ハイチの国連平和維持活動(PKO)に派遣された陸上自衛隊の1次要員約30人が24日、成田空港に帰国した。1次要員は同日で約200人全員が帰国。任務は2次要員約350人が引き継ぎ、現地の復興支援に当たる。
 1次要員の山本雅治隊長(50)は、取材に対し「現地は倒壊家屋がそのままの状態で悲惨な状況。がれき除去など任務は果たせたが、これからが本格的な復興支援」と説明。「治安は安定しているといいながら、ギャング団の抗争や毎晩銃声があり、緊張しながら作業した」と話した。 

【関連ニュース】
【特集】ハイチ大地震取材体験記~被災地の1週間~
〔写真特集〕ハイチ大地震
ハイチPKO部隊を激励=隊長らとテレビ電話会談
ハイチで耐震診断開始=防衛省派遣の技官
ハイチPKO1次要員が帰国=陸自部隊、現地で復興作業

10人犠牲の老人施設「たまゆら」火災から1年(産経新聞)
就活のために留年する学生支援  大学に広がる「卒業延期制度」(J-CASTニュース)
パラリンピック 鈴木が銅メダル リベンジ果たす(毎日新聞)
医療提供者含む国民の声反映を-温暖化対策基本法案で日医(医療介護CBニュース)
<築地市場>豊洲移転暗礁に 都議会民主が用地削減案提出へ(毎日新聞)