東京都は21日、東京芸術劇場(豊島区)のチケット申し込みサイトが改ざんされ、コンピューターウイルス「ガンブラー」に感染したと発表した。サイトの閲覧者にも感染する恐れがあるとして、完全に復旧するまでチケットサービスのホームページを閉鎖している。

 都によると、サイトの改ざんが始まったのは昨年12月17日。今月9日には顧客から「チケット予約の途中でエラーメッセージが出る」などの苦情が寄せられ、ウイルスへの感染が判明したため、修復作業を行い、いったん復旧した。しかし、19日にも「ウイルスに感染しているのでは」との指摘が外部からあり、9日に判明したものとは別のファイルに感染が広がっていた。

 ホームページは19日に閉鎖したが、それまでに2万3181件の閲覧があった。同劇場ではサイトの完全復旧まで電話でチケット予約・購入を受け付ける。【市川明代】

【関連ニュース】
ガンブラー:ヤフー運営の占いサイト被害 ウイルスを除去
JR東:HPに不正アクセス、改ざんページで「感染」も
コンピューターウイルス:ハウス食品も「ガンブラー」被害
ガンブラー:被害急増 有害サイトに誘導の新種ウイルス
ガンブラー攻撃

偽装献金、小沢氏問題で論戦へ=19日から代表質問(時事通信)
<火災>桑田真澄さんの父、泰次さんが死亡 住宅が全焼(毎日新聞)
「日本は昔の小切手外交に逆戻り」 海自インド洋撤収で英専門家(産経新聞)
ハイチに緊急医療チーム、17日にも現地へ(読売新聞)
胆沢ダム工事受注の「宮本組」へ 談合仕切り役“天下り” 下請け捜索(産経新聞)