<口蹄疫>感染した疑いが強い牛と豚 宮城の5農家で確認(毎日新聞)

 農林水産省と宮崎県は18日夜、家畜伝染病の口蹄疫に感染した疑いが強い牛と豚を、新たに川南、高鍋、新富各町の5農家で確認したと発表した。殺処分対象は計11万8164頭となった。口蹄疫発生前の県内の飼養総数は約123万頭。

【関連ニュース】
口蹄疫:殺処分に追われる関係者 疲労と焦燥が蓄積
口蹄疫:「ワクチン使用検討すべき時期」専門家委が提言
口蹄疫:牛関連のイベントが全国各地で中止に 風評も懸念
口蹄疫:感染拡大防止に国道に消毒マット 宮崎
口蹄疫:宮崎県延岡市で予定の陸上全国大会が中止に

<EV>充電なしに1003キロ 世界最長記録ギネス申請へ(毎日新聞)
<事業仕分け>20日から後半 駆け引き本格化(毎日新聞)
イベント経費1230万円横領=職員懲戒免職、告訴へ―横浜市の財団(時事通信)
【金も場所もないけど服がほしい】宮本あや子(13)男性店員(産経新聞)
仕分け人痛烈宣告!「天下り」「ムダ遣い」改善がなければ宝くじ売るな(スポーツ報知)

川渡り神幸祭 貴乃花親方も参加、盛り上げる 福岡・田川(毎日新聞)

 色鮮やかな山笠が勇壮に川を渡る「川渡り神幸祭(じんこうさい)」が15日、福岡県田川市の彦山(ひこさん)川周辺で始まった。地元の風治(ふうじ)八幡宮に400年以前から伝わる初夏の祭礼。川面に鉦(かね)や笛の音が響き渡ると、一帯は高揚した雰囲気に包まれた。

 12月に田川巡業場所を予定している大相撲の貴乃花親方も飛び入り参加。法被姿の川筋男約1000人とともにみこし2基、山笠11基をかつぎ、豪快な水しぶきを上げて観衆を魅了した。

 ご神体が対岸のお旅所に下るご巡幸で、帰路の「お上り」は16日午後2時ごろから始まる。【林田雅浩】

【関連ニュース】
土俵祭り:新弟子ら初見学 教習所長就任の貴乃花親方企画
大相撲:貴乃花部屋など初の連合げいこ
こども環境フォーラム:貴乃花親方も講演 5月1日、東京・明治記念館で
大相撲:貴乃花親方に新構想「他のスポーツも…」
大相撲:“国技館飾れ”貴乃花親方が稀勢の里にゲキ

<井上ひさし>「化粧」が幕 渡辺美佐子さん648回演じる(毎日新聞)
パロマ元社長らに有罪=CO中毒死、執行猶予付き-湯沸かし器事故・東京地裁(時事通信)
<鈴木元都知事死去>地方自治思い強く 高齢批判のけ4選(毎日新聞)
「振り込め」ナンバー2逮捕、30億円以上?(読売新聞)
女性遺体で白い車を検証=袋から別人の毛髪-大阪府警(時事通信)

政府、「浅瀬案」で米側と最終調整 26日から審議官級協議(産経新聞)

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)の移設問題で、政府は26日、米軍キャンプ・シュワブ(同県名護市)沿岸部に移設する現行案の2本のV字形滑走路を南側の1本だけとし、これを沖合に移動させる「浅瀬案」を米側に提示して最終調整を図る方針を固めた。工法も海流やサンゴ礁への影響が大きい埋め立て方式から杭(くい)打ち桟橋(QIP)方式に変更する。複数の政府関係者が明らかにした。

 浅瀬案は、現行案を「最善」とする米政府と、騒音軽減や危険性除去の観点から滑走路の沖合移動を求めてきた沖縄県の要求をともに満たす案として、外務・防衛両省の主導で検討されている。

 浅瀬案は、滑走路を現行案より最大で南側に350メートル、西側に150メートルの位置にある浅瀬に移動するもので、住宅地の騒音被害は現行案よりもかなり軽減される。また、埋め立てずに、海底に杭を打った上に滑走路を造るQIP方式は「きれいな海を埋め立ててはだめだ」(小沢一郎民主党幹事長)との声に配慮している。

 政府は、シュワブ陸上部にヘリ離着陸帯(ヘリパッド)を建設してヘリ部隊の拠点とする一方、鹿児島県・徳之島に可能なかぎり多くのヘリを移して沖縄の基地負担を軽減する案を検討してきた。だが米側は「ヘリ部隊と地上部隊は一体的運用のため65カイリ(約120キロ)以内に配置する必要がある」として、地上部隊が駐留する沖縄本島から約200キロの徳之島への分散移転に難色を示している。

 このため、日米協議の膠着(こうちゃく)化を懸念する北沢俊美防衛相を中心に現行案の修正を模索する動きが本格化した。26日のワシントンでの外務・防衛当局者による審議官級事務レベル協議で米側に浅瀬案を打診し、27、28両日に来日するキャンベル国務次官補(東アジア・太平洋担当)とも協議する。

 これに先立ち、キャンベル氏は25日、ワシントン近郊のロナルド・レーガン空港で記者団に対し、「最近の(日米間の)協議を通じ、われわれは勇気づけられている」と述べており、日本政府内で検討が進む浅瀬案を好意的にとらえている可能性がある。

 ただ、社民党の福島瑞穂党首(消費者・少子化担当相)は25日の記者会見で「現行案の修正では全くだめだ」と反発しており、浅瀬案で進めた場合、同党の連立離脱は不可避ともみられる。また、鳩山首相はこれまで「県外」を強く主張してきただけに、浅瀬案では“公約”違反に近い。仮にこの案で決着したとしても、鳩山政権は大きく動揺し、首相の進退が問われる可能性が出てくる。

【関連記事】
小沢氏、首相を見放した? 普天間問題の首相進退「私が答える立場にない」
あまりに軽い…普天間をめぐる鳩山発言の変遷
首相指導力「評価しない」9割 新党に冷たい視線「第三極」へ団結なるか
鳩山内閣、政権末期の麻生内閣以下の評価 産経・FNN合同世論調査
鳩山首相、沖縄知事発言で「米国とどうのこうのならん」
「裸の王様」次に座るのは…

舛添氏、力強く宣言「参院選に勝利し必ず政界再編を行う」(産経新聞)
放鳥トキ また卵捨てる 別の1個、まだふ化の可能性(毎日新聞)
<覚せい剤裁判>JAYWALK中村被告に懲役2年の求刑(毎日新聞)
「もんじゅ」再開、福井知事と敦賀市長が了承(読売新聞)
<もんじゅ>“関門”を乗り越えて安堵 地域振興策合意(毎日新聞)
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