民主党の小沢幹事長は25日、福岡市で記者会見し、生方幸夫副幹事長の解任騒動などで閣内から党執行部への批判が出ていることについて、「私の人生哲学、政治哲学を言えば、与えられた職責を全力で尽くしていくのが大きな力となる。国務大臣は国務に専念してもらえればいい」と述べ、閣僚の発言にくぎをさした。

 生方氏を巡っては、枝野行政刷新相が「副幹事長を直ちに辞めなければならない部分がどこにあるのか」と執行部を批判した。前原国土交通相も、小沢氏らの「政治とカネ」を巡る問題を念頭に「誰もけじめをつけていない」と指摘していた。

 一方、民主党の参院選公約について、小沢氏は「昨年の総選挙で掲げたものと全く違うということはあり得ない。基本的な政策は変わらない」と語り、衆院選マニフェスト(政権公約)の大幅な修正は不要との考えを示した。

<全国農政連>自主投票に 参院選比例代表で方針転換(毎日新聞)
京浜東北線に男が立ち入り逃走(産経新聞)
「首相の言葉、昨日と今日で違う」普天間また迷走(読売新聞)
<震度計>26地点で運用停止 軟弱地盤で過大観測(毎日新聞)
<掘り出しニュース>ハッチの第5子はタッチです!(毎日新聞)