Report From My Trip~旅先からの手紙~田中芳典の日記

サウンド・クリエイター/ギタリスト/音楽プロデユーサー 田中芳典(たなかよしのり)の日記です。 HP:http://www.yoshinori-tanaka.com/ ギター、作曲、アレンジ、DTMを始とした音楽制作の話や活動の事、 個人的に作ったサウンドサンプル、 趣味のファッション・コーデやコミュニケーションを紹介しています。 特にマイク、弦の比較は参考になるかもしれません。

連絡先: y.norisuke.t@gmail.com
田中芳典 公式HP~Acoustic Style~
http://www.yoshinori-tanaka.com/

冬物を既に着ています。
ウールのチェスターコートを前を開けていれば、
晩秋ぐらいの雰囲気にはなります。


本日、最低気温9度。

12月並み(´・ω・`)

寒い。


今年はアウターの重ね着がしたくて色々試着しています。
薄手のコート(綿100%)秋に着るつもりでしたが、
一気に寒くなってしまいました。

トレンチコートやステンカラーコートの下に合わせる予定です。


それとチェスターコートだと厳しいですが、
トレンチやステンカラーだと若干余裕があるので、
下にダウンベストを着る予定です。


ユニクロのウルトラライトダウンベスト(コンパクトVネック)
http://www.uniqlo.com/jp/store/goods/403249-68#thumbnailSelect

これを試してみたいです。
襟まであるタイプのものだと重ねて着た時のシルエットが崩れるため。



ちなみに、薄手のジャケットでも可。
セールを狙って買う予定です。
何を狙っているかは秘密。
肩パットの無いアンコンのジャケット、というのがヒント。

冬の室内で着るものは今の時期に買わないと無くなります。
特にカーディガンや薄手のジャケット。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

久々のピックアップレビュー。

珍しく王道のダンカンとディマジオ。


Dimazio (ディマジオ)
HS-3
HS-2
HS-4(旧YJM)

Duncan(ダンカン)
Fury


まずディマジオ

HSシリーズ。時期によって微妙に音が違う話は聞きますが、現段階の話。
HS-2
ノイズは本当に無いです。
ただし、かといっいてシングルの音かと言われると何か違う。
少しコンプレッションの掛かった音です。
まとまりは良いけど、抜けきらない。
80'sのフュージョン系の音が好きなら良いと思います。


間違ってもSRVの音は出ません。
エリック・ジョンソンはこれをシングル配線(当然ノイズは多い)をしていたと言いますが、
それは54年のストラト(アッシュボディ)のみの話です(当人の話)。
遥かなるドーバやデザートローズはアッシュ。
ヴィーナスアイル以降はアルダーとなります。
他はオリジナルのまま(アルダーボディ)。



HS-3
HS-2のリアver。
ファットなシングルです。正直、カッテイングは厳しいです。
ハードロックなどは良いです。
これもHS-2より抜けないです。

HS-4(YJM)
インギーの好みに合わせてデザインしたHS-3のフロントver。
これが意外と使えます。
リアにも試しましたが、ジミヘン的な音です。
ただし、後述するFuryの方が良いです。

当人は否定するでしょうが、
このPUはジミヘンのレッドハウスの音を狙っているフシがあります。
本人が大ファンなのは周知のとおり。



Duncan
Fury
デイマジオからダンカンへ移籍?して開発した
インギー用PU。
フロント、リア其々違います。

フロントは出力抑えめ。かと言って、キンキンする訳ではないです。
ヴァンザンドのブルースをイメージすると近いと思います。
ただし、PUのバランスが取りにくく、
リアに合わせるとフロントがかなり高くなります。
※センターまでは綺麗に決まります。



リアはフロントに比べて出力高め。
かと言っても普通のシングル並み。
これに関しては傑作。
シングルの感じが一番します。
歪ませても痛くなく、綺麗に抜けます。
ロングトーンを多用したくなる音です。


