滝野欣弥官房副長官は20日、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)のヘリ部隊移転先として政府が検討している鹿児島県徳之島の徳之島、伊仙、天城3町長と電話で会談した。平野博文官房長官が午後の記者会見で明らかにした。
 政府高官が普天間問題で徳之島の首長と接触するのは初めて。政府関係者によると、政府案について地元自治体に直接、説明する場を設けるよう要請するのが目的としている。 

【関連ニュース】
増税なしでデフレ脱却、財政再建は可能~みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー~
なれ合い政治から脱却を~自民党・園田幹事長代理インタビュー~
自民の歴史的役割終わった~自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー~
社会保障改革に立ちはだかる「既得権益層」
政界再編含み 政局は五月「最大のヤマ場」へ

<東北新幹線>新青森延伸12月初旬に(毎日新聞)
【風】「輝ける人生」価値観さまざま(産経新聞)
有明海ノリ養殖を視察=諫早干拓の周辺県訪問-赤松農水相(時事通信)
<北名古屋市長選>長瀬氏が再選 愛知(毎日新聞)
日航、全日空3便引き返し=アイスランドの火山噴火で-成田空港(時事通信)