中井洽国家公安委員長は18日の閣議後会見で、中国製冷凍ギョーザによる中毒事件を捜査した千葉県警が当初、包装袋の穴を発見できなかったことについて「日本の証拠調べの方がずさんであったというのは誠に恥ずかしく残念」と述べた。

 その上で「事件を契機に、各県警が初動調査を十分慎重に、科学的におやりいただくことを強く望みたい」と苦言を呈した。

 警察庁は今月中にも中国に捜査員を派遣し、情報交換する。【合田月美】

【関連ニュース】
中国毒ギョーザ:千葉の被害者が食べた2袋にも穴 科警研
毒ギョーザ事件:日中警察会議が終了 捜査協力継続を確認
中国毒ギョーザ:警察庁で日中情報交換会議
中国毒ギョーザ:21日から日中警察会議
中国毒ギョーザ:21日から警察庁で日中情報交換

バラ 甘い香り満開 名古屋・鶴舞公園(毎日新聞)
H2Aが発射台へ移動 打ち上げ作業、最終段階(産経新聞)
工業所有権等収益の減少などで減収・減益―日本新薬(医療介護CBニュース)
中国むさぼる…日本のペットボトルのリサイクル高騰、壊滅の恐れ(産経新聞)
大阪市議補選告示 各陣営、都市構想訴え 橋下新党「大阪都」に対抗も(産経新聞)