2004年03月25日

リセットされる?消費税

 すでに「本体価格と税込み価格」の表示をしてる小売店のチラシを見て、その情報量の増加ぶりに戸惑った。「わかりやすくなるはずが、その逆になった」。そう感じた人は、私だけではない気がするがいかがだろう。もしそう感じる人が今後多くなれば「税込み価格表示のみ」が主流になっていくんじゃないだろうか?と考えて、はっと気付くことがあった。
 もしそうなれば、いちいち計算でもしなければ「本体価格」が見えなくなる。「消費税のぶんこれだけ加算されてるんだ」という意識が薄れていくのだ。つまり、現在の5%の消費税が「意識的にリセットされる」「意識的になかったことにされる」可能性がある。だから、意識として「5%税込み価格」が「本体価格」のような気になっていって、そこに頃合よく「消費税10%」に増税されても「5%の増税」にしか認識されないのだ。

 「税込み価格も表示する方が消費者にわかりやすい」なんて大義名分はあるが、けっきょく「増税を視野に入れた心理操作」が目的じゃないのかと思った。

この記事へのトラックバックURL

この記事へのトラックバック
4月1日に提示価格の総額(消費税込)価格化がされて早3日。大いに不評をかったようだが…。
消費税込み総額表示【Cannelles】at 2004年04月03日 17:48