2007年01月22日

Ever17, Remember11

ゼルダトワイライトプリンセスのせいでRemember11は悟編4日目を終えた時点でずっと放置中。

ってか一番盛り上がるのがどうやら悟編4日目みたいだ。
量子テレポーテーションの高度で小難しい説明が出てきた。
Ever17よりさらに学問度が増し、理系人間的にはハァハァさせてくれてすごく盛り上がれる。
そうだよ、武格好いいとか、つぐみん最高とかそんなのより、理系人間的には学問的な難解な話をぐだぐだと垂れ流されるのが一番盛り上がれる。
さすがに量子テレポーテーションのトコは興奮した。
Y(t)軸曲げはおかしいと思うけど。

で、ここでEver17やRemember11関連句を列挙。
どれも考察の対象になる。
ネタバレあり
・Ever17
飽和潜水仕様
浸水・水圧
アルキメデスの原理
アセトン
生物は生きている時点で汚泥にまみれている
不老不死
テロメア・ループ
(ヒーラ細胞(ゲーム内には登場しない) キュレイウィルス ティーフブラウウィルス)
レトロ・ウィルス
実体とは? 私はどこにいる?
デカルト 松果体
チューリングテスト
形態素解析
AI 人工知能
RSD 網膜走査
n次元生命体の視野はn-1次元
遍在
脳とコンピュータ (テラバイトディスク)
私のアイデンティティは? 記憶
実体と虚像
曖昧さ 矛盾
アフロディテの伝説 ピグマリオン効果 ブラシーボ効果
全般健忘 全生活史健忘
多重並列処理
レムリア大陸 レミュール(レムール)
第三の眼
http://www.3fools.com/thirdeye/
第三視点
ハッキング
タイムスリップ
ソーシャル・エンジニアリング
二卵性双生児
赤外線視力
浦島太郎
福井県若狭湾の八百比丘尼伝説
量子論 量子力学
多世界解釈
ハイバネーション
タイムパラドックス
生物化学兵器
内部告発
(あとn次元の話は超ひも理論に関わらないかなぁ)

・Remember11
ユング心理学
元型(Anima, Animus, Persona, Shadow, OldWiseMan, GreatMother, TrickStar)
神智学
犯罪心理学
素数
実数 虚数
不確定性原理
かごめ歌
ビバーク
ラッセル
明晰夢
刑法
ラプラスの悪魔
アンドロギュヌス
私とは? 意識とは?
性同一性障害
DID 解離性同一性障害(乖離性同一性障害)
クローン クローン法 双子
境界性人格障害
DSM
連続殺人
精神医学 刑法39条(かな?)による心神喪失者の刑の免除
太陽風
奥尻島の津波
ロンブローゾ
ユングフラウ
デウス・エクス・マキナ

コアセルベート
(テラバイトディスク)
物自体 カント
ロールシャッハテスト
シュレディンガーの猫
MAO阻害剤
海馬
シュレディンガー方程式 波動関数
EPRパラドックス
量子テレポーテーション
ベル測定
ユニタリ変換
量子コンピュータ

(あと多分多世界解釈。ひょっとするとデコヒーレンス)

5日目以降は未プレイ。
Remember11ヤバイ面白い。間違いなく俺の中のNo.1
恋愛要素無くて学問的なのがGood

y_okapi at 00:23|PermalinkComments(1)TrackBack(0)ゲーム 

2006年11月08日

12Riven

わりとどうでも良いニュース
後藤邑子がファーストアルバムをリリース。
http://www.oricon.co.jp/anime/topics/061108/061108_02.html

