東京都八王子市の東海大八王子病院で今年3月、心臓の手術を受けた60歳代の女性が、人工心肺装置に空気が混入し2日後に死亡していたことが22日、分かった。警視庁捜査1課は、業務上過失致死容疑で捜査している。

 同病院によると、女性は3月18日に動脈瘤(りゅう)の手術を受けた際、医師が人工心肺装置を稼働させたところ、血液を送り込むチューブに空気が混入していることに気付いた。医師は手術を中断したが、女性は同月20日に死亡した。同病院は、女性の死因と空気混入との因果関係は分からないとしている。

 同病院は、医療事故として東京都と警視庁に届け出たうえで、院内に事故調査委員会を設置。4月22日現在、人工心肺装置の使用と心臓外科手術を中止しているという。

 同病院は「人為的な機械の操作ミスか、機械自体の異常かはまだ分からない」としており、9月までに原因を究明する方針という。

【関連記事】
息子が母親と無理心中図る? 病院で親子死亡 東京・福生
万引容疑者、搬送先で死亡 逃走中に自分で胸刺す
AED作動せず搬送患者が死亡 不具合気付かず
心神喪失で不起訴 京大病院に不審物の男 京都地検
1歳男児が虐待死か 堺で頭に内出血・腸管破裂の症状
児童虐待防止法施行から今年で10年。なぜ、わが子を傷つけるのか…

神戸のグルメ店いくつ星 ミシュランガイド、秋に新刊(産経新聞)
船橋で潮干狩り始まる 家族連れでにぎわい(産経新聞)
重要文化財指定(時事通信)
<掘り出しニュース>犯人に「やめときや」 大阪府警南署が街頭に掲示(毎日新聞)
「靖国神社に参拝する国会議員の会」民主11人参拝も閣僚なし(産経新聞)