2009年01月

2009年01月29日

* 黄色い花 *

01281 曇り空です。

 気温も上がらず

      寒いと重ね着してます。

 

 お正月には赤色の花で

 お祝いの華やかさを出していた玄関

 そんな 赤色から

 今は 少し違う色へ 

 気持が変わってきました

P1070304

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  花屋さんへ行って選ぶ時

  今は 黄色 花の色をまず選ぶ

  黄色のシンピジューム

  切花で 売っていたのです

01284

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 花びらの黄色が さほど差がない色合いのと

01283

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  少し赤と茶が混ざってるのの

  2本を 飾ってみました。

  この欄は花が沢山付いているから

 一本でも 華やかな演出ができてますね

 

 そして バラは お部屋の中で

 窓辺を 明るくしてます

01282

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   黄色の花が気になるって どんなこと

   ちょっと調べたら、

  黄色 は 知的好奇心の色

        集中力を高め 

        やる気を起こさせてくれると 

   

  良く 風水で 黄色いものを西へ置くと

  金運アップ というのはよく聞くけれど、

  黄色い花 は 前に進み、希望、幸福の色

  なるほどね〜

 

  黄色の花に囲まれて

  集中力の高まりを期待して、

  新しいことにでも 挑戦しようかな

  そんなことを ふと  思うのでした。



y_aiaa at 10:54|PermalinkComments(0) 季節の花 

2009年01月27日

* キルト *

012713梅の花の咲いているのを

見かけるようになりました。

白梅、紅梅、枝垂れ梅

晴れが続く毎日です

 

キルトフェスティバルの作品の前には

見入っている人が多く

来場者も 平日にもかかわらず 

東京ドームが熱気に包まれていました。

 

その中でも 足をとめてる人の多い

012712

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 三浦百恵さんの作品

 赤毛のアンの中からのイメージ

 なかなか 渋い作品です。

 01271                                   

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  大作です

  何を思いながら縫っていったのでしょうか

01272

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 大作ばかりで 

 とても 作ろうと思うには程遠いけれど、

  ちょこんと飾られていた

  ” はと ”

 これなら 真似して作れるかなっと

 

 トラディショナル部門では 

 続けて 数点 を紹介

01278

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

01277

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

01276

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

01275

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

01274

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

01273

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  キルトの奥深さを感じる作品ばかり!

 

    創作キルト部門

012710

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

012711

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

01279

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  日本人の繊細さと 叙情的な感性

   ため息の出る作品ばかりに

   一般の作家のたゆまぬ努力に

   芸術性を感じます

   作家のエネルギーが

   ひしと 伝わって来てました。

      感激

 



y_aiaa at 07:45|PermalinkComments(0) 日常 daily 

2009年01月23日

* 和のキルト その2 *

01231 雨の朝

     寒さもあって

     動きも鈍くなる

 

   キルトフェスティバルの

   ”日本キルト大賞”の作品

01232

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  やさしい色のデザイン 

   制作にどれほどの期間が 費やされたのかっと

   気が遠くなるような 作品

   技術力も素晴らしい

 

   ”和のキルト部門”  渋い色の作品を

01233

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  藍色を基調にした作品

01234

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

    和の渋い色を集めて ふくらみが見られる作品

01235

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   全体は 藍に和の生地をもりこんで

    左の緑の部分に スパンコールを散りばめ

    台風の目に吸い込まれるような 作品

01237

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  茶系のベースに 六角形の和花が咲いてゆく

  そんな 様子を感じられる作品

01236

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  何とも迫力のある 獅子

   刺し子を取り入れた インパクトの有る作品

01238 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  羽根を目一杯広げている 孔雀を 表現

  地味な色合いですが、

  羽根の広がりが見事に表現されてる 作品

01239

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   和のちりめんを使ってポップで 動きのある作品

    

   和の作品も皆大作で、

   地味な和布から じんわり伝わるもの、

   鮮やかな和布からも 

   暖かさ、艶やかさが伝わり

   日本の伝統の生地を手仕事で縫い集めると

   こんなに 素晴らしいのになるんだと

   感心するばかりでした

 

   



y_aiaa at 10:25|PermalinkComments(2) 日常 daily 

2009年01月22日

* 和のキルト *

 キルトフェスティバルの見学は

 人、人、人、こんなに多くの人が

 というくらい 集まっていました

 

 いくつかの部門に別れ 展示され、

 どれも見事な 作品の数々

 

