2009年06月

2009年06月30日

* 今年も咲いてました *

 

 駅から 我が家への 途中に

 毎年 大きな花をつける

 エンジェルトランペットが有ります

 

 今年も たくさんの花を

 下げてました

06301

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   昨年も何処かの家のを

   載せた気がしますが、

   この オレンジのような

   ピンクの花は 

   豪華で、素敵です 

06302

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   

   木でなくて 幹の太い草なんです。

   草丈が長く 花も立派。

   ”キダチ・チョウセンアサガオ・ダチュラ”

   が 正式名だそうですよ

 

   朝鮮アサガオの園芸種だそうで、

   全草が、有毒で、

   花も、葉も、茎も、根も、

   という事か・・・ね

   綺麗な花には ・・・・・。ですね

   

   花を触ってしまった 

   

   家帰って、無意識に

   手は洗ったと思うから

 

   でも 要注意ですね

   和名は

   ”曼陀羅花(まんだらげ)”

   インドの花のような 名ですね

 

   触れずに 下から眺めると

   大きな花に お目にかかれます

   



y_aiaa at 09:29|PermalinkComments(0) 季節の花 

2009年06月28日

* ウェディング *

 

  たまに 着付のお手伝いに行く

  海の見える

  レストランウェディング

 

  今朝は 曇り

  雨が降らないだけいいね、

  そんな風に話していたら、

  式が 始まる 少し前から

  雨で、外の会場から

  急遽なかへ 

 

  プールサイドで

  ウェディングは、 

  海の青さがとっても素敵なんですが・・・・。

06284

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

    松と松の間に 祭壇をセットして、

    二人が誓うのですが、

    雨ではね・・・。

    

    中のウェディングも素敵です

 

    急遽中でのお式もスタッフは

    慣れた様子で 準備をしていました。

 

    今日は キリスト教式

    皆様に祝福され 暖かな お式でした

     ”お二人に 幸あれ” 

    心の中で お祝いをいたしました

 

    入口に 季節の花が入っていたので

    カメラに 収めて 来ました。

06281

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   ブルーの 紫陽花やトルコキキョウ、瑠璃玉あざみ

   白ばらや白いカーネーション などなどが、

   雨のうっとうしさを 吹き飛ばしてくれます。

 06282 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   素敵な アレンジが

   来賓の方々を 爽やかに

   お迎えしていました

06283

 

 

 

 

 

 

 

 

 

    花嫁さんは 白いバラの 

    ラウンドブーケを 持っていました。

    

    たくさんの白バラが入って、

    白のウェディングドレスと

    素敵に マッチしていました

 

    お色直しは やさしいピンクの

    ラウンドブーケでした

    

    お色直しまでは居なくて、

    皆様のお写真の時までで、

    お仕事は終わり、 

    帰ったので、

    きっと 可愛いドレスだったのでしょう

 

    私たちは 

    来賓の方の着物の着付で、

    花嫁、花婿さん達は

    美容師さん達の担当です。

 

    午前のお式に

    早くから 美容に入っていましたよ

    

    今日は 人生で

    最も大事なイベント、

 

    皆さんの 祝福を得て

    良きスタート

    

    これからは 

    二人の努力で、

    夫婦になってゆくのですよ

    

    頑張って

    素敵なお二人さん



y_aiaa at 16:31|PermalinkComments(2) 日常 daily 

2009年06月22日

* 絶品チーズケーキ *

 

  友人に教えてもらった

  * チーズケーキ *

  すご〜く 美味しくて

  とりこに なってます。

 

  材料の選択 手順の確認

  手抜きなければ 

  ほんわり、お口に広がる美味しさ

  

  では レシピから

  作り方まで 載せて行きます。

 

  画面で デモンストレーション

  をいたしますね。

 

  材料 

     クリームチーズ           250g

     無塩バター(絶対無塩を選ぶ事) 30g

     レモン汁 (100%のビン入りレモン)25g

     生クリーム (動物性の)       75g  

     牛乳                   50cc

     卵                     2個

     砂糖 (白糖)              72g

     コンスターチ               20g

 

