総額約36億6千万円にのぼる千葉県の不正経理問題に絡み、千葉県警は4日、追加調査の結果、平成15~20年度の不正経理が計約5億7千万円に上ったと発表した。県はこれまで、不正経理の県警分は約1億4千万円としていた。県警によると、不正経理による損害は2486万円で、国と県に返還する。県警では本部長が15万円、部長級が10万円をそれぞれ負担するなどし、不正経理に関与した職員らの処分も検討している。不正経理は県警本部と39の全警察署で見つかった。

<川内原発>作業員3人が感電、重傷 放射能漏れなどはなし(毎日新聞)
首相演説「労働なき富」に共産委員長が皮肉(産経新聞)
<連続不審死>埼玉の事件、35歳女を殺人容疑で再逮捕(毎日新聞)
衆院選比例選の配分訴訟、東京高裁が請求棄却(読売新聞)
<掘り出しニュース>小学4年生が2分の1成人式 20歳への目標を立てる(毎日新聞)