(゚Д゚≡゚Д゚)ゴルッホー!!!(゚Д゚≡゚Д゚)ゴルッホー!!!
ようやく風邪が一段落したとおもったら、ぷち残業祭りに入って驚きの発散すらできなかったよ!


━─━─━─━─━─以下FF4CCについて━─━─━─━─━─

ちょ!なにあのFF4CCの天野セオドア可愛いだろう可愛すぎるだろう!!!! 天野さんの絵見てイイ!って思ったの久しぶりだよ!!
セシカイロザにセオドアってすげえ集合絵だよ! 贅沢いうならその頭上の黒カインたんが黒衣のお方だったら完璧シフトだっt いやいや。
公式ムービーの声は素直に考えればセオドアですね。いいですとも!素晴らしいですとも!!それだよそれ!

顔グラはオグロ公式絵なんですねえ。ちぇ、渋谷ドットじゃないのか。
ってことは、兄さんの渋谷神素顔顔グラはWiiだけの特典なんですね! 2万の価値余裕ですとも。

…で、なんで若かりし頃のセシルグラフィックはSFC版を意地とばかりに踏襲してるんですかね…。
銀長髪ふわ髪にしてくれりゃいいじゃん………なあ…。


━─━─━─━─━─以下FF4CCについて━─━─━─━─━─

…ここまで声でいいところ当ててきてるのに、なんでラグナ君はあんな声にしたんだろう_| ̄|◯
や、最近の声優にはまったく詳しくないんだが正直…がっかりした…。普通に美形声でいいじゃね~か~!!
時々やるよなあスクエニ! エッジとかエッジとかエッジとか!!
セリフ自体は実に馬鹿っぽくてラグナ君で大好きです。
ていうかオダイン自重しろよwwww おかしいだろあの武器類wwwwwwwww



で、それだけだと何なので、風邪の間にライズしたネタをうPしました。
Tow Appearance設定の、相変わらず長編続きものです。
ライズしたはいいものの、風邪はなおらんわ残業は続くわでまったくもって形にできず、珍しくゴールが見えないうちに1話投下だよ!
長くても3話程度になると思います。

今年の更新はこれが最後になるか…? 年が開けると仕事が最大修羅場期に入るからなんとか完結させてからとは思うが…!もうクリスマスも年末年始もへったくれもねぇネタなんだぜ!!!_| ̄|◯

修羅場は1月2週目~3月2週程度までを予測。この間、おそらく全く更新出来ない状態になると思いますが、多分生きてるから心配しないで…!

年末年始は実家拉致監禁のため、念のため早めに言っときます。
良いお年を!
クリスマスは爆発しました。

年賀? んなもん書くヒマ見事になかったわ!!!_| ̄|◯


web拍手 by FC2
思い起こせば前兆はあったのだろう。ここ数年、どころか十数年単位で無かった事なので、我が事ながら全くもって気がつかなかったのだが。
そういえば幼い頃はあったな。喉に来る体質だったらしく、必ずと言っていい程に扁桃腺をやられて水を飲む事すら拒まれる状態になっていたな。と。
そんなことを完全に声の出なくなった激痛を訴える喉を押さえて、ゴルベーザは一人心の中だけで思い唸った。その状態は、直後にテントに入ってきたセシルの悲痛な絶叫で、あっというまにコスモスの面々全員が知る事となるのだった。