  用具

     まずボールを 3個用意    

     1、主なるボール 大きめで最後まで材料を入れる

     2、卵白を ホイップできる大きさ

     3、生クリームを入れホイップできる大きさ

 

     ホイップ用の アワ立器又はハンドミキサー

     ゴムべら、焼く器(20cmの型)

 

    オーブン (焼きは160度 50分) 予熱をしておく。

 作り方

    全ての材料を はかりで測って置く。

 

    まず 1、のボウルに 

     *クリームチーズ、

     *無塩バター、

     *レモン汁(簡単に絞り汁製品を使ったが、

    レモンを絞っても もちろん良い。何個かな?)

    入れてゆく。

062201

   

 

 

 

 

 

 

  卵白2個は、

  卵黄は 1、ボウルへ入れておく。

  卵白は 2、のボウルに入れ、

  軽く湯煎して泡立てやすいようにしてから、

  八分立てする。

062202

 

 

 

 

 

 

 

  砂糖を2回に分けて入れ混ぜる、つやが出て来る。

  ココへ コンスターチを加え

  ゴムべらで 全体に馴染むように 混ぜておく。

062206

 

 

 

 

 

 

 

 

  さて、 3、のボールに

  * 生クリーム(絶対乳脂肪のもの、植物性で無いもの)

  入れ、 卵白と同じ八分立てをする。

 062204

  

 

 

 

 

 

 

  1、のボウルに入った材料を

  ハンドミキサー又はアワ立器 で混ぜ、  

062205

 

 

 

 

 

 

 

 

  人肌に温めた 

  *牛乳を加え 

  混ぜ合わせる。

 

  1、のボールへ 3、の生クリームを加え

062207

 

 

 

 

 

 

 

    ゴムべらで混ぜて、

    さらに

   2、のボールの卵白と混ぜたのをいれる。

062208

 

 

 

 

 

 

 

 

  ここで ゴムべらで 卵白の泡を壊さないように

  やさしく、ボールの縁から 中へ混ぜて行く。

  ココを ほんわりやることで

  ふくらみのある チーズケーキになるから。

062209

 

 

 

 

 

 

 

 

   これで 材料は混ぜ合わさり、焼くもとの出来上がり。

 

  焼く 準備

     焼き型に薄っすらバターを塗って置く

     20cmのケーキ型で良い。

     (私は 良く 取っ手の取れるテファールの鍋を

     器代わりに使ってる。)

     1、のボールであわせたものを

     焼き型へ流しいれる。

   062210

 

 

 

 

 

 

 

   オーブンに入れる 天板に 湯を張る。

   だいたい コップ1杯位。

   予熱されたオーブンに 

   160度 50分 焼く

 

   途中 表面が コゲ過ぎないように注意。

   焼けすぎのようになってきたら 

   アルミホイルを器の上に乗せて焼き続ける。

 

   表面が 割れずに、ややふくらみがある状態が

   焼けた 合図 !

   時間丁度で 良い焼き具合になります。

   これは 各自のオーブンにより 違うのです。

   

   取り合えづ めやすとして、多い少ないは 

   調整で 焼いて行ってくださいね。

062211

 

 

 

 

 

 

 

 

  ほら 周りはもうはがれ 取り出しやすくなってます。

  色も良いし、いい焼きかげんに出来ました。

 

  ココから 素早く、

  大皿2枚を用意

  焼き器に当てて 1回取り出す。

  すると 裏が出るでしょ。

  ココに 盛り付ける 皿をかぶせ、

  さらに ひっくり返す。

062212

 

 

 

 

 

 

 

    おいしそうなのが でてきました。

 

   もうひと頑張り!

   熱い内 切り分け作業。

   包丁を温めて (ガスの火元で熱する)

   ケーキがくっ付かないように、

   切り分ける。

 

   私は 長いパンナイフを 焼きながら

   1ライン ごとに 焼きながら

   切って行った。

062214

 

 

 

 

 

 

 

 

  切り口も がちがちにならない。  

062215

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   しっとり感のある チーズケーキ

   レモンが効いてるから 大人の味

 

   すぐでも美味しいけれど

  冷蔵庫で冷やし 翌日に食すと

   味が凝縮って感じになって

   めちゃめちゃ おいしい!

