
「自民党さん」に垣間見える鳩山首相の心理
首相「米の言いなりにならない」 米誌インタビューで
首相がポーランド大統領死去で哀悼の意
小沢幹事長の訪米中止、米の激怒から 「大統領は会わない」
ネットの国会審議視聴が昨年過去最高 政権交代で関心高まる
「中国内陸部の資源事情とは…?」

渡部恒三氏、自民党は「家出老人の続出だ」(産経新聞)
<国民新党>11兆円超の追加経済対策を要請(毎日新聞)
「たちあがれ日本」旗揚げ=反民主、「第三極」目指す-平沼、与謝野氏ら5議員(時事通信)
踏切に幼女、非常ブレーキ間に合わず…京都(読売新聞)
公務員の政治活動巡る逆転無罪、東京高検が上告(読売新聞)