ノイズに関しては、HSシリーズより気持ち多め。
ただし普通に使う分には問題なし。

微妙なクランチはギター側のVolを絞って作ります。

コンデンサーは0.047uFにしています。

本来スタックは0.022uFですが、これも好みです。
インギーは0.047uF。

※インギー=イングウェイ・マルムスティーン
数々の珍言を生み出し続けるギタリスト。
元バンドメンバーはどんなに相思相愛でも必ず非難するお方。
好き過ぎて憎むのも愛情の内(笑)?
元貴族だそうです。
彼の功績はバッハやパガニーニなどをエレキギターに持ち込んだこと。
結果、メタル=速弾き、クラシカルの図式を作る事になりました。
ギターは一貫してストラト。好きな車はフェラーリ。
昔は貴公子のようなイケメン。
今は・・・光速の豚。食生活は大事です。









    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

長い事使い続けていたプリアンプが寿命が来ていたので、
思い切ってデジタルアンプにしました。

通常、プリアンプは安くて3万円~。
高いのは果て無く。高級車が買えるレベル。


買ったのは、
FX-Audio D302J+
https://store.shopping.yahoo.co.jp/nfj/h85.html?sc_i=shp_pc_search_itemlist_shsr_title#ItemInfo

このデジタルアンプは1万円以下。
評判も上々です。中華製ですが、良いという評判です。
細かいところを見ると、ヘッドフォン端子の音質などありますが、
ヘッドホンを使う時はUCXからなので、まず使いません。

音質の方は、フルレンジ。
上から下まで満遍なく出ます。
このアンプ入力系統が、
アナログ、
USB、
光端子(Opt)
コアキシャル(SPDIF)と選べます。
最大24bit/192k
ハイレゾ対応です。
96201427-13BB-466B-B04F-F92B539373E3



















UCXの3分の2ぐらいのサイズです。
横幅はi phone6sの縦幅より無いです。奥行きはさらにないです。

弦を爪弾いた際の音がハッキリ聴こえるぐらいに変わりました。
デジタルアウト(SPDIF端子)があるインターフェースをお持ちなら、
是非オススメです。

巷ではオペアンプを交換する方もいるようです。
この機種はオペアンプはヘッドホン端子のみですが、
他の機種なら回路上、通過していれば交換できます。

なお、交換したら保障外になりますので注意。
オペアンプは色々余っているので、気が向いたら試します。

ちなみに、従来のアナログ入力(モガミ2534)とSPDIF(OyaideAS808v2)を比較すると、
アナログの方が中音域の押しが強いです。

ケーブルの長さが長いほど、ミッドレンジが強くなり、ダークな音色になります。

リスニング用途では好みで構いませんが、
ミックス用途だと、作業し易さが第一なので、
SPDIFで当分試してみます。

スピーカーケーブルは、コブラのシルバー2.5です。
1m/1470円ぐらい。※現在、生産中止。


PC→オーディオインターフェース(RME/UCX)→SPDIF(OYAIDEAS808V2)→
→プリアンプ(FX-Audio)→
→コブラ→モニタースピーカー(フルレンジ)


純銀なので音の立ち上がりが速いです。
なお、バナナプラグを使った方が絶対いいです。
接触不良を未然に防げます。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