 

   ちなみに 密閉容器で 冷蔵庫入れて

   2週間は持つから、

   ラウンドが 食べきらなくても

   ちょっとお茶の時間にでも、

   一切れ づつ食べて 置いて置けます。

 

   作業は なれると うまく出来るものです。

   最初は 材料から手順忠実に。

 

   父の日に 2個焼き 1個は私の父へ持ってゆきました。

   もう1個は 家族で 食べ

   感想は 上々でした。

 

   チーズケーキなら このレシピ

   絶対 材料ケチらないで。

   美味しさの要だからね。

 

   味が伝わらなくて 残念ですが・・・・。

   



y_aiaa at 09:20|PermalinkComments(4) 日常 daily 

2009年06月21日

* 今日は父の日 *

 

 母の日からほぼ一ヶ月

 今日は父の日なんでした

 

 私の父へは 実家へ顔を出し

 手作りケーキと

 まあ プレゼントと言うほどではない

 差し入れ  

 

 顔を見せるのも 大きなプレゼント

 まだ 両親健在ですからね

 

 我が家では・・・・・

 夫は 父ではないけれど、

 ”今日は父の日だ!”と言ってたから、

 

 昼食に おすしで ささやかな

 ”お父さん ありがとう、 ご苦労様” を。

 

 息子と 私から・・・

 離れて住む 娘の分も言といたからね

 言葉のプレゼント・・・

 

 そんなこんなで、

 食べることの好きな夫へ、

 何でもこだわらない妻が作る

 ”今日の夕飯”を

 載せてみることにしました。

06211

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   こうしてみると いろいろですね、

   でも、こんなのが 毎晩。

   魚が 肉になったり、煮物が 野菜炒めになったり

   変化は あるけれど。

 

   たくさんは要らないから少しをいろいろ

   注文は そんな風に・・・。小皿が多くなる

 

   夕飯 献立は、

   ぶりの煮魚(腹の脂肪の少ない所がご指定)

          私は背が好き、いつも買う時の注意

06212

 

 

 

 

 

 

 

 

    大根、ちくわ、にんじんの煮物

06213

 

 

 

 

 

 

 

    大根と大根葉のサッパリ炒め

06217

 

 

 

 

 

 

 

 

  小松菜おひたし、枝豆、

 06215   

 

 

 

 

 

 

06216

 

 

 

 

 

 

 

  枝豆は枝からもぎ取って ゆでた。

  黒豆の枝豆のようでした。

  農家の直売で買ったもの。

 

  サラダ(紫玉ねぎ、ピーマン、キャベツ、きゅうり、トマト)

      (サラダは多く食べれるように、湯通しして、冷やして

       トマトを添えた。)

 06214   

 

 

 

 

 

 

 

  きゅうりの味噌即席漬け、カブの甘酢漬け

  も添えて、少しでもにぎやかに

  

  食べながら、 ビール、焼酎、ウィスキーと

  延々 2時間ほどの 夕げの食卓です。

 

  私は このメニューに 

  ビール1杯 お茶づけを食べて

  終わりにした。・・・・・・が、

  

  お茶付けも 食べたそうなことを言うから、

  半量分作っって、 はい、 どうぞ〜!

  そして、 デザートの 

  りんごをむいて、  

  お茶で締めくくり。

 

  毎晩の夕飯、晩酌付きだから、

  我が家では 一大イベントである。

 

  夕飯の要らない日は、

  肩の荷が 降りる、

  夕食も簡単に 素早くすませる。

 

  ”世の奥さん達は皆こうして

  やってるんだ” と言う持論に

  逆らっても・・・・ね。っと。

 

  最近は 知恵を絞って、

  皿数を多く見せる

  工夫も。

 

  妻の知恵

 

  世の奥様方

  皆当然としてまめな夕食

  やってるのでしょうかね 

         

  夫はそう信じてるから、

  そ、う、で、す、か、・・・。

  と 日々食事を頑張るのです。

 

