4月放送のNHK古代史ドラマ「大仏開眼」のロケ撮影で使用された実物大の大仏半身像が12日、難波宮跡公園(大阪市中央区)にお目見えした。

 高さ・幅約9メートル、奥行き約4・5メートル、重さ約2トン。史料を基に、聖武天皇が建設した奈良・東大寺の大仏を再現。主な材料は合成樹脂と発泡スチロールだ。

 NHK大阪放送局開局85周年記念事業「BK85さくら祭り」(22日まで)の一環で展示。公園を訪れた人たちは極彩色の表情豊かな大仏に驚いた様子で見入っていた。

<日米密約>再持ち込み容認「会談録案」 69年外務省作成(毎日新聞)
なぜ殺害し、現場に火をつけたのか…「半落ち」の女子大生殺人犯(産経新聞)
高齢患者骨折「一晩で2人とも」元看護師が供述(読売新聞)
秋葉原殺傷きょう第5回公判 被害者や警察官ら、5人の証人尋問(産経新聞)
温暖化ガス削減「果たさねばならぬ」=鳩山首相(時事通信)