高エネルギー加速器研究機構(KEK)や東京大宇宙線研究所など国内外の研究者で組織する「T2K実験グループ」は25日、茨城県東海村で人工的に作られた素粒子「ニュートリノ」を約295キロ離れた岐阜県飛騨市で検出することに初めて成功したと発表した。

 ニュートリノは物質を構成する最小単位、素粒子の一種。詳しい性質が未解明で、人工的にニュートリノを発生させ、遠くに飛ばしてその振る舞いを検出する実験が各国で行われている。

 今回は、昨年4月にニュートリノ発生に成功した東海村の大強度陽子加速器施設「J-PARC」から、飛騨市の検出器「スーパーカミオカンデ」に向けてニュートリノを発射。24日午前6時、スーパーカミオカンデ側で検出が確認された。今後、発射を増やし、研究を進展させる。【奥野敦史】

【関連ニュース】
LHC:実験の講演会を開催--11日・東大で

<愛知学院大>野球部コーチが選手に暴力 職務停止処分に(毎日新聞)
<総武線>1時間超運転見合わせ 総合指令室モニター誤表示(毎日新聞)
<徳島バス>県内2路線を9月末で廃止 高速道割引で減収(毎日新聞)
トヨタへの対応に偏り…公聴会(レスポンス)
消費者金融元社長ら逮捕=架空債権、銀行に売却-京都地検(時事通信)