「に! にに兄さんどうしたの!?」
見も世も無く狼狽するセシルに片手だけで合図する。案ずるな、と。が、それは悲しいかな全く通じず、どういう解釈をしたのか寧ろ泣き出しそうな顔になって私の眼前に滑り込んできた。
「どうしたんだ兄さん、誰にやられたんだ!?」
否、そういう話ではない。只の風邪だと伝えるべく声を出そうとしたが、驚く事に殆ど風の通る音しかしなかった。しかもそれだけでとんでもなく痛い。どれだけやられているのだこれは。
「ーーっゲホ!」
「兄さんしっかり!!」
咳き込んだ拍子に閉じた瞼を開ければ、目前にセシルがいた。口づけんばかりにひっつくな、伝染る! あわてて引き離したら、再び泣き出しそうな顔になる。
…拙い、このままでは要らぬ誤解を呼びかねん。どこかに筆記具でもないか…
「ど、どーしたッスかセシル!?」
視界に入ってきたのは、残念なことに筆記具ではなくティーダだった。流石特攻親子(子)。反応が素早い…じゃなくて。拙い、ここにこの顔が来た時点で大事になりかねない気配が満々にする。
「大事な い  少し 喉をや  ゲホゲホ…!」
止むなく無理矢理絞り出した声は、我ながら酷いものだった。咳き込んだそれが落ち着いた後、痛む喉を我慢して顔を上げれば、大げさな迄に愕然とした表情の二人が視界に入った。
「た、 大変だ…  セオドールが敵に喉をやられたッスーーーーー!!!」
……案の定、何かを誤解した節で猪突のごとくティーダは走って行…いや、落ち着いている場合じゃないぞ自分!
「ま…て! そう ゲホ! い み で ゴホゴホ」
駄目だ、これでは事態を悪化させるだけだ。…そうだ、ここは月の民の奥の手・精神波があった。あまり好ましいやり方ではないが致し方無い。さすがにこの体調では相手を選ぶが、セシルとならば容易にリンク出来るはずだ。
そう思いセシルを見ると、セシルは俯き、肩を振るわせて…何かを呟いていた。怪訝に思い、寄って耳をそばだてる。
「…ない。」
「?」
「赦さない… 兄さんにこんな罠を仕掛けた奴…。」
は?
「皇帝か!アルティミシアか! それともケフカかーーーー!!」
完全に暗黒の闘気を纏った聖騎士は思い切り立ち上がり猛猪の如く走り出そうと…させるかーーーーー!!
「(待てセシルーーーーー!!!)」
容赦なく外套の端を掴んで引いた。
「きゃん!」
当然、思い切りすっころんだ。済まん、だが今は致し方あるまい…!
「(少し落ち着け! そういう話ではない!!)」
「じゃあどういう話なんだよ! 他に何があるっていうんだ! 兄さんが優しいのは知ってるけど、敵にまで情けをかける必要なんてないんだーーーー!!」
「(視野が狭すぎるぞセシル! そして聖騎士とは思えない言葉を吐いて泣きつくんじゃない! 敵になどやられてはおらん、只の風邪だ!! 伝染るから離れなさい!)」
「…離せ! はなしてくr……風邪?」
漸く事態が正確に通じたらしい。きょとんとしたセシルが私を見上げてきた。
いや、その角度で見上げてあまつさえ涙目で首を傾げるなお前は…! なんという破壊力  いや、それは今は置いておいて。
「(扁桃腺をやられたらしく声が出ん。理解したか)」
なるべく直視せずにそう伝えれば、漸く事態を正確に把握したらしい。
「そ、そうかそう言う意味だったのか…。ごめんなさい、ちょっと慌てすぎた…ってあれ? 声が出ない割には兄さんの声が!?」
そして漸く気がついたらしい。
「(…月の民の思念波だ。あまり好ましい手段ではないが、今はこれしか伝達方法が無い。おまえにしか通じぬから、暫く通訳を頼…?)」
何故かセシルは俯いて肩を振るわせていた。拙い、セシルは元の世界の記憶を殆ど持ち合わせていないから大丈夫だろうと踏んだのだが、まさかゼムスのことを思い出したのか…!?
「…しい。」
「(?)」
「…嬉しいよ兄さん…!」
「(…は?)」
「今兄さんの声は僕にしか聞こえないんだね! 僕しか通じ合える相手がいないんだね!」
…そういうことではなかったらしい。
「(あ、ああ…そういう事になるか…)」
「今の兄さんは僕がいないと駄目なんだね! 僕が兄さんの声なんだね!(ちょ、セシ…)兄さんと僕は一心同体なんだね!(何を 言っ いる 落ち 着 )兄さんは僕のものなんだねーーーーー!!!」
落ち着かんかどうしたのだお前はーーーー!! 割り込んで中断させようにもセシルの感情の波が強烈なせいか、思念波にノイズが走りすぎて全く通じないとは! こんな切断の仕方があったのかこれには!! 今更発見だこれはもう少し早く知りたかった。
激情のままに飛びついて来たセシルを支えるだけの体力は無く、あえなく諸共後ろに転がるより他なかった。

