13人が死亡し、約6300人が負傷した地下鉄サリン事件から20日で15年になるのを前に、東京消防庁は16日、NBC(核・生物・化学)テロ災害対策訓練を東京メトロ半蔵門線大手町駅で行った。

【忘れない】『事件』と『逃亡』二重の行為 苦しみを増幅(地下鉄サリン事件)

 訓練は原発事故や細菌、毒ガスなどによるテロなどに備え全国各地で実施されている。大手町駅改札口付近に不審な液体がまかれ、乗客約10人が負傷したとの想定で行われた。

 NBC災害を専門とする同庁の化学機動中隊や防護服に身を包んだハイパーレスキュー隊員、東京メトロの職員ら約110人が参加。駅員の119番で駆け付けた隊員たちが、負傷者を搬送したり、液体をサリンと特定する演習を行った。【山本太一】

【関連ニュース】
【地下鉄サリン事件】発生15年 「風化はさせない」 記録映像、上映
【地下鉄サリン事件】15年経てドラマ化 原田美枝子「被害者の苦しみ伝えたい」 
地下鉄サリン事件とは
警察庁長官狙撃事件/上(その1) 新証拠で「最後の勝負」

<諫早湾>干拓事業開門 政府・与党検討委初会合(毎日新聞)
拉致正当化でも朝鮮学校無償化? 首相「教科内容で決めず」(産経新聞)
春を告げる炎、「伊豆富士」大室山で山焼き(読売新聞)
<訃報>小沢惇さん71歳=小沢音楽事務所会長(毎日新聞)
<トキ>「疑交尾」の画像を公開 環境省(毎日新聞)