41年ぶりに東京都心で積雪を記録した17日、鳩山由紀夫首相は東京・新宿御苑で「桜を見る会」を開いた。

 首相は「晴れたときには人が集まるが、雨が降ると1人去り、2人去る。『雨天の友』こそが真の友だ。寒い時ほど頑張らねば…」とあいさつし、内閣支持率低迷に苦しむ自らの境遇と天候を重ねた。

 会には政財界、スポーツ・芸能界などから約1万人が招かれた。首相は、「そっくりさん」として知られるお笑い芸人の鳩山来留夫(くるお)さんと握手を交わし、会場をわかせた。

【関連記事】
鳩山首相、天気も政権運営も荒天模様?
鳩山政権 余命1カ月? 閣僚から「衆参同日選」発言
「普通なら退陣でしょう」 普天間問題、迷走する鳩山政権
政治とカネ「来週に決着する」その真意は?
日米関係悪化を懸念 鳩山政権に不満も
外国人地方参政権問題に一石

水俣病「救済措置」を閣議決定…全面解決へ(読売新聞)
薬師寺 映画「春との旅」奉納される(毎日新聞)
小沢流「引き締めの儀式」 両親偲ぶ会に2500人(産経新聞)
「首相は外交下手」=徳之島反対集会で社民・阿部氏-普天間(時事通信)
生ゴミからエタノール、国内初の実用化成功(読売新聞)