夕方辺りから急激に冷え込むようになりました。
窓を開けて寝ると風邪ひきそうです。

ちなみにこの時期、
湿度の変化が激しいのでギターの板割れには注意。
人の肌が荒れる時は危険です。



お月見しながら、BGMにどうぞ。
和テイストの曲です。

蒼月


葉二~源博雅に捧ぐ~




こちらはジャジーな曲(ピアノ・トリオ)
Water Moon 


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

11月になれば、ブラックフライデー。
クリスマス商戦の開始です。

投げ売りの如く安く、財布の紐が緩みがちですが、
今一度必要かどうかを考えます。


欲しいと思ったもの
Slate Digital のVTC
http://www.miyaji.co.jp/MID/product.php?item=VTC


質感の違うbus用プラグイン。
NY、LA、Londonと代表的な都市の音の傾向に沿うもの。
挿すと、あ~ニューヨーク系だね、と実感。

ただし、歪み易い。

そして、ノイズも若干ある。

原則、納品するギターの音が他人より、
クオリティーが高く聴こえるプラグインを優先しています。

マイクプリは頭打ちな感じなので、ここから先はスタジオ行きだと思います。

これに関しては考え中。



Waves

CLA MixDown
http://www.minet.jp/brand/waves/cla-mixdown/
同じくBusに挿すもの。
挿すだけで音が変わります。
ファットな感じになり、音圧が上がります。
素晴らしいのは、歪まない事。
内部処理で色々な事をやっているのだと思います。

黒金(ブラックフライデー)を待たずに、9月中は3000円台で買えるので考え中。
ただし、ノイズがあります。そして消えない。
Slate DigitalのVBC並みに残留ノイズがあります。

そこが悩みどころ。

音圧が上がらない方は、お勧めです。
簡単に上がります。
コンプは効きの異なるものがA、Bで選べます。


ちなみに、同CLAのシグネイチャー。
表示価格が9800円でしたが、購入時は6800円になっていたので買いです。
これも挿すだけで音が変わります。傾向は上記と同じ。


L3-16
http://www.minet.jp/brand/waves/l3-16-multimaximizer/

説明不要の名作。
好き嫌いありますが、使えば確実に音圧が上がります。
音の傾向は90年代後半~00年代の音。
というより、大抵これが使われていたぐらい普及していました。
現在、セール中で、11800円。元は約8万円。



Sonnox

ODE(ダイナミックEQ)
http://www.minet.jp/brand/sonnox/oxford-dynamic-eq/

mcdspのAE400の様なタイプ。
効きはこちらの方が良さげ。
mcdspはどの商品も独特なクセ、匂いがします(ウェツトな感じ)。
Sonnoxもありますが、こちらの方が無臭。
操作性、視認性はこちらの方が遥かにいいです。
※あくまで主観です。

セールになったら買うかも。

これは買う気満々です。
あとはセールの割引率次第。

録音した音、作った音を可能な限り変えずに、
mixしたい場合にこの手のアクティブEQは重宝します。
使わない場合は、オートメーションを書くという
非常に面倒な作業になります。


Plugin Alliance
セールで安かったら買うかも。
去年はpro Audio のDSP(Dynamic Spectrum Mapper V2)が90%オフという、

(゚Д゚≡゚д゚)エッ!?

価格でしたので即買い。
あれは代用品がないのでお勧めです。
キャプチャー機能で、サンプル曲の傾向に簡単に近づけます。



ちなみに、
SonnoxのEvolutionはセールになったら買った方がいいです。
アレは最高です。トランジェスト系ですが、あれは格が違います。
Sonnoxのトランジェスターも持っていますが、
全て差し替えました。
一度デモを使うと有難味が分かります。
http://www.minet.jp/brand/sonnox/envolution/


ストラトをレスポールに、レスポールをストラトに寄せる事が出来ます。






    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

初ライブまでは皆テンションも高く、無事?に行けます。
ただライブ後は中々上手く行かず、そのまま解散というバンドも多いです。


旅行などを考えれば分かりますが、
旅行から帰ってきて次は何処に行こうか?
とすぐに動ける人はいないです。


モチベーションを保つ、コントロールするというのは、
プロなら必須ですので、各自持っていると思います。
※厳しいようですが、
それぐらい自分で出来ないならどんな仕事をやっても無理です。


