自民党の谷垣禎一総裁は15日午前、党所属全国会議員を対象とした両院議員懇談会を開き、新党「たちあがれ日本」を結成した与謝野馨元財務相や、新党結成をちらつかせる舛添要一前厚生労働相らに対し「非情にならなければ(党運営を)乗り切れない」と述べ、厳しい姿勢で臨む方針を明らかにした。離党届を出している与謝野氏らの処分を検討する党紀委員会は21日に開催されるが、除名の可能性も出てきた。

 出席者からは、自民党比例代表で当選した与謝野氏への除名処分を求める声や、舛添氏に選対本部長代理を打診した執行部への批判が相次いだ。大島理森幹事長は懇談会終了後、記者団に対し、舛添氏から今後の政治姿勢について事情を聴く考えを明らかにした。

【関連記事】
「八方ふさがり」の舛添氏 人気者との連携に活路を求めたが…
小沢氏、与謝野氏に「また碁でもやろう」
自民党崩壊の始まり?保守再生へ大胆な提案
与謝野氏「たった一回のわがまま、お許しいただきたい」
橋下府知事、「舛添新党」応援は大阪のためになるかで判断

民主・鹿児島県連、徳之島移転案の撤回要求(読売新聞)
母、めいの順で刺す=逮捕の長男、一家5人殺傷-愛知県警(時事通信)
<社民党>北マリアナ下院議長、テニアン移設歓迎 照屋氏(毎日新聞)
<川崎死体遺棄>白骨遺体に傷(毎日新聞)
山崎さん 「地球も、私たちも宇宙の一部」宇宙体験語る(毎日新聞)