社民党は23日、東京・永田町の党本部で定期党大会を開き、福島瑞穂党首(消費者・少子化担当相)の無投票4選を正式に承認した。福島氏はあいさつの中で米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)の移設問題について「社民党とこの政権の正念場だ。覚悟を持って取り組む」と述べ、県外、国外移設の実現を目指す考えを強調した。

 政権交代による連立政権発足後初めての定期党大会で、鳩山由紀夫首相や国民新党代表の亀井静香郵政改革・金融相も出席。首相は「このように順調に党首選が決められることを…。これ以上は申しませんが、素晴らしいことだ」とあいさつし、代表選の度に党内対立を呼ぶ民主党と比較して会場を沸かせた。

 一方で福島氏は「政治とカネ」の問題についても言及。「捜査を見守ることも大事だが、国民に真(しん)摯(し)な説明をすることも必要だ」と述べ、民主党側に注文を付けた。

【関連記事】
普天間問題で首相「結論先送りしてよかった」
沖縄知事「普天間反対派当選でも現行計画容認」
「日米関係にひび入り始めた」 鳩山外交で北の機関紙
普天間問題 「5月決着」あやふや 検討遅れ“連立の事情”
社民のグアム調査団難航、米側が受け入れ拒否

消防職員の団結権、今秋に結論=有識者検討会が初会合-総務省(時事通信)
穀物供給国の事情視察へ=安定調達に布石-政府(時事通信)
小沢氏、現職幹事長のまま検察と全面対決(読売新聞)
小沢氏、23日聴取へ=4億円原資の説明求める-東京地検(時事通信)
石川議員の辞職求めず=鳩山首相(時事通信)