  朝も 当然和食党。

  最近は 10分朝食の技も磨いた。

 

  それは また今度機会があったらね。



y_aiaa at 21:56|PermalinkComments(2) 日常 daily 

2009年06月17日

* ミニトマト *

 

  植えたミニトマトがグングン伸びて

  先週 剪定をしたら

  ますます 

  上へ、上へと

  支柱の補強を越す

  高さになってきた

06171

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

    やたら 大きい

 

   足元には ナス

   バジルが 植わってる

 

   こんなに伸びても

   しっかり 実は付けている

06172

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   ミニトマトって こんな風に

   ポンポンポンと

   並んで 実が付くのかな〜

06174

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  こんなのが 数箇所ある

  緑から 赤へ変わってゆくのが

  待ち遠しい 

 

  花も まだまだ 咲いている

06173

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   陽差をたっぷりゲットして、

   いっぱい 収穫できるのを

   楽しみに してますヨ 

 

   ナスは もう 2個収穫 

   バジルは これから成長かな

 



y_aiaa at 09:07|PermalinkComments(2) 季節の花 

2009年06月15日

* 絵のような *

 

  フラワーアレンジメント、上級レッスン

  テーマは

  ” 絵のような ”

  (絵を描くように表現をする構成)

06152

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 バラ 3種 (ピンク、紅、白)

06153

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  グロリオサ、スカビオサ(ピンク)、

  百合(白)、カーネーション(ピンク)

  イシイモ(黄色)

  グリーンは

  ミスカンサス、 アップルアイビー

06154

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  幅と高さが 5:8の比率を目安に。

  植物の方向と 動きを生かし、

   ”交差”による 空間を作るように。

 

  豪華な花を 絵画のように・・・。

  出来た 作品は。

06155

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

    17世紀の画家が 花瓶に生けたような

    絵画に見立てた アレンジです。

 

    グリーンは あまりたくさん入れないで

    交差も上手く 出ているでしょうか?

 

    豪華な花の茎が太く オアシスが崩れないよう

    四苦八苦しました。

 

    家に こんな豪華な花が 登場して、

    玄関の 所に 丁度良く

    はまっています。

06156

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   外からの 光が 花の後ろから入り

   教室でとは、また違う 雰囲気です。

 



y_aiaa at 17:35|PermalinkComments(2) フラワーアレンジメント 

2009年06月14日

* 鎌倉 鶴岡八幡宮 *

 

  ” 鶴岡八幡宮 ” は 子供の頃から

   初詣には良く行っていた、

  ” 八幡様 ”の愛称が 身近に感じられる。

 

   北鎌倉から 歩けるが、

   雨も降ってきて、電車で お隣

   鎌倉駅まで乗車。

 

   駅すぐの左手は小町通りへ、

   修学旅行生でにぎわっていた。

   右手の 段葛の方へ

   ” 若宮大路 ”を歩く。

06141

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

    両側の商店を歩いてる人はおおいけれど、

    雨のせいか? 

    この道は 少なかった。

06142

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   正面の鳥居が見えたら、もう 八幡様の入口。

   太鼓橋も 見えている。

06143

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   今は 渡れない 太鼓橋。

   手前 正面に  ”舞殿” 

   ちょっと右寄りに ”若宮” 

   一番奥が  ”本宮 ” 。

06144

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   雨でも人は多い ”八幡様”です。

 

   入口すぐの右手に ” 源氏池 ”

06145

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

    端の先には ” 旗上弁才天社 ”

    池の中の島に 祀られています。

    池は 蓮の葉で覆われ、

    花は見当たらないですね。

06146

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   池のそばにある 休息所方面も 蓮の葉だらけ。

06147

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

    葉に 雨の雫が  コロリン コロコロ!

06148

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

    おや〜! 亀さんが・・・。

    のんびり 気持良さそう!

