妄想の荒野~矢端想のブログ

こんにちわ矢端です。ここでは一応「日曜漫画家」と名のっておりますが。
面白ければ何でもやります!泣きます!笑います!(何でも屋の加代かっ)
そうとも、冒険こそ人生。ロックな生き方なくして何が人生。
目の前にはただ果てしなく広がる荒野だ。
いにしえの大西部への憧憬を胸に・・・さあついてこい!出発だ!
GO WEST! GET WILD! LET'S ROCK'N'ROLL!!

コミティア申し込みました!

表紙-悪党ども来たる5月の「関西コミティア50」と…そして!ついに東京の「コミティア120」の申し込み書も投函しましたぜ!うっかり締め切り期日をスルーして参加し損ねた前回のこともあって、心配してくれるおせっかいな親切な方もいらっしゃるぐらいなので、ちゃんと報告しておこうと思いました。いや~、前回のことは自分でも信じられないのだが、よっぽど他のことに気を病んでいて直前に締切日を確認したり思い出す心の余裕すらなかったんだろうね。「締め切りは7月後半だ」とだけ覚えていて、まだ先だ先だと思っているうちに気が付いた時には7月後半過ぎていた。「10月まで自分が生きていないことを示す預言だ」とわりと本気で思った。

とは言っても、結局今回も締め切りほぼギリギリ。大阪は3/1、東京は3/4必着だ。とにかく先に参加費を払い込まなくてはいけない。どちらも郵便振替だから平日勤めているサラリーマンにはいつでもできるわけではないのだ。特に僻地勤務者は。仕事で市内に出かけたタイミングを逃さず閉店間際の局に飛び込んで振替用紙だけもらい、遅くまでATMだけ空いている近くの局を教えてもらい、そこで送金したという綱渡り。郵便振替は銀行振込よりずっと不便だ。前日に気付いて良かった。

さあ、今回は新刊としてやっと「悪党どもに十字を切れ」がリアル冊子でお目見え。エリーちゃん10周年記念のスペシャル画集(これは手抜きw)も出る予定!去年つくったエリーちゃんアクキーもお見せできます!缶バッジも配布できます!

抽選になると思うので、特に東京はまだ参加は怪しいけれど、皆様に会えることを信じて。関東の方はビッグサイトで、関西の方はインテックスで、お目にかかれるのを楽しみにいたしております。良いご縁がありますように。

エリーちゃんアクキー缶バッヂ60個

☆「妄想の荒野」7周年記念☆温泉女子会!

女子会2017温泉

リタ/エリー/エイミー : みなさまいつもご愛顧ありがとうございまーす!220日、今日で「妄想の荒野」は7周年でございまーす!これからもよろしくお願いしまーす!!

リタ : …というわけで女子会スペシャルでーす!温泉に来てまーす!アニメとかでも定番の「温泉回」、7年もやっててウチで今までなかったのが不思議なぐらいよね。ひゃー気持ちいいわねえ温泉w極楽極楽w

エリー : いやー温泉でお酒って最高よねーw風情あるなあ…ウェーイw

エイミー : なんで嗜好がそんなオヤジなんですか!このシチュエーションもはやウェスタン女優でもなんでもないんですけど!

リタ : 嗜好がオヤジなのは描いてるボスがオヤジなんだからしょうがないし。枝豆つまんだりお好み焼き食ったりしといて今さら温泉で驚くのもおかしいよw

エリー : エイミー、アンタこそタオル頭に乗っけてノリノリじゃんww

エイミー : えっ、これが温泉の作法かと…。で、せっかくの温泉なのになんでみんな浸かってないんですか?いつもの女子会と違って今回だけフル等身だし。

エリー : ちょっと考えりゃわかるでしょうが。三人がお湯から顔だけ出してる画なんて手抜き丸出しだしブーイングの嵐だよ。これも7周年のサービスサービスうw

エイミー : タオルが妙にちっちゃいのもサービスなんですか!?エリーさんハミ出してるじゃないですか!

エリー : アンタもまだまだ成長するから大丈夫ww

エイミー : そんなこときいてませんっ!

エリー : せっかくだからリタネエ、得意のポロリしちゃえポロリwサービスサービスうwwなっなしゅうねん!なっなしゅうねん!

リタし ま せ ん 。

エリー : 漫画本編でチチモロしたのリタネエだけなんだからね。いよっ大女優!

リタ : 高いわよ。ひとチチいくら、みたいなw

エイミー : 量り売りですかっ!…て、こういう会話もサービスなんですか…。

リタ : サービスサービスうw

エリー : サービスサービスうww

エイミー : 今日はいつになくはしゃいでますね…。

リタ : 女は肌をさらすと気分が高揚するのよww

エイミー : あっ、それで露出系のエリーさんはいつもハイテンションなんだ!