今回は学生や趣味でバンドされている人向けです。

ライブの最大の問題は集客。
ノルマ無しという所もありますが、
どうしてもテンションが上がりません。


そこで、Youtubeなどでお馴染みの、

演奏してみた、カバーしてみた

をお勧めします。
Youtubeは原則、ジャスラックと一括契約です。
詳しくは自分で調べて下さい。


何故、オリジナル曲を作る、レコーディングではないか、というと、
個人差があり過ぎるからです。

全員が全員、オリジナルを作りたい訳ではありません。

※レコーディング環境の問題もあります。


練習スタジオで、動画を録るだけなら、手持ちのスマホでも行けます。
拘るなら、ハンディで。

綺麗に録画&録音するなら、映像と音声は別に収録になります。


また、メンバーのスマホでアングルを変えて同時に録れば、
1カメ、2カメの様な事も出来ます。
※ミュージッククリップの様な事が出来ます。


最終的には映像の編集は必要。


ここで、メンバー間で完結ではなく、動画を作る事で遊んでいる人がいたら、
巻き込むと面白くなると思います。


完成した動画はYoutubeへ投稿。
SNSなどで宣伝。
シリーズ化すれば、それがライブの宣伝にもなります。


もちろん、ただ歌っている、弾いているだけでは退屈です。
”面白さ”は欲しいです。


アホっぽいですが、仮面を付けたり、不思議な踊りをしたりして、
観ている人の注意力(MP)を奪うのが肝要。
※元ネタはもちろんドラクエ


ライブパフォーマンスの研究にもなりますし、
客観的に自分たちの演奏を常にチェックする事になるので上達します。




また、誰かが間違えたら録り直し、という状況は、
程よい緊張感を生みます。
これも上達に繋がります。


投稿数が増えれば、これだけやった、
という成果になり、自信にもなるので、モチベーションを維持できます。


グーグルアドセンスに関しては、詳しく調べて下さい。
上手くやれば、収入になります。


なお、曲の長さは1分30秒ぐらいがお勧めです。
スマホで観る事を考えると、長い動画はお勧めしません。
※常に自分が観る側(消費者)という視点は必須です。


自分たちの面白い≠他人の面白い


は忘れてはいけません。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

世界最高のピックを紹介。
IMG_8118








このピック、スタジオ系の方では有名の様です。
http://excel-web.jp/apex_picks/top.html
増崎孝司さん、鈴木健治さん、柴崎浩さん(元WANDS、最近はTMRなど)



ギターを始めたばかりの人でもピックは真剣に選ぶことが多いです。
デザイン的なものもありますが、弾きやすさが大きいと思います。


個体差もあり、
最初から反っているものもあります。
※当然、除外。


アコギ(マーチン 000-28)
ソフトまたはthinのセルロイド、ティアドロップ。
特にストローク。
弦の種類や張り具合で変える時もありますが、
基本自分の出したい音に合せます。

デフォルトがパット・メセニーのアコギのストローク
と言えば、『だろうね』と思われると思います。

Ride On The Windはメセニーのイメージです。
※大分加工しましたが、元音はメセニーです。
頭の中で鳴っていた歌声は坂本真綾さん。


ソロ(単音)の際は、アンプラグドのクラプトンをイメージする時は、
ハードやミディアムのセルロイドが多いです。
といっても、指併用。


ナイロン弦
フラメンコギター(テオドロ・ペレス)
基本、指(爪含む)です。
ピックとナイロン弦の当たる音が大嫌いというのが理由。
アル・ディ・メオラの様な事をする際は諦めますが、
その際もアタック音を抑える様に弾きます。
側板、裏板がシープレス(ヨーロッパ糸杉/アロマではサイプレス)
なので、音が固め。


クラシックギター(黒澤哲郎)
フラメンコギターと同じです。
ただ、側板、裏板がローズウッドなので、少しだけマシです。


エレキギター(Fender ストラトキャスター)
今まではJazz3(通常ver)でしたが、ついに理想の音のピックをゲット。
アレン・ハインズの様にjazz3を丸い方で弾いていましたが、
もっと音を立たせたくたり、
エリック・ジョンソンのjazz3にしました。
通常のjazz3よりは明るい音です。

