ほうたいびとノ覚書 -Mikazuki Notes-

ホワイト企業でも うつになって 退職した人の覚え書き。 タイピングすることでリハビリも兼ねております。 更新は隔週月曜日12時。

2017年11月

下記のサイトで、このブログを紹介していただきました。


うつ病と生きる。
http://kurayuri0426.com/?page_id=519


紹介されてから、もう1ヶ月以上経ってるかな?(笑

無理は厳禁なので、今のところは不定期更新です。また今回はお布団の上から更新しています。

・うつ闘病記
・ゲームブログ
・技術ブログ

いずれは個々に展開していければいいな~と考えています。



イカ、よろしく~~~(お布団の上でできること、結構あるなぁ

1年前と比較すると状態は良くなってきていることを実感した話です。

通院帰りのバスで…
赤ちゃんをだっこしながら、ベビーカーを押していた女性が降車時転びそうになった。
すかさず「大丈夫ですか?」と声をかけた。
当たり前の反応といえばその通りなのだが、これが1年前にはできなかった。
親子連れを見ると何故か異常にムカムカしていたし、子供同士が遊んでいるのを見ても「ウザい」としか思えなかった。黙らせてやろうと思うこともあった。おかしいことは自覚していた。

この声かけの反応をきっかけに一年前と今を比較してみることにした。

生活に音楽が戻ってきた
今、SpotifyでBGMをかけながらこの記事を書いている。
1年前は音楽というより「音」そのものに敏感だった。音楽は苦痛だった。
サービス自体は知っていたが、利用する気になれなかった。
とあるフォロイーさんとのやり取りをきっかけに1ヶ月ほど前から利用し始めた。
…なんだこの神サービスは!!
Spotifyについての詳細は、またの機会に記事にできればと思う。

ゲームが楽しめるようになった
ゲーム自体は全く動けなくなる直前までやっていた唯一のことだったが、おそらく無表情でやっていただろう。時間をただ浪費するためだけにやっていたと言っていい。
今はSplatoon2の週末フェスが楽しみで仕方がない。ランク30まで上げておきたかったが間にあいそうにない…まあいいや。ちなみに唐揚げにレモンは「かけない」派だ。イイダ様がそうなので(笑

「休む」能力を身につけた
休日というものがなかった気がする。会社が休みの日は友人と遊んだりしていたが、息抜きになっていなかった。元々出不精なので。一人が好きなので。気を休める時間がなかったのだ。
今は「休む」という予定を入れることにしている。といっても行動できる日の割合が圧倒的に少ないのが現状だが。気圧の変動にも体調は左右されるし、布団から出れない日もまだある。それでも「休む」ことができるようになったのは大きい。

プログラミングはまだまだ
仕事が完全に手につかなくなった。ソースコードというより文字自体が認識できなくなったからだ。
今は読書はできるし、Twitterやこうしてブログで記事を書くこともできるようになってきている。プログラミングは10数行書くのがやっと。この違いはなんなんでしょうね…

まとめ「記録」することをオススメします
1行日記とかなんでもいい。最悪チラ裏でも…過去を振り返れるように。私は学生の時から愛用している手帳があるのですが、やっと活用できるようになってきた。空白が意味を持つようになったから。「この日は調子悪かったんだな」と。
手帳活用術的なものも記事にできそうだな…ムフフ


イカ、よろしく〜〜〜(このブログもHTMLで編集できるようになりたい。

↑このページのトップヘ