エリー : ナニを言う!!…てか、アンタもそろそろエッチなスピンオフでも描いてもらいなさいなwwサービスサービスうww

リタ : サービスサービスうww

エイミー : はいはい、もうかないませんわwハイテンション温泉女子も結構ですけどね…まあ気持ちいいし温泉…。ところであの、ここ一応西部なんですよね…。

リタ : そう、秘湯よ秘湯。ワイオミング準州イエローストーン国立公園の南西、ウィンディピークから8マイル入ったところにある隠し湯。

エイミー : へーえ。

エリー : …という設定。

エイミー : なんですか「設定」って!!

 

「マグニフィセントセブン」。

MAG7-1

金欠こじらせて結局「君の名は。」も観なかったし「この世界の片隅に」もまだ観れてないうちに、急きょ浮上したダークホース「マグニフィセントセブン」を取り急ぎ観に行った。モノには優先順位ってものがある。「この世界~」はあとだあと!最近不足気味だった西部劇成分を補充しに行ってきたのだ。金曜日のレイトショー、TOHOシネマズなんば別館の117席の小さなハコに客は20人もいなかったんじゃないかな。夕方チケット買ったときにふさがっていた左側の何席かは結局空いたままだった。こんなこともあるんだ。西部劇ってゆったり座って観られていいねw。早く行かないと上映終わるぞ皆の衆。

この映画はご存知「七人の侍」「荒野の七人」の魂を受け継いだ…つまりリメイク。原題も1960年の「荒野の七人(The Magnificent Seven)」そのままだものね。当時の配給会社はユナイトだったが、MGMに吸収されたからね。今作もやっぱりMGM。映画館であのライオン久しぶりに見たよ。続いてコロンビアとソニーピクチャーズのロゴも。ユニバーサルとパラマウントもそうだけど、今の映画業界の経営統合はわけがわからん。

毎回思うが、西部劇の臨場感はやっぱりスクリーンで観なくちゃいけない。ロケ地の岩山の地形と風景がすごく良かったです。ニューメキシコ州なんだね。西部劇らしい西部劇を映画館で観てるというだけで、もううれしくてずっとニヤニヤしてました(キモい)。

さてやっと内容についてですが、ここから先はややネタバレもありますのでご了解ください。

冒頭、教会での集会に町を乗っ取ろうとしている悪徳鉱山主ボーグ(ピーター・サースガード)が現れる。トラブルの末、町の人がバンバン殺されての凄惨な空気はのっけからマカロニテイストかよ。とにかく、やたら人が死ぬ映画という感じだった。こんなに民間人が死ぬ西部劇ってあんまりないんじゃなかろうか。ラストバトルの途中でとうとうガトリングガンまで登場しちゃったときの「それを出しちゃあおしまいだろ」という反則感。最近の派手な西部劇ではすっかりマストアイテムになっちゃってるよね。町に向かっての無差別発砲で人がどんどん斃れてゆくところは「もうやめてくれぇ」と思ったよ。ガンマンたちはともかく民間人が殺されるのは見ていていたたまれない。一か所に押し込めて避難させていた子供たちの身にまで危険が及ぶんだから。

今回の7人とは、リーダーの黒人を筆頭にアジア人、メキシカン、インディアン、フランス系などマイノリティ主体の混成チームでまさに21世紀の西部劇。敵は資本家。このご時勢にタイムリーなこと。「勧善懲悪」にしちまって潔いことw。それで結局どういう映画かと言えば、キレの良いアクションとドンパチに素直に酔えば良い映画である。弾丸も弓矢も、7人の百発百中ぶり早撃ちぶり無双ぶりをアホみたいな顔して口開けて観るしかない映画である。それはそれはカッコいい。まずサム(デンゼル・ワシントン)登場時に普通に右に拳銃提げてて銃把がこっち向いてるのに目を疑った。それだけでも「タダモノじゃない感」満点なのだが、本当に手首を返して電光石火で撃つのだよ。恥ずかしながらデフォでリバースドローって初めて見た。あれ、デンゼルは練習したのかな。デジタル編集じゃないだろな。(リバースドローについては「ゲイリー・クーパーの早撃ち」参照)

町唯一の「タマのある男(自称)」、ガンマンをスカウトに町を出て来たエマ(ヘイリー・ベネット)が未亡人なのに娼婦みたいな胸元の露わな服着てたのはどうかと思った。僕は全然かまわないけどね。乳は良かったし。チャーミングな地味顔だから下品さがなくて良かったのかも。みんなキャラが立っててそれぞれに魅力的な7人についてはキリがないから割愛するが、敵にもインディアンが居た瞬間にレッド・ハーベスト(マーティン・センズメアー)との一騎打ちは誰しも確信しただろうし、そういう期待させる見え見えの前振りも悪くない。ファラデー(クリス・プラット)は最後ちゃんとイカサマで敵を欺いてやっつけたし。ジャック(ヴィンセント・ドノフリオ)はパワーと体重で戦ってたし。グッドナイトとビリー(萌えカプ)のやりとりとかファラデーとヴァスケス(萌えカプ)の罵り友情などもアツいね。ファラデーを撃った相手に逆上して過剰に弾丸を撃ち込むヴァスケスとかみんな好きなはずw。ジャックとレッドハーベスト(萌えカプ)が夜一緒に建物に入っていったのも見逃してはいけないぞ。