IMG_8117








ちなみに、jazz3ある時から材質が変わったのか、音が変わりました。
昔の方が良かったです。

それさえも覆したのが、このピック。
Excel ピック。

IMG_8118









マンドリン・ピックです。
厚さは1mm。
色々と手を込んだことをしている様です。
売っているのは長野(安曇野)のギターショップExcelのみ。
通販で買いました。
ギターレッスンの生徒数人にばら撒いたので(お勧めとして)、
其のうちまた買います。

数名は購入したようです。


ピックの小ささは気になりません。
元がJazz3だから。
※力んでいない&弦と当たる瞬間に、
ピックが逃げる様に弾けてれば問題なし。


昔、アイバニーズのポール・ギルバートのピックがありましたが(今もある)、
あれより、ブライトになります。


ウルテムのピックの耳に付く固いアタック音が抑えられて、
ウルテムより音抜けが良い。


ナイロン弦でも少し試しましたが、
自分の中で『初めて』納得出来ました。



お買い上げはこちら
ギターショップ EXCEL
http://xc522.eccart.jp/y897/

Excelピック
http://xc522.eccart.jp/y897/item_search/rootCategoryId,7/


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

昔に比べて大分落ち着いたと思います。
今思えば失笑ものですが、

左右色の違うレギンス&クロップドパンツ
などの時代もありました。


一つ一つのアイテムをシンプルにしています。
靴はメダリオンがあるものは好みではないので、
プレーントゥやストレートチップ

ジャケットも王道なテーラードジャケットが中心
着るタイミングを考えると、裏地が無いものの方が着る機会が多いです。
日本の気候の関係上。デザインは『普通』なもの。
サマージャケットは今が買い時です。
そんなに大幅に形が変わりませんので。
お勧めは濃いめのネイビー。


コートはチェスターコート、ステンカラーコートなど。
麻、ナイロン、ウールと素材別に。デザインは『普通』なもの。


シャツは、白シャツが多いですが、バンドカラー、レギュラー、ホライゾン、など。
素材は麻、綿。
ラインが入っていたり、裏地にデザインがある様なものはありません。


パンツも普通のチノパン、スラックス。細身なものが中心。
最近はワイドパンツが涼しかったので、ワイドパンツが多かったです。
ただこれも裏地などにデザインはありません。


微妙な質感や色味の差はありますが、ユニクロで買えます。
ただし、着た時のシルエットが綺麗に見えるかは別なので、要注意。

それなりのお店は着た時に綺麗に見える様に工夫して作られています。
この辺りは、購買層の範囲の広さが違うからです。




シンプルな服装でも組み合わせ次第では、多彩な様相になります。
その際、ワンポイントなデザインがあると邪魔でしかない、
というのが実のところです。


髪型も王道な方がバランスが良いです。
最近は暑さもあったので、

ツーブロック、七三分け&オールバックという感じです。
ツーブロックはすぐに伸びるので、バリカンで手入れは必須です。

レアルマドリードのセルヒオ・ラモスのイメージ。
実際はあそこまで刈り上げずに、少し長めです。
※レアルはファンでは無いですが、それ以上に今のバルサは嫌いです。




ちなみに、アクセサリーも装飾の無いプレーンなものの方が使い易いです。
左に時計&ブレス(シルバーのシンプルなものや小さめのビーズ)、
右にバングルなど。季節では足首にアンクレット。

ギターを弾くときは、さすがに右手には何もつけません。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

そこそこ値段のする革靴はレザーソール(靴底が革)が多いです。

正直、耐久性、耐水性は無いに等しいです。


ミンクオイルや防水スプレーでも、雨の日は無理です。
そもそも雨の日には履きませんが。


レザーソールのメリットは、通気性と柔軟性ぐらいです。
ローファーなどは馴染むと、上履きの様な履き心地になります。
良く滑るので、踊るには良いかもしれません。
※マイケル・ジャクソンがGHバスのローファーを愛用は有名。