かなり期待大なニュース
http://www.imgup.org/iup284204.jpg
http://game9.2ch.net/test/read.cgi/gal/1162684474/76
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=12237716&comm_id=59661
http://kid.kir.jp/cgi-bin/c-board/c-board.cgi?cmd=one;no=9666;id=infinity
12Rivenという、PS2用ゲームinfinityシリーズの新作。
インテグラルシリーズになるそうな。
電撃ってどの電撃だ・・・。
ソースが気になるから明日本屋で適当に本あさって確かめるか・・・。
なんかソースが気になるね。嘘ではないと思うけど。
「12Riven」でググ」っても1件もヒットしなかった。
まだ知られてない、そのぐらい最新情報と言うことか。

y_okapi at 22:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ゲーム | 一般ニュース

2006年11月07日

9月後半以降の日記

9月後半から10月前半の日記。
9月以降のたまった日記を書くのがめんどうになった。
ええいそれぞれ短縮してまとめて書くぞ。

11〜14日
y-marksと春風さんと香港旅行(飛行機はJAL、旅行社はHIS)。
Tatsuさんに勧められたとおり本当に海外旅行しちゃった。
しかも初日以外は全部自由行動だし。
感想を一言で言うと「田舎と大都会の混ざった街」
建物が高い高い。ひしめいている。
だけど路地を一本入れば小汚い田舎町。
ホテルの目の前にも露店が沢山。
マカオも行った。かなり西洋っぽかった。
もう一言言うとHTC Universal(Dopod)の実物が見られて良かった。
感動した。5800HK$位だったっけ。
撮った写真が全部センス0だったことは秘密だ。

15〜17日
皆は13日からのテニス合宿to尾瀬
香港から帰って家で寝た後すぐに電車で片品村へ。
上越線がこんなに本数少ないとは知らずにヒヤヒヤする思いをさせられた。沼田駅で渋谷からの料金2000円ほど(つまり2760円分のほとんどですなw)清算する。
そこからさらにバスで1時間半。
やはり高原でのテニスは最高。
1年に負けないように内心必死でしたw
いつも通り下手だけどまぁミスりまくりでもなかったから良しとしてみるか。
気の合うメンツが今年は居ないのが寂しかったが
普通に伊木とか部屋のメンバとかとしゃべる。
非常に嫌な思いもさせられまたコミュニケーション論の授業の時考えたことに戻ってしまう。

18日
横浜西公会堂で両部と仏教の講演を聴きに。
悩みが少しでも楽になるかと思い行った。
そして彼にEver17を貸す。彼も哲学や量子論にはまるに違いない。

その後数日間
引きこもってゲーム(Remember11(こころ編)、ゼノサーガ、マリカDS)にはまる日々。

24日
サレジオ祭。書こうと思えば結構長文になる。
まとめて言えば。僕が来たとき事故現場で幼子を連れた両親がほほえましく歩いていたのが見えたのが記憶に残った。土曜だけで7千人の来客数。
僕ら(というか大鹿)がメインになって頑張った年(5年)の時樹立した神奈川県1の来場者数1万4千人ちょいをきっと抜くだろうと確信した。つまりこの環境はすっかり復活したのだと。喜ばしい。
んで午後4人くらいで集まって行動。ダンス見たかったけどみんなが先生に会いたいと言うからそっちに結構時間使った。今でも嫌いな先生(担任ね)もいるが普通に挨拶してきてしまった。3年ぶりの再会の友達もいた。パソコン部と天文部も見た。後輩とも話したが、顔を知ってるのは5年以上。パソコン部だと6年以上。もうパソコン部は知らないやつばっかり。天文部は4年の助っ人が数人いて良かったが、部員は4年5年6年各一人のまま。ヤヴァイって。
そういえばまたちょっとこのときの自分の行動が高校生に戻ってた。あの数時間で何十回桂の頭を叩いたことかw
5時半以降PC部OBで集まって1次会。
ちょっとしかしゃべったこと無い先輩もいるし改めて自己紹介。みんないろんな大学に進んでるなぁ。
下は41回生から上は35回生まで。僕ら39回生と37回生が多かった。りさんと結構しゃべった気がする。ラモ国がFF3持ってたのでちょっとやらせてもらった。既に就職している先輩から職場の現状を聞けたりした。オブジェクト指向化がうまく進んでないらしい。PCの話が深くできるのも良いね。
で、鷺沼で二次会。人数減って39回生と37回生のみに。僕がいじくられまくって笑われまくって、ホント、大爆笑を巻き起こした飲み会となった。高校の友達とはいくら話しても疲れないし楽しい。とりあえず唐揚げには鳥以外の唐揚げがあることを学習したw 「気持ちの問題」という流行語を作った。
「彼女とかもう居なくてもいいや。男だけでも楽しいし。」発言も飛び出したw