 まず見たのは 

 アメリカンアンティックキルト、

 アーミッッッシュキルト、

 アメリカントラディショナルな

 味わいある作品の数々でした。

 

 撮影が出来る

 コンテストの部門を撮って来ました

 

 和の部門から

01228

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  モクレン の作品

01227

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ちりめんを使って、花を表現した作品

01221

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  菖蒲の咲く水辺の流れるような 遠近感

  淡い色合いが 和そのもの

01222

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  枝垂桜を表現した作品

  やさしい 春の淡い色彩

01226

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 扇を 一つずつ違うデザインでの作品

 黒地に艶やかさが 目を引いてました。

01224

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  華達の集まり ひとつずつがとっても可愛い

01225

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  ちりめんを使っての鮮やかな色

  着物地の艶やかさを集合。

01223

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 日本独特の色合い

  わび、さびの 色を集めたような作品

 作品の大きさはどれも大きな作ばかりで

 これを手で縫っている事が 素晴らしい

 根気強くなければ やれませんね

 



y_aiaa at 08:43|PermalinkComments(0) 日常 daily 

2009年01月21日

* 東京キルトフェスティバル *

012110 朝から雲って

   寒い! 寒い!

 

 先日 東京ドームで開催されている

 ” 東京国祭キルトフェスティバルへ

  行ってきました。

01219

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  中央に ”アンの家”が

  再現されてました。

01217

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キルトが 掛けられて

01216

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 プリンスエドワード島の 風を感じます。

01213

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  家の中 テーブルには

  当時のケーキなどが・・・・。

01214

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  台所へ続く 暖炉の部屋

01215

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 アンのお部屋も 可愛らしい

  

 当時の雰囲気が 

 お話の世界に引き込んでくれます。

 

 



y_aiaa at 11:01|PermalinkComments(0) 日常 daily 

2009年01月18日

* 骨董市へ *

01181 寒い寒い朝

 今日は曇り

      少し陽が出たひでした

 

 週末に 月1回の お稽古の帰り

 骨董市が開催されていたので

 久しぶりに寄って見ました

01182

 

 

 

 

 

 

 

 相変わらず 人が多い

01183

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 骨董かと言うようなのも出ているが、

 探している人も居るから 商売になるのか

01184   

 

 

 

 

 

 

 お店ごとに 色合いが ユニーク

 左は東南アジアのラグや小物

 右は 和風の器などを販売

01185 

 

 

 

 

 

 

 駆け引きをしながらの買い物

 定連さんが 多いのか

 良いのは 高い値が付いているな〜

01188

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 エ・・! 思わず だるまの木型?

 これに紙をはってゆくのかっと。

01189

 

 

 

 

 

 

 

 

 和服の古着のお店は 相変わらず多く出ている。

01186

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  ちりめんで出来た吊るし雛飾り

  けして 安くは無い

  観て回るには 可愛い物があると、

  思わず 立ち寄ってしまう

 

    中には古着物を2枚500円とかで

  山済みの中から 自分好みを引っ張り出して

  買うようなお店も

  そこは 黒山の人だかり

  掘り出し物の目も肥えていないと

  そんな中から探すのも大変

 

  私も 4枚ほど リメイクしようかと

  好みで買ってきたけれど

  出来るのは何時の事やら

 

  最近の骨董市では 

 男性が和服のリメイクを着てる姿がちらほら

 

 年配の女性は 上手く洋服にリメイクしたのを

 着て 、友とお気に入りの店に寄りながら

 楽しんでいる姿が多いです。

 

 自分で作ったのかな っと 

 立ち寄る人たちを眺めるのも

 なかなか楽しめます

 



y_aiaa at 17:56|PermalinkComments(2) 日常 daily 

2009年01月15日

* フリースから *

01151今日は鏡開き

硬いお供え餅を割り

       お汁粉をいただく日

       あずきを 煮ておこうかな

 

  昨日ふと見たTVの

 ”はなまるマーケット”での 

 フリースからのリフォーム

 

 簡単そうなので 一つ作ってみました

 靴下の出来上がりが 

 こんなになりました

01156

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  裏が違う色のフリース、暖かな室内履きに。

   作り方も 簡単

  01152

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  フリースは切り口がほつれないから

   まずは 袖を切り離す

01154

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  袖がついていた部分を中表にして縫う

01153

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  だいたい1cmほど中をぐし縫い

  紹介していたのはそのまま表に返していましたが

  ごろつかない様に 

  アップリケステッチでかがっておきました。

01155

 

