新党「たちあがれ日本」は11日、夏の参院比例選に、元プロ野球・読売巨人軍の中畑清氏(56)を公認の新人候補として擁立すると発表した。

 平沼赳夫代表、与謝野馨共同代表と共に記者会見した中畑氏は、「無気力、無表情の子供が出始めており、これでよいのかと感じている。国のために何ができるか一生懸命勉強して頑張る」と述べた。巨人の長嶋茂雄終身名誉監督から「『羽ばたいてこい』と、ぽんと背中をたたいてもらった」とも語った。

 中畑氏は「絶好調男」の異名をとり、引退後は打撃コーチに。2004年には脳梗塞(こうそく)で倒れた長嶋氏に代わり、アテネ五輪で日本代表を指揮、銅メダルを獲得した。

「全額面倒を見る」=口蹄疫での補償で-赤松農水相(時事通信)
「問題は感じていたが…」 “井手商店”を引き継いだJR西元社長の反省の弁(産経新聞)
介護が政治に望むこと(5)「平均在院日数など盛り込み『質』を評価する報酬改定を」―日慢協・武久洋三会長(医療介護CBニュース)
対米関係「大局的に協力できる」 志位・共産委員長が本紙と単独会見(産経新聞)
首相動静(5月11日)(時事通信)