「セシル、セオドールが敵にやられたって本当k…!?」

そしてこういう間合いで飛び込んでくるのは、不思議と義士だと相場が決まっている様だった。





「おーい、セオドール怪我したって本当か…うお! フリオ!?」
何と理解したのか盛大に鼻から吐血して地に俯せた義士を旅人が発見する。数の多い装備が取り散らかって、端から見るとこれは完全に戦死にしか見えないだろう…。
「セオドールさん大丈夫…うわあ! フリオニールがやられてる!?」
…拙い。どう見ても大事の予感しかしない。普段なら多少の騒ぎなどいざしらず、この体調で騒がれてはたまらない。その上、そうなれば事態の中心は私になることは目に見えている…!
「(セシル…!呆然としている場合ではない、事情を説明してやってくれ。)」
「はっ…そうだった! あ、っと…違うんだオニオン、これh…」
「うわあ! 超短時間に被害者が増えてるっスーーー!? カオス軍パネェ!どんな罠だ!?」
さすがコスモス軍一二を争う空気を読まない男は違った。
「いや、ティーダ、フリオニールは全然…」
事態を収拾しようとセシルが発した言葉は、さらに思いも寄らぬ人物によって語尾を攫われた。
「夜の間に罠を張ったのか…!? アルティミシアの仕業か…!!」
「え、スコールも!? そうじゃな…」
私も驚いた。そしてさらに被せて来たのは、自重の効かない煽り風。
「罠!? よーし発見するなら俺に任せろ!」
「やめとけ、バッツの罠捜索は体張り過ぎすぎだから。そういうことなら俺にまかせときな。」
哀しいかな3人組最後の良心は、今回は役に立たなかった。
「漏れなくひっかかるからねバッツは… じゃなくてジタンまで! もうみんな話をきいてく…!」
限界だ、と珍しく張り上げたセシルの声は……最強の輝かしい光によって全てホワイトアウトした。

「敵襲だ! 全員、第一級厳戒態勢! セオドールを死守する!!」

そして、鬨の声がテントを揺るがした。



いい加減にしろ、という私の言葉は、黒竜の呪縛の冷気を持って発言に代用された。







テントを出た拠点の次元城では、唯一蚊帳の外で事態を理解し高みの見物を決め込んでいたジェクトが、一人腹を抱えて大笑いしていた。このあたりは年の功というやつだろう。止めろよ馬鹿が、というのは期待するだけ無駄だろう。
「なんだよ、ただの風邪かあー。」
漸く話を聞く気になった旅人が、気抜けたように腕を後頭部に組んで息を吐き出した。
「何言ってるんだよバッツ、風邪って言っても侮れないからね。だいぶ酷そうだし、大丈夫セオドールさん?」
ふくれたように返答した少年が私を見上げてくる。距離を縮めないのは伝染を警戒しての事だろう。セシルがさり気なく間に割ってきたからだとは気づかない事にしておこう。
「(大丈夫だ。問題ない。)」
「熱はないから、大丈夫だ…って本人は言ってるけれど、ね。」
相変わらず声は出ないので、通訳はセシルに任せる。…多少意訳が入ることは、已むを得まい。
「(それで、アンタはなんで微妙に嬉しそうなんだ…)」
思念波にノイズが混ざり込んで来た。同感だが、聞かなかった事にしておこう。
「風邪とは何だ。」
「ちょw マジかよww」
「リーダーマジっスかwwww」
光の戦士に関しては、もう何も言うまい。
「ウィルス性の病気ですよ。一般に熱・鼻水・喉の痛みなんかを発症する程度の重くない体調不良を、風邪って総称してる。だから実際は原因も症状もピンキリだけどね。」
こういうときこの少年は実に輝く。一瞬で再び話が取り散らかり兼ねない現在の状況では有難い聡明さだ。綺麗に話を纏めてくれる。
「解説ご苦労たまちゃん。」
「たまって言うなバカッツ!」
「あっ…ついに言われてやんの。」
それを見事に台無しに出来るの馬鹿者のせいで報われないのが哀れだ。
「そうか。ならば私がウィルスとやらを倒してくれよう。」
「いや、そういうレベルの話じゃないからライト…。」
その上をあっさり行く、光の戦士恐るべし。
「でも声が完全に出ないって、けっこうヒドいよな。何か考えないと駄目じゃないか? 民間療法でもいいからさ。」
「そうだな、あちこちの世界から人間が集まっているなら、何かこの環境でも有効な方法があるかもしれない。」
盗賊と獅子の言葉だ。先程は一緒に騒ぎもしたが、それでもコスモス陣は年少程しっかりしている傾向がある。余程にこちらのほうが話がまとまりやすい。
が、申し出は有難いが、只の風邪だ。正直今はそっとして置いてもらいたいだけなのだが…。
「駄目だよ兄さんそんな事言っちゃ。」
聞こえてしまったらしい。疲労で細かい制御が効かなくなっているのか…。
「(だからなんでアンタは笑顔なんだと)」
受信ノイズも酷いし。
「そうだね、フリオニールやバッツはハーブにも詳しそうだし、何か体にいいものを考えてもらえれば…」
「よし、俺が精力剤調合してやるよ!」
誰がそんな怪しいもの所望したこのバカッt……いや、この男なら本当に作り兼ねんが、正直当たり外れが大きそうで飲みたくはない。というか、精力剤では通常用途が違わないか…?
「いや、ここはやっぱり王道卵酒だろ!俺もつきあってやっからよ。あ、バッツよぅ精力剤できんならちょっと俺に…」
「黙れよクソ親父!!」
目的の摩り替わったジェクトにクリティカルで蹴りが入った。
「ジェクトさんは目的が呑む事なので却下です。」
「なにぃ!? こいつそんな事言ってやがるのか!?」
「言ってないけどこれから言うので却下。」
む、セシルに大体当てられた。
「扁桃腺に効くツボがあるっていうのも聞いたことがあるけど。」
「お、さすがオニオンナイト。博識だなあ。」
年少の智者に下から数えて二つ目の常識人が合いの手を入れるというのだからまったくもって大人の立つ瀬はない。
「で、どこなんだ?」
「……しらないよ、やったことないし…。」
知識は読み知っただけだったか。まあ致し方あるまい。
「よし、そこに寝ろセオドール! 下手な鉄砲もなんとやらだ、俺様が適当に押してや…」
「却下ーーーー!!!」
私が拒否する前にサーチライトがジェクトを貫通していた。酷い大人だった。
「喉には焼きネギの汁で湿布をするっていうのが、俺の村の治療法だったな。」
「なんだそれは!?」
「え、やらないのかスコールは?」
義士は義士でまたローテクノロジーに下がったな! しかしそれは初めて聞いたが、どんな状態だ?
「いや待ておめぇら! ネギならここは最強、ケツに一発」
「出た! 絶対誰か言うと思った!!」
ジェクトの復活が早過ぎるだろう常識的に考えて。嗚呼、そういえばそんな馬鹿な話はどこかで聞いた事があるな…待てお前達!というかお前!! 一体私をどうするつもりd
「あ!すまん待ってくれ。……長ネギなんてなかった。たまねぎで代用できるかな?」
「ちょw それどんなア○○ビーズww」
「フリオニール最低!!」
「えっ!? 俺何かおかしな事言ったか!!?」
「つまり汗かいて寝ろとそういうことですねわかります!」
「たまねぎプレイは新しすぎンだろ! やってみてえwww」
「(その前におまえが耳年増すぎるだろうオニオン……!!)」
「その上謎のツボマッサージとかすんの!? ヤバすぎるだろ! そういうことは俺がレディに…」