06149

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

    さて 本道へ 雅楽の音につられ、

    やってきました。

    舞殿での 結婚式 珍しい光景に

    海外からのお客さんは カメラを向けていました。

061410

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   終了して、巫女さん、雅楽の奏者さん達は

   雨の中 奥へと急いでいました。

061411  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   古式ゆかしき 結婚式

    ” どうか 長い人生 添い遂げてくださいね。 ”

    ”  お幸せに ! ”

061412

   

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   本宮でお参りをして、左手の

    ” 丸山稲荷社 ”へ、

   お狐さんの おいなりさんが、 

   八幡様にもあった。

   

   ここから、鎌倉街道への階段を降り、

   駅方面へ、

   なごり惜しくしてると、

   神奈川県立近代美術館の入口が!

061413

   

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   この建物を設計した、 ”板倉 準三 ”の 

   展示を 開催していました。

   

   美術館の前の池は ” 平家池 ”

   この池の 睡蓮の花が

   中の テラスからは 見えそうで、

   入場券を 買って 中に入ることに。

061415

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   睡蓮の先に 木の太鼓橋が 渡されていたら

   モネの ”睡蓮” の情景そっくり?

   こんな 時期に 描いたのかなと思わせる。

061414

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   板倉準三は フランスの

   ”ル・コルビュジエ”の弟子であり、

   有名な建物は ”新宿駅西口の立体広場”

   ”渋谷 旧東急ビル ” 

   当時は 新しい感覚だったのでしょう。

 

   ちょっと 博識になりました。

091416

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   ゆっくりと雨をしのぎながら、

   2階のテラスで 軽食を取り、

   中庭の オブジェや 

   蓮の花を鑑賞できました。

091417

  

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  道すがら、 

  神聖な場所から 芸術の領域へと

  良い時間を 過ごす事が出来ました。



y_aiaa at 11:33|PermalinkComments(0) 季節の花 

2009年06月11日

* 北鎌倉 円覚寺 *

 

  北鎌倉の寺も 続けて歩くのも

  疲れるもの  

 

  ここらで 小休止 

 

  駅前に 今までの余韻を壊さない

  和菓子 の御休み所がある ・・・。

   ” こまき ”

061102

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  1日 1種のみの 和菓子、

  今日は なんでしょうかね

061101

 

 

 

 

 

 

 

   紫陽花を 目で楽しんだ後に

   ” 紫陽花 ” を 味わえる。

   なんと言う 幸せ 

 

   白アンに 薄紫の寒天を 紫陽花に見立て、

   紫陽花の 葉の上に 

   目で味わってから、

   上品に お口へ運びました 

 

   さて 抹茶ブレイクをして、

   また 元気が出てきた

 

   どうしようか 行こうか? 行くまいか?

   迷っていた ” 円覚寺 ”

   行こう〜 モードへ

    スイッチオン

 

   北鎌倉の線路を渡って すぐ。

061103

  

   

  

 

 

 

 

 

 

 

   線路の手前の 石碑 ”大本山円覚寺 ”

   線路から〜総門〜三門 へと まっすぐに続く。

061104

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   ここは 三門、雨の中緑が鮮やかでした。

   仏殿へと入る 門。

061106

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

    立派な 三門 

    諸々の 執着をすてて 

    ” 空 ” ”夢想” ”無願” の世界へ至る門

    そうなんですか・・・・。

   意味もなく くぐってしまった。

   

   進んで行くと 菖蒲が 

   風情ある姿を 見せてくれました。

061105

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   境内は 約6万坪 広いけれども

   木がうっそうとして、 静けさも伝わって、

   煩悩の 世界への 厳かな空間です。 

061107

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   境内を 散策し、

   鐘楼から降りて、

   振り返ると 白い紫陽花に

   奥まで続く 煩悩の道が・・・

  

   また 門を出て 

   俗世間へ 帰ってゆきます 

   

   まだまだ、修行はご勘弁を・・・

 



y_aiaa at 09:24|PermalinkComments(2) 季節の花 

2009年06月10日

*北鎌倉 東慶寺 *

 

 浄智寺より 北鎌倉の駅方面に戻ると、

 ” 東慶寺 ” 

06101

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  通称 ”駆け込み寺” ”縁切り寺” と

  言われているようです。

  明治時代までは 女性を救った 

  男子禁制の寺でした。

  救いを求め 多くの女性が 

  駆け込んだ事でしょう!

