JR東日本は8日、東京発八戸行き東北新幹線「はやて1号」の車両(10両編成)で、架線と接触するパンタグラフの板1枚(重さ約5キロ)が外れ紛失したと発表した。同社が原因を調べている。
 同社によると、外れたのは6号車のパンタグラフの部品で、スリ板体と呼ばれる長さ75センチ、幅7センチ、厚さ1.5センチの板。パンタグラフに板を固定するボルトは4本とも残っていた。板が無くても走行は可能という。
 車両は午前6時56分に東京駅を出発。盛岡駅に停車した際、駅係員が異変に気付き、八戸駅到着後、作業員が臨時点検で見つけた。7日夜の検査で異常はなかったという。車両は新しい板を取り付けて運行し、東北新幹線に運休や遅れはなかった。 

【関連ニュース】
【動画】「0の記憶」夢の超特急0系新幹線・最後の記録
【特集】初代0系新幹線、殿堂に登場
【特集】鉄道写真館
【Off Time】青森で りんごの香りに包まれる
〔写真特集〕鉄道博物館の世界

粉もん新定番? うどんギョーザ 高槻で人気(産経新聞)
例大祭の行列で馬2頭暴れ、6人重軽傷(読売新聞)
雑記帳 「宇宙桜」芽吹く(毎日新聞)
北辰一刀流と水戸学を脈々と継承 水戸東武館第7代館長・小澤智さん(産経新聞)
民主、地方議員も与党ボケ? 批判ほぼなし(産経新聞)