相模鉄道(横浜市西区)の元男性車掌(28)(16日付で懲戒解雇)が、キセル乗車を繰り返していた問題で、元車掌は、「連続処理を頼む」と言って、駅係員に磁気定期券の不正乗車防止システム解除を依頼していたことが16日、内部調査でわかった。

 同社は、「連続処理」が解除の隠語とみて調べている。

 相鉄によると、連続処理は、複数の路線に乗車できる連絡定期券を発行する際、改札を通らないで別会社の電車に乗り換えるケースについて、システムを解除するもの。

 車掌の定期券は、都営地下鉄1路線のもので、相鉄は、システムを解除した駅係員5人も不正な操作をした認識があったとみている。

 相鉄は16日、横浜市内で記者会見を開き、桜木政司郎・常務取締役らが謝罪した。

「成長戦略」追加、民主が参院選公約の骨格案(読売新聞)
サクラの季節なのに… 練馬や箱根で積雪(産経新聞)
討論 郵政改革案 岸博幸氏「民業圧迫は許されない」(産経新聞)
0歳長男に暴行、父逮捕=頭を蛇口にぶつける-大阪(時事通信)
<子ども手当>「全額現金支給」厚労相が見解(毎日新聞)