取り急ぎご報告。


お陰様でジュニア爆誕。リリース完了いたしました。


3020g 49cm の元気な男の子です👶🍼
20181107_095331
出産は命懸け。ほんとにそうでした。
まじで何度か死ぬって思ったよ。生きてて良かったです←


今は未だズタボロなので・・・
復帰時期等に関しましてはまた改めてお知らせ致しますm(*_ _)m


ここからは出産までの備忘録◎
超長くなりますので興味ある方だけどうぞ。


......................................................


自己血輸血の保存期限の関係により計画入院・誘発分娩をすることに。


11月5日

8:30
入院手続きをする

8:45
陣痛室へ
NST装着
まだまだ元気な私。
IMG_20181105_141459066

9:30
内診グリグリ子宮口確認(地味に痛い。1.5cm)
バルーン挿入(地味な痛みが・・・先生手間取りグリグリと痛みが続いた)

その後重い生理痛の様な腰痛腹痛が続く・・・
暫く陣痛は来ないだろうと旦那をおつかいに行かせる。

以降定期的にホルモン剤?子宮口を柔らかくする薬を1時間毎に4回(だったかな)飲む。

12:00
昼食。
痛みで食欲不振・・・ほぼ食べず➰
20181107_095608

12:30
トイレへ行くと・・・バルーンが離脱Σ(|||▽||| )
あんなに痛い思いして突っ込まれたのに・・・と絶望する。看護師さん呼ぶ。

13:00
内診グリグリ子宮口確認(地味に痛い)
「3cmくらい開いてるかもしれないから~」と、慰みの様な言葉をかけられ、諦めかけていたらまさかの5cm開いてた←
先生もビックリ◎

いつ破水するかもわからないとの事で旦那をカムバックさせる。

以降暫く異変なし。拍子抜けする。
夕方くらいから地味すぎる継続的な鈍痛が始まる。

18:00
夕食。昼より食べれた◎
鈍痛で半分で断念➰残りは旦那が完食。

19:00
今までと違う痛みが発動!
陣痛!?でもまだ我慢できるな・・・
間隔も不規則で前駆陣痛かな~と様子見。

暫くすると3~10分間隔を繰り返す。
うん、かなり痛い。「うぐっ」ってなる。
半泣きで「さすって~!!!」って言う余裕すらなくなる。
「きた!ヴーーーーーーーー( ⌯᷄௰⌯᷅ )」つって。

痛みは増してく。
ちなみに私の場合、お腹痛いっていう感じは希薄で、腰からお尻にかけてが砕けるような痛みだった。

21:30
内診グリグリ子宮口確認。
地味に痛いとかじゃなくて死ぬ程痛かった。。。泣いた。
変わらず5cmのまま。頭はだいぶ下がってきているとのこと!
「ちょっと刺激しておくね~。ごめんね~痛いね~」
って、ほんと痛い・・・
助産師さん出てってから号泣した。。

21:45
とりあえず寝れるなら寝ましょうとのことで消灯。旦那はチロとお魚さん達のお世話で一旦帰宅◎
暫し一人陣痛と闘うのであった。。
眠れますように(:3_ヽ)_

23:30
旦那カムバック。
この頃から朝まで10分間隔で痛みに襲われ眠れず・・・。拷問。
ウトウトする度に「ひぃ~~~いたいぃぃぃ」の繰り返し∞

しかし、ここからが本当の地獄だった。

11月6日
8:30
結局痛みで眠れぬまま朝に…
促進剤の点滴を開始。30分毎に容量を追加してゆく。それに伴って痛みは増して間隔も狭くなります。

11:45
陣痛間隔も約3分に。猛烈に痛い。
子宮口確認内診グリグリ。痛みに耐えるも未だ5cmから進まず・・・
心折れて泣いたよね。

その後も一向に進まず痛みで何度も気絶した。

14:30
やっと9cmまで開いた!
この頃には陣痛1分間隔でこの世のものとは思えない痛みで発狂絶叫。血圧乱高下。
気絶→発狂の無限ループ∞

「もう無理ぃぃいいぃ!!!」
痙攣しながら絶叫、赤ちゃんに酸素が行かなくならないよう呼吸するのに必死。

あまりの惨事に旦那泣いてたよ←辛かったろうね。

14:55
いざ分娩室へ!
兎に角早くしたくて陣痛で瀕死だったのに秒で分娩室へ移動したよ。

何度も何度もいきんでも進んでる気がしない・・・
でも陣痛にイキミ逃しして耐えている間よりもまし。

「うーん、遠いよね」

!?!?

