13日午前11時10分ごろ、秋田県美郷町千屋谷地中の農業、高橋誠一さん(65)方の敷地内で、同居する孫で園児の滉(こう)ちゃん(4)が、高橋さんが使用していた家庭用小型除雪機に首や腕などを巻き込まれ、まもなく死亡した。

 県警大仙署によると除雪機は手押し型で、ガソリンエンジンで前部に付いたローターと呼ばれるらせん状の金属を動かして雪をかき込む仕組み。幅90センチ、長さ1メートル85、重さ350キロ。事故当時、約1メートルの積雪があった。同署は、高橋さんが除雪機を後退させていたところ、近くで遊んでいた滉ちゃんが誤って雪を滑ってローターに巻き込まれた可能性があるとみて、詳しい状況を調べている。

 同署によると、家庭用除雪機はここ数年で普及していて、ローターに指を巻き込まれるなどの事故が起きている。【小林洋子】

大阪・都島区でアパート火災、男性2人死亡(読売新聞)
旅客機の座席強度偽装、小糸工業「組織ぐるみ」(読売新聞)
操縦免許置き忘れで3便遅延=羽田-ソウルの全日空便(時事通信)
「死亡」ホームレス、警察の検視室でまばたき(読売新聞)
<受験生>大雪で列車運休、トラック運転手が救いの手(毎日新聞)