25日
また両部と聞きに行く。仏教からアプローチした本「なぜ生きる」関連。今回は下北。
これインカレのサークルなんだけど、悪徳な勧誘の仕方で合宿に勧誘されてちょっと辟易した。
つか講演する人が同じ事何度も話しすぎ。その後1対1で話したときも自分が「知ってます」って言ってんのに止めずに話したがる。
対人関係の説教たれるんならまず自分ができるようになってからにしろやと。

26、28、29日
現代科学技術論という夏期集中授業。
内容は各研究室の研究や関連した最新研究の紹介。
バーチャルリアリティ関係と認知科学関係が多かったかな。
んで29日はYRP見学。DoCoMoのショールームを見た。
質疑応答の後いったん解散して横須賀駅に移動しDoCoMo社員を交えて飲み会。スマートフォンやDoCoMoの技術的な話にどんどん首を突っ込み「詳しいね」と社員と先生から言われた。しかし2つ左にいた夜間の女の子の方が詳しかったかも。N702NK兇鮖箸辰討觧点で通だとは思ったがかなりの玄人だこの人w
就職の話は正直興味がなかった。自分に興味があったのはスマートフォンとか未来の携帯のこと。高級な料亭で社員の方に奢ってもらえただけでも嬉しい。

その後週末
綱島の大叔母さんがウチに来ることになっていた。
買い物に最寄り駅に行っていた母親とおばさんを僕が車で迎えに行く。昼飯を共にし、しばし談笑。途中で親のPCが壊れる。
2重海苔巻きの技を母親は伝授してもらっていたが母親はまだまだマスターできず。だがおばさんも卵焼きが塩入れすぎてて味覚の衰えを感じさせた。
帰りも綱島の大叔母さんの家まで僕の運転で送る。
そんなに距離がないのに街は結構危ないトコがある。
一度前にいた信号待ちの車が後ろ確認せずにバックしてきてぶつけられそうになった。
勿論助手席には父親が乗っている。良い運転練習になった。

2日から
後期授業開始。履修考え中。月曜休みにできるけどどうしよう。
一度また283とエリとで渋谷のラーメン屋に行った。
この3人は帰路も渋谷まで一緒だしもう完璧「いつものメンバー」になっている。

その数日後
飛び降り自殺が大学であってTV朝日とかが来てた。クラスメートがインタビューされてた。自分も後ろ姿なら小さく2,3回映ってるはず。全くの他人と言うことでこっちはそんなに悲しく感じない。
数時間mixiニュースのトップにも載ってたな。
金曜はkomaiと渋谷でラーメンくった。彼らはネタになるラーメン屋が好きらしい。アレでも量多め。「じろう」とか言うトコいったらどうなっちゃうんだ・・・・。

その週末はヨドバシアキバでバイトしてきたよ。
バイト自体半年ぶりだよ。
マジ商品知識無かったし。
でもまぁ売れたかな。担当はSharpの電子辞書。

#このエントリは10月前半に書いた文を使い回した。

y_okapi at 00:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)日記 | 考え事

思考入力

■「考えるだけ」でスイッチ切り替え、日立が実験成功(読売新聞 - 11月06日 20:32)
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=113105&media_id=20

y_okapi at 00:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0)一般ニュース 

2006年09月04日

ネコ踊り

http://d.hatena.ne.jp/NanaseMinato/20050717
伊豆の韮山の北のかんなみと言う場所にあるお祭り。
日本広しといえどこんな萌え死ねそうなお祭りはそうあるまい。
テラウラヤマシス・・・
ってかつまり、この日だけはどんなに人前でにゃんにゃん、にゃーにゃー、ふにゃふにゃ言っても
白い目で見られない日って訳ですね!?
そうなんですね!!!?(←おいおい
なんと、羨ましい。
自分もにゃんにゃんふるまいたいぞ(爆)。