再び、黒竜が冷気を吐き出すのにそう時間はかからなかった。
その背に乗りEXバーストで剣を振るうセシルが、酷く印象的だった。

黒竜が完全に警戒心剥き出しで私の周囲に待機している。戻るつもりは無いようだった。私といえば、セシルに半ば強制的に隔離されるようにして部屋の隅で、敷いた床に半分押し込まれている。
「あーあ、俺たち完全に黒竜に敵認定されちゃった。」
「ちょっと遊びすぎちゃったもんな…ごめんよー。」
「当然だよ! みんな真面目に考えてよね!!」
暗黒闘気を纏うセシルの背に黒竜が控える。全員纏めて土下座していた。

さすがに、状況もこうなると頭痛を覚えてきた。巫山戯半分も入るとはいえ、それもまた気遣いの結果だというのは理解できるのだが…。どうも慣れぬ私には、彼らの気遣いが重い。却って熱があがりそうな気すらしてくる…
大体、そもそもにしてこの体は模造品の筈なのにウィルスにやられるとかどういう理屈だ。そうだそこからおかしいだろうが。この無駄に精巧な作りの理由を制作者に小一時間
「秩序の聖域の向こうに医者がいるらしい。」
突如拠点の出入り口が開き、開口一番輝かしい程の力強さでウォーリア・オブ・ライトがそう言った。
「マジで!?」
「ああ。コスモスに尋ねてきた。」
「いつの間に!!」
「今だ。」
…そういえば、この男いつの間にか居なくなっていたような…。堂々とした態度なら案外行動というのは見咎められないものだが、この男の場合は頭抜けているにも程がある。これほどの存在感だというのに、現れるも去るも全ての行動がこの私を持ってして早いと思わざるを得ない…。
そんな私…だけではないだろう、我らの思いも意に介せず、光の戦士は浪々と説明を続ける。
「正確には医者ではないらしいが、体調不良程度は雑作も無く診られる博士らしい。」
言いきられた「博士」という単語に、僅かに何かがひっかかった。
「博士、ですか?」
代弁するかのようにセシルが問う。
「少々気難しい女性らしいが、相談には乗ってくれるだろうとの事だ。」
…気難しい、博士。
「特別に『禁断の口』というものを開けてくれるらしい。行くぞセシル、セオドール。」
「…あ、うん。ありがとうございます。」
迷いない所作に、口を全く挟む間もなくセシルがつられて立ち上がった。

禁断の口。
それで完全に思い出した。

早く行こうとまだ半身を床に入れたままの私の腕をセシルが引く。
…出来る事なら、行きたくはなかった。
嫌、医者が嫌いだとか、そんな子供じみた理由ではなく。

思わず頭を抱えたのを頭痛と勘違いしたセシルが半泣きになって心配したので、止むなく私は床から出る道を…選ばざるを得なかった。