恐竜やサメ、クラゲなどをあしらった一見風変わりなこいのぼりが東海大学海洋科学博物館(静岡市清水区三保)の正面玄関に並んでいる。

 平成11年から展示し、毎年1体ずつ増やしている。今年は夏に新設する深海生物コーナーにちなみ、石川県に漂着して話題になった深海魚「リュウグウノツカイ」が新たに並ぶ予定。

 子供と一緒に訪れた同市駿河区の杉山美代子さん(32)は「うちも今日か明日に(こいのぼりを)出そうと思っています」と話していた。

 展示は5月5日までで、雨天と休館日(火曜日)は見られない。問い合わせは同博物館(電)054・335・2385。

【関連記事】
世界一5613匹 館林市でこいのぼりの里まつり
「二十四の瞳映画村」に12匹のこいのぼり
有田川河川敷にこいのぼり 和歌山
“幻の魚”リュウグウノツカイに驚き 萩博物館で公開
深海魚「竜宮の使い」 謎の大漁

<ISS>女性4飛行士の写真を公開 同時滞在の新記録(毎日新聞)
「首相は外交下手」=徳之島反対集会で社民・阿部氏-普天間(時事通信)
<チューリップ>春のじゅうたん…120万本が満開 三重(毎日新聞)
<春姫道中>徳川義直の正室こし入れの様子を再現…名古屋(毎日新聞)
ベテランバス運転手も間違う「要注意交差点」(読売新聞)