y_okapi at 23:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ネットライフ 

2006年08月27日

ニンパク写真レポ

今日行ってきた写真レポ。
詳しいレポは書くかどうか分かりませぬ。

ニンパクあしゅらGBAニンパク米限定GBASPニンパクKHCM限定GBASP











ニンパクサイン色紙ニンパクディスプレイ遠景ニンパクどせいさん風鈴











ニンパクどせいさん人形ニンパクめきとどせいの絵ニンパク投稿絵遠景











ニンパク常連さんの絵ニンパク過去誌展示遠景ニンパク広末うちわ











ニンパクフォックスマンガ原画ニンパクゼルダピンぼけピンバッヂ

y_okapi at 22:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ゲーム | 日記

2006年08月20日

多世界解釈

Remember11、ココロ編をクリアした。
意味不明な点が沢山。
知らない人が倒れてたけど誰?
プロローグ以来今のところ量子論な話は出てこないな。精神病に関する話が一番メインだったかな?
前作も今作も、よく知らない単語が出てくるたびに検索し、WikiPediaなどで調べる、と言うことを続けている。

そういえばパラレルワールドを扱うドラえもん映画見たいと言いつつまだ見てないな。
あと、昨日久々にムゼルダの伝説ジュラの仮面のED見たんだが、やっぱりスタルキッド倒したときのチャットの台詞が以前と違う。それまでの世界とは違う、別の世界の3日間を過ごしたチャットやリンクにはちゃんとそれらの記憶があるって事だが、それは何か意味があるのかな?
色々検索したら時オカやムジュラのパラレルワールドについて考察してるブログがあった。
http://kamiinu.blog39.fc2.com/blog-entry-119.html
嵐の歌に関しては、確かにタイムパラドックスだ。成立し得ない現象だ。
当時は一瞬疑問に思った物の、すぐ忘れていた。7年間の行き来もちょっと考えないとつじつまが合わない。
EDでゼルダに会うのは最初にあったときと同じ時間で、平和な世界なんだろう。でもガノンドロフが居ない世界と仮定してしまうと、ハーレムである彼の村は絶滅することになってしまう・・・。
ムジュラに関しては、3日間を繰り返すことでちょっとずつ良い世界にしていく、と言う解釈で良い。リンクとチャット以外の人々は、3日前に戻ったとき、過去の世界の人だから、戻る前の人とは別の世界の人間、と考えるといい気がする。
なんかメンドクなったのでこの辺で。
あとは、なんでナビィが離れていったのかっていうのと、
ムジュラのEDのあとリンクはどうしたのかがちょいと気になるが。
気にしなくても良いか。

y_okapi at 21:09|PermalinkComments(2)TrackBack(0)ゲーム 

2006年08月15日

亀田とかのニュース

y_okapi at 21:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0)一般ニュース 

2006年08月14日

古いが気になった記事

数ヶ月前の記事だけど気になったので。
昔から言われ続けていたけど、やはりインセンティブモデルは崩壊が始まってるか。ドコモの社長が発言していた。しかしauは開発費を押さえることで今後も可能という。マジカヨ。それはすごいな。スゴイ苦労があるだろうな。DoCoMoは多分タジタジだろう。
少なくともDoCoMoの携帯の値段は上がっていくはずだ。そして旧来の思考もやっと崩れてくれるだろう。

2006年04月25日 17時54分 更新
「WIN端末の価格は上がらない」と小野寺氏
http://plusd.itmedia.co.jp/mobile/articles/0604/25/news086.html


ちょ、2msってまじで? もはやCRTと差がないじゃん。
なんかの誇張ではないと良いのだけれど。

[2006/6/15]
“黒・狭”ベゼルの速いヤツ――サムスンの2ms液晶ディスプレイ「740BF-R/940BF-R」
http://plusd.itmedia.co.jp/lifestyle/articles/0606/15/news006.html

y_okapi at 22:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0)PC関連 

2006年08月10日

Remember11に影響された

※Ever17をこれからプレイする人はネタバレするので注意。
 Remember11は僕もまだこころ編3日目なので大丈夫かと。
※果てしなく読みにくいのは仕様です。