赤ちゃん頭下がり切ってないらしい…
心折れる。
でも陣痛の度にいきまなければ。

「いきむと当たるね(頭)」

(えー、これいつまでやるのー。゚(゚^ω^゚)゚。死ぬよ、死ぬぅぅぅ)

寝てないしもう限界。
いきみ終わると気絶→陣痛で覚醒していきむ
の繰り返し。

点滴と酸素マスクを装着されながらの分娩で何が正常なのかもうよくわからなかったよ。

旦那は頭の上にいた。汗拭いてくれてたけど顔見たりする余裕ほぼナシ。

暫くいきんでから「ちょっとお手伝いするので旦那さんはお外で!」と。
吸引分娩にシフトチェンジ。

そして私は「先生!それ切る!?(会陰切開)」
先生「切るよ!」
私「麻酔してぇぇぇぇ!!!」

と、麻酔刺してすぐに陣痛が・・・!
いきむしかないのだ。
麻酔効いてないけど切りましたよ←
「いて!いて!いたい!!!」
なんか3箇所くらい切ったと思う◎

でも陣痛よりは全然マシな痛み。

んで陣痛来て何か突っ込まれる←多分吸引の道具
なんか手間取っていて出せず。

「次でいきましょう」
で、陣痛→いきむ→先生なんかしてる(吸引)

15:50
「頭出すよ~!いきんで!!」
助産師さんが私の腹をグリグリおしまくる!
「うぁぁぉぁぐぐぐぐぁぅぇあ・・・キャアーーーーーーーー(断末魔)」

私死んだなって思った、ほんとに。

でも
でたー!頭でたー!!!

「まだ肩出るよ~!次の陣痛でいきんでー!」

もう頭出した後だからコツ掴んでぬるん!と出たよね。

産声聴こえた!良かったぁ。
すぐに赤ちゃん抱っこさせてくれて。

感動して号泣・・・とかを予想してたんだけど、実際のところは痛みの向こう側にいたせいだろう、“茫然自失”というのが現実w

「まじで人入ってたよ」 とか思った←
( ゚д゚)ポカーン

そして赤ちゃんは洗われて外の旦那の元へ。

こちとら第二分娩。胎盤放出。
ニュルリは気持ち悪いけどもう痛みが麻痺ってたわ。

そしてその後の会陰切開縫合処置。
「先生!麻酔まだ効いてる!?」つって足してもらった。それでも痛かった。。。

それから暫く分娩台で休憩するんだけど、まぁケツが痛い。。。
割れるくらい痛い。

旦那と再開。私見た途端めっちゃ泣いててこいつ良い奴だなって思った。
しかしこちら体力消耗し過ぎて会話もままならず。ゴメン。

18:30
諸々を終えて病室。
未だ割れる痛みのおケツを抱えて。
立てない座れない。お尻痛いよぉぉぉ。

11月7日
5:30
起床。会陰切開の痛みで2時間くらいしか眠れなかった。冷や汗すごい。
以降兎に角ずっと痛い。。。痛み止めが効かない(:3_ヽ)_



[まとめ]
痛過ぎた出産一部始終。
私が想像し、怯えていた出産なんてなんてことなかった。想像していたのは所謂“安産”であって、私の現実は100倍痛いし怖かった。
人間は子孫を残すのにもっと適した進化をしてくるべきだったろうと改めて思うのでした。

まだ全然赤ちゃんに会えてないので、実感沸くより先に痛みに耐えている段階であります◎
微動打に出来んので赤ちゃんのお世話も出来ない➰💧はぁ。
早く痛みが落ち着きますように。。。