考 察

2010年07月12日

(メモ)変容していく僕のマゾビズム4

 そんな欲望を安価に解消してくれる場所があった、それは、所謂「ハッテン場」として有名な「ホモ向け映画館」で、駅をすぐのところにそれはあった。

 最近、専ら、その映画館に足を運んでは、何とも、異様な形での僕の性欲動の解消を行っていたのだった。「男に抱かれる」、そしてそれは、「女として男に抱かれる」というのではなく、明らかに、「男として男に抱かれる」そんな感じ、といっても、この僕は「ホモ」なのかというと、けっしてそんな自覚はないのだった。

 それは不思議な感覚だった、女装して女性として男に犯されることで快楽を得るということではなく、男として男に甚振られたり、或いは、男のものを握らされたりすることで何とも言えない快楽を得ているのだった。そこでも、やはり、マゾヒズムが健在で、男に乳首や男性器を弄られて快楽の声をあげ、男から、その声を「もっといらやしく」上げるように強要され、次第にエスカレートして映画館の中で上半身裸にされ、下半身までもズボンを足のくるぶしまで男に下ろされ、男に身を預け、男の手で逝かされることに快楽を求めているのでした。時には男の固く漲ったものを口に咥えさせられそうになりますが、病気を恐れ(ご主人様に病気をうつすわけにはいかない)、そのときはゴムを嵌めてもらったうえで、男のものを口にし咥え舐めあげるのでした、その場限りの男のものを。

 そしてそれは回を重ねるごとに、どんどん、淫乱になっていくのだった。

 こうして、僕は自らの性欲動を解消しマゾヒズムを解消したのだ。

 しかし、ご主人様に対して、例え相手が男であったとしても性欲動を求め解消して快楽を得ていることに対して、やはり、どこかで、自分の二面性を恥じ申し訳ない気持ちでいるのでした。だからこの性欲動の解消方法はご主人様に対して常に後ろめたさを伴う。それでも僕は肉欲のために映画館に通ったのだった。



ya20063 at 10:33コメント(2)トラックバック(0) 

2010年07月08日

(メモ)変容していく僕のマゾビズム3

 ところが冒頭にも触れたとおり、この僕の自らの中で肉体的な性欲動は、いまなお健在なのだ。

そのことは、本当に道徳的に正しいことなのであろうか、間違った欲望なのではなかろうか。自分に問いただして見る。しかし、やはり、この僕の身体の中に悶々とした性欲動は存在しているのである。

ただ、既に肉体的なマゾヒズムを経験してしまった以上、普通の性欲動ではないことは確かだった。普通にセックスがしたいのかというと全くそうではないのだ。女性と性交をしてその中で快感を得ようとは一向に思えないのである。

 そしてそれは実に歪んだ性欲動に違いないのであった。

 女性とのセックスを介することはなく、また、ご主人様以外の女王様とプレイすることはない、この僕の性欲動の解消を解決する方法が唯一あった。それはこの僕の性欲動の対象を男性に向けることにあったのだった。男性だと、女性ではないということでご主人様を裏切っているような自責の念に余り駆られることなく、ただただ、自らの肉体的な性欲動を解消するのには都合がいいのだった。



ya20063 at 16:30コメント(0)トラックバック(0) 

2010年07月07日

(メモ)変容していく僕のマゾビズム2

 ご主人様と初めて出会ったとき、それは僕にとって初めての肉体的マゾヒズムの連続であった。雑誌などでは見たことがあるけれど初めての鞭打ち(バラ鞭)から始まって、蝋燭、縛り、アナルバイブ、浣腸、そしてお聖水と、段階的に調教して頂いたのだった。

 一本鞭に至っては、200本くらいは受けられる身体に調教されていた、あの、苦痛から逃れようと泣き叫び嗚咽し、身体一杯に鞭痕が残る、あのなんともいえない喜び。。。

そして、緊縛された状態での吊りの拘束感と無重力感。。。それはいまでも受けらけれれば喜んで身体を差し出すであろう。

 ところが、僕のご主人様はおひとりである以上、他の女王様からそういった調教を受ける気にはならないのだ、というより、そういった考えも及ばない。僕にとってご主人様以外に女王様はいないのだから。そのご主人様からはそういった肉体的なマゾヒズムを享受するなぞ、失礼なことであり滅相もないことなのでした。

そうなると、この僕の肉体的性欲動は、どう、解消すべきなのだろうか、否、そもそも、信頼関係に基づいた主従関係が構築され、精神的マゾヒズムが自らの中で醸成されているのにも関わらず肉体的な性欲動が本当に必要なのだろうか、必要とすること自体、おかしくはないか。もし、存在するとなるとそれはどう解消すべきなのか、解消することはできるのだろうか。



ya20063 at 15:24コメント(0)トラックバック(0) 