普通、ゲームってのは架空の世界の中の話に終始する。ゼルダの世界だって、ドラクエの世界だって、現代の日本の日常からは離れている。トライフォースなんて実在しない。一部そうじゃないゲームもあるけど(FFXの「この世は夢」ってのは仏教の話か?)。
だけどRemember11は、現実世界でもある話が沢山出る。普段考えないような小難しくてよく知らない話が多いから、「これはゲーム中だけの話か?」と思うと、現実でも存在したりする。
そして難解な話のオンパレードだ。
買った後説明書を開いてビックリした。人物紹介のページに「神智学」が好きと書かれていた。神智学ってなんだよ・・・。説明書からいきなりジャブだ。
WikiPediaで調べた。なんか神秘学と人智学という似た学問があるらしいが、ようはオカルトってこと?
んでプレイしてみるとプロローグから「カゴメ歌」の解釈や、量子論の不確定原理の話だ。初っぱなから重ぃ! そして精神病の話へ。やべー、すげーぞこのゲーム。始めてだこんなの。
で、ゲームに登場する難解な話とは。
DIDやBPDなどの精神に関わる症状のことや、遺伝子、クローンの話、「私」とは何か「意識」とは何か、量子論(不確定原理など)、犯罪心理学。そういった難しい話や、奥尻島の津波、11年に停止になるアナログ放送、DSMという本。すべて実在する物が出てきて、一生懸命どこまでが実在の物でどこからが架空の物かを見極めないとゲームと現実を混同してしまう。たとえばクローンの話だと、2001年に「クローン規制法」ができた、と言うのがゲーム内で紹介される。ホントかよと思ってネットで検索するとマジで実在する。DSM-IVという本やDIDも実在するのかなと思ったらあったし、本屋でめくった本にはゲーム内の説明文と酷似した記述が見つかった。量子論の多世界解釈は、前作で出たが、これも僕が今まで知らなかった実在することだ。
普通なら、「勇者はトライフォースの力を持って世界を平和に・・・・」って所でその単語についての説明があって、んでゲーム内で完結する。でもこの作品で出てくるDID等の精神病や量子論などの話はゲームを終えて現実に戻っても存在しているのだ。この感覚がなんかスゴイ。
でもその妙に高いリアリティがおもしろさを倍増させているように思う。全然知らなかった話も結構あって、理系人間な僕はこういう小難しい話が好きだ。ぶっちゃけ、DIDは幽々白書や古い伝説の中だけかと思っていた。mixiで検索したら結構居てビックリ。
まだこころ編3日目なのにRemember11にだいぶはまってきてしまった。前作のEver17はあからさまにオタク向けな要素があったが、今作は絵はオタクっぽくないし、恋愛要素が無くなって純粋にSFアドベンチャーになってて良い。まぁいずれにせよEver17は神ゲーなので「理系男子学生で少しはオタク耐性があって小難しい話しが好きな人」は絶対プレイするべきだし、その人以外もできればプレイするべきだ。でもRemember11は「小難しい話が好きな」すべての人に勧められるという点で市場は広いと言える。総合評価は前作が上なんだろうけど。Ever17は最後に明らかになる「だまし」の要素がとてつもなく秀逸だけど、僕はこの作品無いにちりばめられた小難しい話が一番好きだった。
つぐみ編や空編後半に出てくる、人間の実体の話や不老不死の話、矛盾をコンピュータが受け入れる、コンピュータに実体はあるかとか人間との違いは、とか生きる目的、の話はすごい興味深い。
しかしまぁ、おかげでこれらの各分野にだいぶ興味を持ってしまった。
影響されまくった。もう20才だけどまだ僕は生卵(ゆで卵と違い影響されやすい)だったということか。
Newtonは量子論大特集の7月号だけでなく、読者からの質疑応答の9月号まで買ってしまった。同じ空間に別の世界が存在するけど気づけないってのは正に第三視点だな。あと量子論はマクロについても成り立つそうで。じゃあ月は見てないときは存在してないかもというあり得ない事も否定しきれなくなってしまうではないか。
また、今日見た遺伝子の転写に関する本に、テロメアのことが書かれていたのでそこだけ真面目に読んだ。
