ごきげんよう。


すっかり秋。
食欲の秋。←これがメイン。


酒も煙草も辞めて早7ヶ月半。食べることが以前の100倍幸せ。


だってさ、考えても見てよ。
妊婦アルアルの数々のマイナートラブルで眠るのすら困難、勿論夜の大人の遊戯はナシよ。
私の本能が人間の3大欲求を食のみで100パーセントにするのだよ。


初期悪阻の時は食べれもしなかったからもはや動物として欠落していた気すらするよね。


さて、妊婦生活も38週に突入。
正産期に入っているわけです。


体調は悪いけど良好(笑)
胃酸は逆流するし吐くし最悪だけど、数値の異常は何も出ないからね!


夜になるとお腹張ってパンパンになる◎
これもこの時期は正常なんだって。
腹がバスケットボールみたいになる。
これもお産の兆候?とかドキハラしてたんだけど・・・


今日は検診だったんだけど、中の人は出てくる気配無しw


なんだろう、3月に妊娠発覚してからは心境の変化が目まぐるしくて。


初期は脳みそが混乱し過ぎてぶっちゃけ「嬉しい」とか無かった➰
スケジュールは立て込んでたし、直ぐにつわりが始まって昼夜問わずゲロゲロだったし。


「ああ、もう決まった予定も先の見えない体調不良も・・・何も楽しみがない。」
というのが本心。
色んな人に迷惑かけるのも目に見えてたから気が気じゃなかった。


吐き過ぎて気触れて「死にたい」って騒いでたなw
将来設計練り直しで不安だらけ。


そんなモヤモヤな中、初めて心境の変化があったのは5月ね。
エコーでジュニアが動いてんの初めて見れた時は感動したよ。


あー、私こーゆー事で感動するんだ。ってゆー、驚きと戸惑い◎


まぁその後もゲロ人間引き続きだったから毎日泣いてたけどね。
でも検診が楽しみにはなったんだよ。それだけが救い。


中期はつわりも少し・・・少しだけマシになって少しずつご飯食べれるようになったから少し落ち着いて物事考えるようになったね。


何をするべきか少しずつ把握していったし、出産準備したりとか、身体も動くから色々やった。気がする。


不安症だから兎に角何事も準備は早め早め。
揃えられるものはこの時期に殆ど買い揃えた。


で、それが済んだあたりからは出産時の不安。
前に書いたけど腹痛あったりしたもんだから、早期胎盤剝離とか、血液型珍しいから失血とか、なんかもう死ぬって思ってた。


メンタルイカれてるよね。
でもほんと極度に死ぬかもって思っていた。
まぁ可能性はあるけど。


7ヶ月頃の両親学級で観たビデオがストレート過ぎて。もはや衝撃映像←
これ観たら更に産むの怖くなっちゃって。


夜も眠れなくなってしまった(笑)


あーもう怖い怖い。
痛いの怖い。
股裂けんの、ムリームリー。怖い。


だいたいこれが嫌で子供欲しくなかったと言っても過言ではない。
それがリアルに近づいてきたらこういう心境にもなるわ。


だから吐こうが重かろうが時よ止まれくらいに思ったこともあるよ。


で、今に至るとまた心境の変化が。


時は近い、のは確か。
で、だんだんと肝が据わってくる。


タイミングもあって。
内装から何から何まで、自分たちで選んで楽しみにしていた新居の上棟が終わって、あとはジュニアリリースしてお引越しに向かう◎


やっと未来が楽しみになってきたところ。
だから肝が据わる。


来るなら来い!
って感じになってきた。


で、正産期入って身体が重くてゲロってってしてたら、来るなら来いじゃなくて、早く来いになった(笑)


痛いのも仕方ないしみんな乗り越えてんだからって思えるようになった。
だから早く出てきてちょーだい。もういいのよ。


そんな感じで。
でも焦りは禁物。悶々とするのは良くないからね。


あなたも私も心穏やかに過ごせますように。


ヾ(:3ヾ∠)_