2010年07月06日

(メモ)変容していく僕のマゾビズム1

 

いつからだろう、そう、ご主人様からこの僕のことを執事や爺やと呼ばれるようになってから、全く、ブレイらしいブレイをしなくなった、というよりも皆無だ。

ご主人様からのほうから求めるわけではなく、この僕自身もプレイを希望すること自体恥ずかしいそんな気持ちになっている。もうプレイっていう段階ではない、そんな気持ちが手伝っている。

それはこの僕が一番望んでいた信頼関係に裏打された主従の関係としてのご主人様と奴隷の関係に近づいたせいだからだと思う、精神的な深い絆を拠り所にしている主従関係である。

 精神的な快楽というよりはそれは精神的な安堵、安らぎといったものだ。そこには性欲動の発露はない。むしろ、性欲動とは相容れない類のものである。しかし、その精神的な安らぎは何者にも変えられない充足感を伴う一過性でないもの、正確ではないけれど、人として生まれて初めて経験できるもの、そんなもののような気がする。

 ただ、その精神的充足感ですべてが満足されうるかというと、これは悲しいかな、そういうわけにはいかない。

 やはり、どこかで肉欲的な性の欲動の解消を求めている。

 それは一体どういうことなのだろうか。。。振り返ってみたい、そう思うのです。



ya20063 at 13:05コメント(0)トラックバック(0) 

2009年11月17日

「痛いのに気持ちいいってどういうこと?」-「痛い」と「快感」との関係

■「痛い」と「快感」との関係

  今までのところでは、「痛い」ということと「快感」は繋がってはいません。
  ところがところがです、この「痛み」を感じる脳の部分と「快感」を感じる脳の部分とがどうも近い位置にあるそうなんです。こういうことからも「苦痛」と同時に「快感」も感じやすいと考えられているのだそうです。痛ければ痛いほど快楽としての報酬が大きくなるということだって考えられるというです。
  それから先ほど「ドーパミン」の過剰放出のお話をしましたが、これまた人間の脳はうまく出来ていて、「ドーパミン」を抑制する機能として「GABA(ギャバ)神経」というのが働く仕組みになっているんだそうです。
  実に面白いのは、痛みを和らげる 「βエンドルフィン」は、実はこの「GABA(ギャバ)神経」の活動をも抑制する機能を持っているのだそうです。「快感」を促す「ドーパミン」を抑制する「GABA(ギャバ)神経」を抑制する、ということは「ドーパミン」の活動を促進するということになるということなんです。だから「痛み」と「快感」は関係あるのではないかと言えると思うんです。

  こまでは僕が勉強して学んだことです。間違っているかもしれませんが、「当たらずも遠からず」だと思うのですが.......


ya20063 at 07:09コメント(0)トラックバック(0) 

2009年11月16日

「痛いのに気持ちいいってどういうこと?」-「快感」って?

 (1)A10
  脳内を走る神経のなかにA10という神経があります。この神経は「快感」神経です。この神経が活性化されると快感を感じる仕組みになっています。A10は大脳の近くの「痛い」でもあった好き嫌いを感じる「扁桃体」と繋がっています。こうして「すき」といった感情を呼び起こしながら運動を調節する脳に繋がっていき「快感」に満ちた表情や声を出すわけです。

 (2)もうひとつ の「脳内快楽物質・ドーパミン」   
   このA10を活性化させる脳内物質が「ドーパミン」という物質です。「βエンドルフィン」を「脳内あへん」とするならば「ドーパミン」は「脳内覚せい剤」です。この「ドーパミン」が放出されると興奮し快感を感じ体の動きが活発になりハイな感じになっていくというわけです。この「ドーパミン」がとどまることなく過剰に放出していくと覚せい剤依存が精神分裂病と同じような症状が現れるように幻覚や幻聴や妄想が伴ってくるそうです


ya20063 at 07:59コメント(0)トラックバック(0) 

2009年11月15日

「痛いのに気持ちいいってどういうこと?」-「痛い」って?  3

 (3)痛みの「閾値」
   こういった「痛み」を感じる「痛点」には、「閾値」があって、これ以上いくと「痛み」と感じる値なんですが、この「閾値」には個人差があるらしいんです。
   たとえば僕の場合、パラ鞭は痛みを感じませんが一本鞭で初めて痛みと感じる、そんな感じなのでしょう、多分大脳の経験を感じるところと連携しているのでしょうけどここはまだまだ勉強不足です。


ya20063 at 02:04コメント(0)トラックバック(0) 

