「痴漢は許せない」普通そう思います。
でも意外と痴漢逮捕のずさんさとその冤罪率というのは意外と知られておらず、知り合いの男性は「間違えて痴漢だと言われたらダッシュして逃げ切るしかない」と言い切っていました。

この映画のテーマは非常に地味ですが、この題材自体を映画にしようとした周防監督の姿勢は立派だと思います。裁判の傍聴や痴漢冤罪被害者、弁護士などの取材は相当だったろうと想像できます。
しかしながら上映時間が長く淡々としていて、周防監督お得意のキャラクターが際立つ作風ではないので正直エンターテイメント性は低いです。

また際立ったキャラクターが少ないということもあるのですが「なぜ主人公は頑に無罪を主張し続けたのか?」「保釈金はどうやって捻出したのか?」といった細かいバックボーンが見えなくてあまり現実感がないのです。主人公だけに肩入れするだけの作りではなく、弁護士や警察・裁判官のそれぞれの立場も描いているので「できるだけ公平な目で」という意図もあるとは思うのですが、見ている側としてはブレすぎなのです。

海外でもこの映画を上映したというニュースを見たのですが、外国人は所々で笑っていたらしいのです。確かにこの映画を見れば痴漢冤罪事件の一部始終というのはとても滑稽なのです。たくさんの人にもっとこの真実を知らせたいなら、外国人監督がドキュメンタリータッチで痴漢冤罪で捕まった人の話と裁判の流れを「コレヘンダヨー!」と突っ込みを入れながら茶化すくらいでないと正直寝てしまうと思います。そしてその状況に日本人は「これが日本式なんです!」と堂々としていられるか?問題意識を起こすにはそれくらいじゃないと無理ではないでしょうか。

「もし痴漢冤罪の被害に遭遇したとき、裁判で争うならどういう覚悟がいるか?」それを確認したい人にはお勧めする映画です。

ちなみに際立ったキャラクターが少ないとはいいつつもいいキャラの人も数名いたのでその人のバックグラウンドをむしろ知りたいと思ったのですが、この映画の企画者であるフジテレビの亀山千広氏がお得意のスピンオフ映画を作ることは反対します。

それでもボクはやってない スタンダード・エディション [DVD]
それでもボクはやってない スタンダード・エディション [DVD]
クチコミを見る


それでもボクはやってない スペシャル・エディション(2枚組) [DVD]
それでもボクはやってない スペシャル・エディション(2枚組) [DVD]
クチコミを見る


それでもボクはやってない―日本の刑事裁判、まだまだ疑問あり!