自民党の安倍晋三元首相は9日、外務省の有識者委員会が日米間の「密約」を指摘した報告書を提出したことついて「いわゆる核の密約についての申し渡しは前任者(小泉純一郎元首相)からなかった」と述べ、首相在任期間中に密約の存在は知らされなかったとした。国会内で記者団の質問に答えた。

 鳩山政権が密約調査をしたことについては「当時は冷戦時代で指導者が日本を守るために判断した。秘密を暴露して、過去にそういう判断をした人たちを非難するのではなく、今後、日本の安全に資する形で考えていくべきだ」と述べた。

【関連記事】
「日米安保に影響なし」非核三原則も堅持 岡田外相
日米密約「3密約を認定」有識者委員会
同盟を弱める「密約」の全容開示
鳩山首相、機密費透明化に「過去は見えないかも…」
66年に沖縄から本州に核持ち込み 米元当局者
黒船か? 電子書籍の衝撃 揺れる出版界

<悪天候>東日本や北日本で大雪などの恐れ 11日にかけて(毎日新聞)
恐竜絶滅 1回の小惑星衝突が原因 直径10~15キロ(毎日新聞)
小林氏進退 小沢氏「本人が決めること」(産経新聞)
「衰弱認識しながら放置」=逮捕の父親供述-奈良5歳児餓死(時事通信)
米の核抑止力削減に懸念 事務レベル協議で日本側(産経新聞)