2009年11月14日

「痛いのに気持ちいいってどういうこと?」-「痛い」って?  2

(2) 「脳内麻薬」   
   この痛みの信号は「サプスタンスP」と言う神経伝達物質によって脳へと伝達されていくわけですが、人間の体は非常によく出来ていて脳に達した「痛み」を和らげるために「サプスタンスP」を抑制する「βエンドルフィン」という神経伝達物質を放出します。
   この「βエンドルフィン」という神経伝達物質は、別名「脳内麻薬」や「脳内快楽物質」と呼ばれているしろものです。こうして「痛み」をアヘンのように麻痺させる仕組みになっているらしいんです、不思議ですね、この「βエンドルフィン」を勉強するだけでもワクワクします。
   「ランナーズハイ」という原因はこの「脳内麻薬」です、加えて宗教の荒行でハイになってくのも、この 「βエンドルフィン」です、ここから宗教への展開が考えられます、楽しみです。


ya20063 at 02:52コメント(0)トラックバック(0) 

2009年11月13日

「痛いのに気持ちいいってどういうこと?」-「痛い」って?  1

『痛いのに気持ちいいってどういうこと?』

 以前からずっと気になっていた素朴な疑問に自分なりに勉強してみたのでした。

□勉強の進め方

 脳生理学的に考えてみようと思います。
 まず1.「痛い」ってどう感じてどう脳に伝わっていくのか、次に2.気持ちいい「快感」ってどうなっているのか、最後に3.「痛い」のに「気持ちいい」快感がどうして生まれるのか、というふうに進めていこうと思います。

1.「痛い」って?

 (1)2つの「痛み」
   「痛い」という神経回路にはふたつの種類があるそうなんです。
   ・ひとつは「速い回路」で直接脳にAδ繊維と言う神経線維を通じて繋 
   がっています。
    この「速い回路」は感情とは独立していて鋭い痛みを脳に伝えま  
   す。例えば熱湯に手を突っ込んだときのように、一体どこに痛みが 
   発生していて、どれだけの傷の程度かを脳に素早く伝えます、そうす  
   ることで反射的に熱湯から手を離すといった行動を促すわけです。
   初めて一本鞭を背中に受けて反射的に身を捩るといったそんな感じ 
   です。
   ・もうひとつは、実はこのもうひとつが今回の勉強で重要なんです
  が、「遅い回路」でC繊維という神経線維を通じてじんじんとした鈍い痛 
  みを脳に伝えます。ただこの「遅い回路」脳の「扁桃帯体」といった感
  情を伴う部位を通過するので経験とかを脳から引っ張り出しながら
  「すき・きらい」といった感情を呼び起こします。



ya20063 at 07:17コメント(0)トラックバック(0) 

2009年11月11日

メモ「マゾヒズムの経済的問題」 2.女性的マゾヒズム

女性的マゾビスムはもっともありふれたもので男性の場合においても十分認識できるものとして、『殴られ、縛られ、痛いほど叩かれ、鞭打たれ、なんらかの虐待を加えられ、絶対的に服従を強いられ、汚され、貶められる』(原文)と言う空想、或いは空想を遊戯とした儀式によって、自慰的な行為に終わるかそれ自体で性的な満足をもたらすものとします。そうしてマゾヒストはひとりでは生きていけない小さな子供であったり、女性に特徴的な去勢されたり、交接され、子供を産む状況に身をおいている、マゾヒストは子供に或いは女性に自分の身を投影しているとします。
 この点をとって女性的マゾヒズムを命名していますが、後述にある『空想の主体は罪の正確は不確定のままなんらかの罪を犯しているのであり、さまざまな苦痛と拷問の手続きによって、それを購わなければならないのである』ということを考え合わせると、むしろ女性的マゾビスムというより主従的とか隷属的とかそういった表現のほうが、僕にはしっくりくるのでした。例えば、日本の昔の殿様と家来の関係とかそういったご主人様のためならば例えどんなことでも耐え忍ぶといった姿です。
 ただ、確かに、マゾヒストの中に女性の姿を見るのは理解できるのでした。
 それからこの女性的マゾビスムの特に重要だと思うのはフロイトのいう「儀式」です、このあくまで「儀式」として、空想を「儀式」化しているというのがこのマゾビズムにとっては必要不可欠なのだと思うのです。


ya20063 at 07:21コメント(0)トラックバック(0) 
livedoor プロフィール

M破門中

記事検索
TagCloud
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