長野県飯田市の南アルプス・御池山のくぼ地が、国内初の隕石(いんせき)の衝突跡(クレーター)であるとの公式認定をめざす同市美術博物館の専門研究員、坂本正夫さん(62)の論文が国際学会誌に初掲載された。

 米アリゾナ大の「隕石学と地球科学」1月号。岡山理科大などと共同で、直径約900メートルのくぼ地から採取した石英に隕石衝突の痕跡があったことを証明した。

 25年前から研究してきた坂本さんが03年に「国内初のクレーター」と発表したが、国際機関の正式な認定に至っていない。市も新たな観光資源と期待し、坂本さんは「一歩前進。今度こそ」。四半世紀の一念が、隕石をも通すか。【仲村隆】

【関連ニュース】
もんじゅ:耐震性問題なし 原子力安全委
もんじゅ:地震での重大な影響なし 原子力保安院作業会合
東大地震研:浅間山の内部構造再現 素粒子使い立体的に
記者の目:核燃施設周辺の「活断層」否定する原燃=後藤豪
新潟・十日町断層帯:西部の地震発生確率高まる

阿久根市給与支払い拒否、地検が告発状を受理(読売新聞)
【Web】“国宝初”阿修羅像がiPhoneに(産経新聞)
沖縄の理解に全力=鳩山首相(時事通信)
<訃報>棚橋美代子さん90歳=日本化学工業会長の母(毎日新聞)
しばたはつみさん死去(歌手)(時事通信)