2010年07月12日

(メモ)変容していく僕のマゾビズム4

 そんな欲望を安価に解消してくれる場所があった、それは、所謂「ハッテン場」として有名な「ホモ向け映画館」で、駅をすぐのところにそれはあった。

 最近、専ら、その映画館に足を運んでは、何とも、異様な形での僕の性欲動の解消を行っていたのだった。「男に抱かれる」、そしてそれは、「女として男に抱かれる」というのではなく、明らかに、「男として男に抱かれる」そんな感じ、といっても、この僕は「ホモ」なのかというと、けっしてそんな自覚はないのだった。

 それは不思議な感覚だった、女装して女性として男に犯されることで快楽を得るということではなく、男として男に甚振られたり、或いは、男のものを握らされたりすることで何とも言えない快楽を得ているのだった。そこでも、やはり、マゾヒズムが健在で、男に乳首や男性器を弄られて快楽の声をあげ、男から、その声を「もっといらやしく」上げるように強要され、次第にエスカレートして映画館の中で上半身裸にされ、下半身までもズボンを足のくるぶしまで男に下ろされ、男に身を預け、男の手で逝かされることに快楽を求めているのでした。時には男の固く漲ったものを口に咥えさせられそうになりますが、病気を恐れ(ご主人様に病気をうつすわけにはいかない)、そのときはゴムを嵌めてもらったうえで、男のものを口にし咥え舐めあげるのでした、その場限りの男のものを。

 そしてそれは回を重ねるごとに、どんどん、淫乱になっていくのだった。

 こうして、僕は自らの性欲動を解消しマゾヒズムを解消したのだ。

 しかし、ご主人様に対して、例え相手が男であったとしても性欲動を求め解消して快楽を得ていることに対して、やはり、どこかで、自分の二面性を恥じ申し訳ない気持ちでいるのでした。だからこの性欲動の解消方法はご主人様に対して常に後ろめたさを伴う。それでも僕は肉欲のために映画館に通ったのだった。



ya20063 at 10:33コメント(2)トラックバック(0)考 察  

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by S子   2010年07月19日 03:34
興味深いことです。
どこかでSM思考のある人は同性愛思考もあるだとか
女性が異性の同性愛を楽しむことはSM行為に似ているとか
読んだことあるのですがうろ覚えです。
2. Posted by M破門中   2010年07月20日 18:48
どもども、コメントありがとうございますっ。。

なるほど、SM思考者は同性愛者でもあるのですか、

興味深いですねぇ。。。

僕の場合は同性愛というよりも、性別によらない、依存しない、そんな感じですねぇ。。。


で、でも、性倒錯の部類であるには違いありませんっ。。

あはははっ!!

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
livedoor プロフィール

M破門中

記事検索
TagCloud
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