当然、ラバーソール(靴底がゴム)の方が普段使いには良いです。
ただし、高品質な靴では数が少ないです。

理想はダイナトソール。
耐久性、耐水性にも優れつつ、
通気性にも優れているなどメリットあり。
※クラークなどでお馴染みのクレープソールは苦手です。


オールデンやチャーチがお好きな方には、
メンテナンスも趣味の一つとは思いますが、

ソールの張替は中々値が張ります。

また、ローテーション(最低、中3日)を組まないと
靴はアッという間に痛みます。



個人的には、セレクトショップでご自分の気に入った、
コストパフォーマンスの高いデザインの靴を選び、
頑張って磨くと意外と見違えます。

写真は磨いた靴。
IMG_2324





























内バネのストレートチップは余り見かけませんが、

プレーントゥやウイングチップなら手に入り易いでしょう。


ラバーソールでは、この辺りがお勧めです。
定価1万円以下(税別)になります。

http://store.united-arrows.co.jp/shop/glr/goods.html?gid=9057317


靴は全体のバランスに大きく関わるので、
傷んだ靴や汚れた靴は、どんなに小綺麗にしても
汚く見えます。



逆を言えば、値段よりも小綺麗にした靴をいつも履いている方が
遥かに印象が良いです。


特に日本人は伏し目がちな人が多いので、気にした方が良いです。

靴が汚い人=だらしない人

と本能で感じる人は多いです。



合皮は、耐久性も無く、明らかに安く見えます。
光沢が明らかに違います。
フェイクレザー、PUレザーと明記されているものは避けましょう。
どれも合皮。
PU=ポリウレタンです。雨に弱く、最後はベリっと剥がれます。




結果的に高くつくので、買う時は本革で。

本革の靴は定期的に風通しの良いとこに出しましょう。
やらないと、
カビが生えます。



    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

最近は、濡れ髪が流行っている様で、
グリース、ポマードが再び脚光を浴びています。

昔はワックス、そのさらに前はジェル。


ジェルだと前髪ツンツンのベリーショート
・・・今いたら時代を感じると思います。

ワックスはソフトモヒカンやウルフ
・・・要するにベッカム・ヘアです。
反省を込めて坊主もありましたが
(あの時(98年フランス大会)のシメオネが名監督になるとは思いもよりませんでしたが)


そして、グリース
・・・オールバックや七三。
ただ昔から出来る男の代名詞の様なイメージもありました。
かのベッカムも今はオールバック。
ワックスとグリースを混ぜる事もあります。


人と会う以上、身嗜みは大切ですが、
髪型は服装と同じぐらいイメージを決めます。
接客業は基本、坊主は厳禁。
地毛でない金髪も安心感がないという面で難しいです。

前髪を下ろしていると幼く見える、など。

時代や提供している商品とミスマッチだと
説得力に欠けます。



いつもヘアカタログを片手にする必要は無いですが、
ネットで時々でいいからヘアスタイルの変遷は見た方がいいです。


ちなみに、ワックスやグリースでセット力を求めるなら、
定価1000円以上でないと
安物買いの銭失いになりやすいです。


デューサー、インプライム、クック、ウェーボ、ナカノ、
辺りでお好みなものをどうぞ。

最初は小さめのもので買うと節約出来ます。
もしくは、美容室で使っているものと同じものにすると外れが少ないです。


ファイバー入りは落としずらいですが、セット力はあります。
油性より、水性の方が洗髪は楽です。


付け過ぎには注意。


女性の場合はメイクの変遷もあるので大変ですが、
それだけ印象が変わる部分でもあります。

有名ですが、資生堂の日本のメイクの歴史は面白いです。
全て同じ人がモデルですが、印象が全く違います。


http://hma.shiseidogroup.jp/info/p20161222_5392/
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

このページのトップヘ