 

 

 

 

 

 

  ひっくり返すと ちょっと靴下らしい形に

  これでは だぼだぼで 脱げるから

  丁度はいてみて 足の甲と足首の曲がる位置に

  はさみで 穴を5cmほど内側に左右2個

  切り込み目を 入れる

01157

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  TVでは ここに リボンを通して

  結んでいたけれど

  一工夫して

01158

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  今空いた穴から それぞれ5cmほど離れ

  もう1個ずつ 穴、はさみで切り込みを作った。

  そうすると なかなか しっかりと

01159

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  こんな風に 足首がおさまる。

  ここに リボンを通して 結べば

  出来上がり 

 

  注意は リボンで結わいて

  脱いだり履いたり出来るように

  ゆとりを 持たせること

 

  応用で いろいろな着なくなった

  セーターなども 出来そう

  ほつれる時は リボン穴切り込まず

  足首にリボンをかがって前で結んでも

  可愛い かもね

 

  切り取った残りの見頃は

  袖を かがって ベストに変身

  まだ しばらく着てから

  処分しても いいですね。



y_aiaa at 09:39|PermalinkComments(0) 手作り作品 

2009年01月14日

*黄色の欄*

01145 晴れが続き

 乾燥している

 毎日  

 

毎年行っている 成人式の着付け

早朝からの仕事も無事に終わり

ようやく 気持がゆっくり出来そう

 

昨日は 久しぶりに 友と

お茶をして おしゃべりに時間を

つぶした 

 

お互い 違う場所ながら 成人式が終わるまでは

緊張感をもって、体調管理も気を使って

過ごしていたくらいだから、

気兼ねない時間でした

 

花売り場の 欄がとっても沢山入荷していて、

そうだ〜!

我が家の 小粒の欄を・・・っと

01143

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 オンシジューム 

01142

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 小さい黄色の欄が 沢山 沢山

01141

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 普通サイズよりは小ぶり

 この 小さめの 可憐さが好きで

 暮れに 買ったのでした。

 

 長く 花を咲かせてくれて、

 ほんわりした 明るさが 

 また良いです〜



y_aiaa at 08:03|PermalinkComments(2) 季節の花 

2009年01月09日

* 久しぶりの雨 *

01091 予報は雪

 雨の寒い朝、時折雪混じり

    仕事も休みの日

    おこたで ぬくぬく 過ごそう

 

父が通う病院の近くにある建物

通院の日 早目に駅に着いたので

立ち寄ってみた

 

01095

 

 

 

 

 

 

 

  

   ニコライ堂

 御茶ノ水駅からすぐの所に建っている。

01092

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  建物のトップには 十字架

  ギリシャ正教の教会、

  正式名は 東京復活大聖教会とある

01093

 

 

 

 

 

 

 

  国の重要文化財に指定されている建物だ。

01094

 

 

 

 

 

 

 

 

  門の所に入っているマーク

  これが 教会の象徴された紋なのか

 

   ロシアから正教伝道のため来日した

  ニコライが建立したことで、

  ニコライ堂という名で知られている 

 

  学生時代は屋根の緑青色のドームが印象的で、

  ロシアのモスクをイメージしてるのかと思っていたが、

  近くで見ると 玉ねぎの屋根ではなかった。

  

  宗教によって建物が象徴され 

  ギリシャにはこんな教会が多いのだろうか

 

  病院の診察も時間がかかって 

  大変とばかりで

  気が重くなってる 父に

  ちょっと寄り道

  帰りには 美味しい軽食を いただいて、

  そんな ゆっくりが出来た

 

  12月の手術も 経過は順調で

  ホッとして お互いの家路に帰るのでした。

  

 



y_aiaa at 09:36|PermalinkComments(4) 日常 daily 

2009年01月06日

* 牛年 *

01065 今年の干支は

  牛 

 

 地元の氏神様へ参拝して

01061

 

 

 

 

 

 

 

 一年の祈願をし

01062

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 毎年 絵馬付きの 破魔矢を買ってくる

01063

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  干支の べこが 2頭 描かれた

    絵馬

01064

 

 

 

 

 

 

 

  牛年には どんな年になるのか

  急がず、悠然と 牧草を食む様な姿で、

  周りに振り回されない 年になってほしいな

 

  牛は 牛 の自分をわきまえて 生きる

  そんな感じに あくせくしない

  年にしよう と 思うのです



y_aiaa at 07:34|PermalinkComments(0) 日常 daily