日本新聞協会に加盟する全国の78紙が29日、住宅版エコポイントなど五つの住宅・新築分野の制度を伝える広告を掲載した。協会の特別企画で、加盟紙が同じ日に同じ広告を一斉掲載する取り組みは初めて。
 「日本を元気にする」キャンペーンの第1弾で、新聞の媒体力と新聞広告のパワーをアピールするのが狙い。今回は加盟新聞社の約8割が一致協力し、住宅政策を通じて活力を取り戻そうとする国の施策をテーマに取り上げた。 

【関連ニュース】
大企業の景況感、改善継続へ=製造業は11ポイント-3月短観民間予測
「市民に紛れて生活も」=オウム手配容疑者で情報を
昨年末の液晶TV普及率46%=エコポイントが上昇後押し
景況判断、9カ月ぶり上方修正=地域経済調査
街角景気、3カ月連続で改善=基調判断を上方修正

「有効だが、引き続き検討」=児童ポルノへの接続遮断-有識者協議会が報告(時事通信)
11兆円の追加対策案発表=国民新(時事通信)
足利事件判決公判で録音・録画を 民放連が声明
民主、5月末までにマニフェスト原案(産経新聞)
“実践”訓練に緊張感 吹田・JR西「実習線」(産経新聞)