DCIM0383

昨年の3月4日にパピが急に動けなくなり、首も持ち上がらない状態

になりました。

行きつけの動物病院に連れて行くと心臓が弱り、肺に水が溜まっていました。

もうダメかと一瞬諦めましたが、お薬で何とか命をとりとめました。

10日後に「わん」と吠えた時は涙が出ました。

今日で1年…犬にしてみれば4年経ちました。

死にかけた犬とは思えないくらい元気です。

でも心臓のお薬は離せません。

オムツの生活、散歩も以前のようには行けないけれど

そばにいてくれる…それだけで幸せです。

たまもパピももうすぐ16歳、いつまで一緒にいられるかわからないけど

今が大切だね。

DCIM0382

おいらそれでも母さんにはわがままなんだ!

嫌がらせに台所にうんちするんだ!フン!

DCIM0384

おいらはそんなお行儀の悪い事はしやせんす

だって母さんは夜中おいらの背中をマッサージしてくれる

大切な人でやんすから…てへ