06107

 

 

 

 

 

 

 

 

   しかし そんな寺とは ツユ知らず、

   花の種類の多い所でした。

  

   左手に見えるのが、

   ”柏葉 紫陽花 (一重)”

06108

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   しとしと雨の中 目一杯 手を広げてます。

06103

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   緑の中で 柏葉紫陽花が より白く見えます。

06104

06105 

 

 

 

 

 

 

 

 

      まだ 小さい 紫陽花達も 植わってました。

06106  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  そして 紫陽花ばかりではなく 紫の帯が。

06109 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   ここでは。花ショウブの鑑賞をしながら 

   お抹茶がいただけるのです。

   ちょっと カメラだけ お邪魔して!

   

   季節の花が 次々と 歓迎してくれてます。

 

   さらに 進むと 崖に囲まれた湿っぽい場所へ、

061011061010

 

 

 

 

 

 

 

 

 

    こんな可愛い花達が 岩にしがみついて、

    岩中に 咲いていました。

    しっくりとその場を邪魔しないで、

    さりげなく、 さりげなく咲く花達。   

061012

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   さらに 奥への 階段を 登ると。

061013

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   何やら 神聖な空間へ 出た。

   

   崖に囲まれ た 空間に 仏像

   静けさだけでない、

   自然に手を合わせる。

   

   後ろの 崖一面に 覆われた 葉、葉。 

   061014                                

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   先ほどの 岩に有ったよりも

   大きな 葉を広げた ”いわたばこ”

061015

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   崖に 根を張って 瑞々しい葉を広げ

   タバコをくわえた姿を見せてくれました。

 

   階段の 左側からは

061017

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  お墓 、苔むした 中で ひっそりと

061016

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  水を貯めた 瓶?が 有りました。

061018

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  苔のしっかり付いたそばを上がってゆくと、

  お墓が たくさん 葬られていました。

 

  墓のそばで 少人数のグループが

  説明を聞いていて、 なんでしょう?

  後に あの墓は ”高見順”の墓で

  詩碑が 有るのでした。

 

  花の寺としても有名な

  ” 東慶寺 ”

  初めて ”いわたばこ”に出会って

  何とも言えない 

  やさしい気持にさせてくれました。

 

 



y_aiaa at 09:07|PermalinkComments(0) 季節の花 

2009年06月08日

* 北鎌倉 浄智寺 *

 

  紫陽花の咲く 明月院より

  北鎌倉駅の方角へ、

  線路を跨ぎ 左手奥に

  ” 浄智寺 ” の門が見えます。

06081

 

 

 

 

 

 

 

 

 

    門の手前、 竹のある所に

    ”甘露の井 ” 名水と言われる

    湧き水が 左手に有ります。

06082

 

 

 

 

 

 

 

 

   山門、  山の麓の寺の入口

06083

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  左手は 源氏山への ハイキングコース

06084

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

     右手の 門の両側に 皐月、

     手前に 紫陽花が 季節を彩ります。

06086

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   奥へ進むと 野草の庭 

   和のお庭が広がっていました。

06085

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

     ” 額紫陽花 ”

06087

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

     ” 雪ノ下 ”

06088

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   ” 雪の下 ” の 花は 

   こんなに可憐に咲いていました。

06089

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   紫陽花も 背丈を伸ばし 

   うっそうとした 木々の中に 咲いていました。

060810

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   しばらく行くと 竹林に

   昔使われていたのか 井戸が

060811

 

 

 

 

 

 

 

 

 

     竹林の中に おやおや

     ぽんぽこ たぬきさん達!

060812

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

    その先には 崖をくりぬいて 

    人一人の通れる くぐり抜け

060813

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

    見上げると こんなに切り立った 崖が

    自然のままに 木々も 蔓や根をのばしている。

060816

     

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

     この先に 布袋様が居て、

     お腹 なでなで出来ます。

     浄智寺は ” 鎌倉七福神 ” 

     の一つとなっています。

 

     七福神巡りも面白そうですね。    

    



y_aiaa at 08:38|PermalinkComments(0) 季節の花