小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体「陸山会」をめぐる政治資金規正法違反事件で、同会の会計責任者だった公設第1秘書大久保隆規容疑者(48)が、東京地検特捜部の調べに、2004年分の収支報告書の虚偽記載への関与をほのめかす供述をしていることが1日、関係者の話で分かった。
 関係者によると、衆院議員石川知裕容疑者(36)と小沢氏の元私設秘書池田光智容疑者(32)は、逮捕直後から政治資金収支報告書への故意の虚偽記載を認めていたが、大久保容疑者は否認を続けていた。
 石川容疑者はこれまでの調べに、04年分の収支報告書について、提出前に大久保容疑者に見せ、4億円の収入の不記載について了承を得たと供述。大久保容疑者はこうした供述を受け、最近になって、石川容疑者による虚偽記載を了承したことをほのめかしているもようだ。
 一方、池田容疑者は、07年分の報告書への4億円の支出の不記載については、大久保容疑者が当時、東京の事務所にいなかったため、指示や了承は受けなかったと供述。大久保容疑者も同様の供述をしているとみられる。
 大久保容疑者は07年分の虚偽記載容疑で逮捕された。これまで、両年分の虚偽記載について関与を全面否定し、報告書に添付する会計責任者の宣誓書についても、「自分は署名していない」と供述していた。
 大久保容疑者は、小沢氏の虚偽記載への関与については否認している。また、中堅ゼネコン「水谷建設」元幹部からの現金5000万円の受領についても、全面否定を続けているとされる。 

【関連ニュース】
【特集】「陸山会」土地購入事件~4億円「知人から預かった」~
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
捜査は検察の政権つぶし~民主・高嶋良充筆頭副幹事長インタビュー~
「小沢独裁」は作られた虚像~民主・輿石参院会長~
難問山積 問われる首相の決断力~普天間、小沢氏団体問題にどう対応?~

「日本語大賞」に小学生ら4作品=言葉の力再発見、第1回表彰式(時事通信)
北朝鮮不正輸出事件初公判 貿易会社役員ら起訴内容認める(産経新聞)
豚舎火災、5000匹焼死=北海道(時事通信)
ガールズバー経営者を逮捕、中学生大麻所持事件 兵庫県警(産経新聞)
小沢氏、幹事長続投を表明 「公平公正な捜査の結果」(産経新聞)