テロメアを回復させようとするテロメラーゼはプランクトンで発見された後、人間にも見つかった、とある。
んで、ガン細胞の場合、テロメラーゼを使って完全に老化せず細胞分裂できるそうで、宿主が死なない限り永遠に生きられるそうだ。
な、ナンダッテ!
なんか、ある女性(現在は死亡)から取り出したガン細胞が50年以上たった今でも細胞分裂を繰り返しているらしいぞ。
な、ナンダッテ!!
Ever17のつぐみ編で語られた話で、テロメアの回復によって宿主を不老不死にするキュレイウィルスが出てきた。
どう考えても不老不死なんてあり得ないから、上記でも書いたように現実味のある科学的な話が好きだった僕は、この現実性のない話を聞いてとてもがっかりした物だった。Ever17の目的、「建物が崩れるまでに生きて脱出する」が崩れるからだ。何もしなくても不死なら問題ない。このゲームの緊張感の根底が崩れたのでとてもがっかりしたのだ。
まぁその後色々出てきてやっぱり面白くなったんだけど。
で、つまり、癌が不死であると言うことは、キュレイウィルスもあながち実在不可能とは言えないかも知れないではないか。
いや、でもさすがにそれはないか。一体なぜ、ガン細胞はテロメアの回復を永遠にすることができて、人間はできないのか。
その違いはなんなんだろう。
あと相対性の本で、タイムマシンの実現の可否が本によって分かれていたのが興味深い。
あと、ゲーム内でDSM-VIが2008年に出たと言う設定になっているが、あと2年で出るものか?
そもそもDSM-Vは出たのかよ。
なんか精神病に興味持っちゃったよ。認知心理とか、心理学の久野先生が担当している授業取ろうかな。
それにしても、メディア論でEver17にもあったデカルトの話や、マルチエンディングストーリーの話が出て、
科学技術と倫理でEver17にあったテロメアや生命倫理の話があって、なんかもう僕の一学期はEver17を中心に回っていた。
ゲームの中だけかと思った話が、授業にも出てくるのだから。
ついでに。基本情報処理技術者試験の午後問題を受験していると、クライアント・サーバ間で、ハッシュによって生成されたワンタイムパスワードを使うときの脆弱性について問われた問題が出た。その時も、ゲーム内で沙羅がハッキングしようとするシーンで沙羅がパスワードのハッシュ値を探している、という発言を思い出して、そのおかげでとけた。
もうね、Ever17のおかげでマジで色々考えちゃう。そこにRemember11が加わってすごいことに。
なんかこのまま行くと久野研や中島研に行きそうで怖い。まぁでもそれだけ広い分野を持つ学科であることに感謝。
一見関係ない事柄も、意外と繋がってるし。
そういえば、僕のいとこは中央大法学部卒で、青少年の更生の法務処理をする仕事に就いていたはずだな。
長野に数年行ったと思ったら、今度は勤務地がなんと霞ヶ関になった。
問題を抱えた青少年と対話することも多かろうけど、霞ヶ関に来ちゃったらやっぱりお役所仕事なんじゃないだろうか。
でも、僕はちょっといとこに青少年犯罪者の病理とかについて聞きたくなってきた。聞いてみようかな。
でもそう考えると、法学部の人って、特に刑法とか学ぶ人は、心理学・犯罪心理学にも精通してないといけないことになるな。
あと精神医学とか。いとこはそこまで学んだのだろうか?
今日読んだ刑法の本にも、加害者が心神喪失で、責任能力があるかどうか、と言うことが詳しく書かれていた。
その判断は法の知識じゃない。法はあくまでしきい値を定めるだけで、そのしきい値をどこにするかを決めるのは犯罪心理学だろう。
やっぱ多少は法学部で勉強したんだろうな。すごい学部だな。
ぶっちゃけ僕の学科でも学べそうだけど。というより研究できそうだけど。
中島研には自傷行為する人や睡眠薬を大量に飲む人が訪ねてきたりするらしいから。
つかDIDも居たりして。DIDになる原因は幼児期の(性的)虐待らしい。
その原因を食い止めなければ。もしその原因の一端をエロゲが握ってるとすれば、そんな変な物にはまっちゃいけないなと思った。

y_okapi at 02:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ゲーム | 考え事