2020.06.29技能検定

ほぼ同じ時期に、2社の「経営革新計画」作成を支援しました。どちらも、50年~100年続く長寿企業です。しかも、多品種少量生産が得意です。当然のことながら、社員の技能レベルが高いのも共通です。しかし、1点だけ違っていました。

 

1社は、強化プラスチック製品の製造・販売をしている会社です。この会社には、強化プラスチック手積積層成形1級技能士8名、2級技能士2名います。代表取締役をはじめ、副社長も専務も1級技能士を保有しています。営業活動をしなくても、評判を聞きつけて、新規のお客様さまから仕事が入ります。

 

もう1社は、鍛造製品の製造・販売をしている会社です。鍛造作業にも、1級と2級の鍛造技能士制度がありますが、この会社は技能士制度があることを知りませんでした。国家検定に裏付けられた技能がないと、PRしたくてもPRできません。売上高が減少傾向にあるので、新分野開拓に尽力しています。

 

技能士は、技能検定に合格した人に与えられる国家資格です。技能の認定は厚生労働省が所管しており、職業能力開発促進法に規定されています。例外もありますが、中央職業能力開発協会に委託されたものを、各都道府県職業能力開発協会が試験実施することが多いです。(都道府県が実施する職種は111、 指定試験機関が実施する職種は19)詳しくは、厚生労働省の「技能検定制度について」(https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/jinzaikaihatsu/ability_skill/ginoukentei/index.html)を参照下さい。

----------------------------------------------------------------
ランキングを見る。いずれも上位です。ご協力有難うございます。
PVアクセスランキング にほんブログ村にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へにほんブログ村 経営ブログ 中小企業社長へにほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ

----------------------------------------------------------------