リメイクとして別の作品でありながら、物語が終わってエンドロールの前になんと「チャラチャチャチャチャチャチャチャラチャッチャチャ…チャッ!チャッチャッチャッ!(なんだかわからないw)」てバーンスタインのアレが流れるんだよ!同じ会社だからできるんだ。前作へのリスペクトか。作中で堂々とリメイクであることを示している。これは「ローンレンジャー」でも「シン・ゴジラ」でも体験したことだ。結局使わなくちゃ気が済まなかったのか、安易な演出ながらファンの心を鷲掴みにしてしまうのだからしょうがない。でも一旦終わってから使ったことで、僕は素直にオマージュと受け止めた。


ただし。見終わった後なんだか釈然としないものが残ったことは記しておこう。僕が絶賛しきれないこのモヤモヤの原因は、その後いろいろと考えていてわかった。まず、男同士の絆や義理人情の描写がもっと欲しかった点と戦う動機に(もちろんないことはなかったが)もっと説得力を持たせて欲しかった点だ。西部劇の魅力は饒舌すぎないドライさなのだか、もうちょっとな…それがあれば僕の望む「西部劇」として満点だったかも知れないのに。いやあの内容であの尺にそれは高望みかな。それともうひとつ。ネットでも誰かが言っている、土台となった作品の「魂」が受け継がれきらず、ある意味「別物」になってしまっている点。敵に私怨を持つサムがみんなを巻き込む構図になってしまったのが残念だ。やっぱり守るべき人たちや敵と縁もゆかりもない者が「義侠心」だけで命を張るからこそいいんだ。「死に場所を見つける」っていうのもいい。そのヒロイックさこそが作品の「魂」なんだよ。男の心意気なんだよ。「シェーン」でも「荒野の用心棒」でもそうだったじゃないか。こんな設定で戦う動機に説得力を持たせたり作品に深みを持たせようとしたのなら、フークア監督、アンタ間違ってる。男を甘く見ているぞ。

話は映画館に戻ります。10数名の観客のうち若い女性がちらほらいたのが印象的でした。カップルもいたが、女子二人連れに女子単独もいた。俳優のファンかも知れない。巷には今もって人気の韓流、イ・ビョンホン(ビリー役)の追っかけファンというのも結構いるみたいだし。ナイフも拳銃も操る彼の華麗なる殺陣はメチャクチャカッコよかったよ。実は彼が一番カッコよかった。そして、これも後で気づいた。今は男ばかりの群像劇が女子受けするんだった。この映画は、揃いも揃ってカッコいい男たちが互いにイチャイチャする作品なんだぞ。界隈ではすでにファンアートや二次創作やカプ萌えがアツい(ヘンな時代になった…)。腐女子の皆さんなら絶対観に行くべし!乗り遅れるな!!


MAG7-2

例のセーター。

ネット界隈ではよくヘンなものが流行ります。たいていtwitterなどで拡散されてのことが多いようですが、一昨年ぐらい前からよく目にするワードが「童貞を殺す服」というやつ。ソースはよく知りませんが、拡散されるうちにさまざまに違った意味に解釈されているみたいです。イメージとしては「清楚にして(男から見れば)エロい服」で、男はコロリとやられてしまう、みたいなもの。特に女性に免疫のない男子には瞬殺、という意味で「童貞」というキャッチーな言葉に置き換えられ、そのインパクトで一気に広まったのでしょう。広告のキャッチコピーと同じ原理ですね。女子の方が意志を持って着る「初心な男子を誘惑してイチコロで落とす服」という解釈もあれば、「女性経験のない男子には脱がし方がわからない」「女性経験のない絵師には構造がわからず描けない」といった解釈もあります。まあもともと深い意味を持って語られた言葉ではないと思うので、何が正しいも間違いもないと思っております。ネット上のお遊びでしょう。

亜流というか、そのひとつとして最近登場したのが「童貞を殺すセーター」です。ただし、「童貞を殺す」が一種の枕詞化しているために冠されただけで、もはや原義もクソも関係なく、単に「エッチなセーター」でしかないんですねww。エッチなセーターは以前にも流行りましたが最新のトレンドがこれです。

基本的に僕は流行りものには積極的には付き合わず、星条旗ビキニが流行ると対抗して南軍旗ビキニを描いたり戦車が流行ると「戦う幌馬車」にキャタピラ付けた絵を描いたりする屈折した奴なのですが、ここんとこtwitterにやたら上がってくるこのセーターの絵を見るにつけ、「もしかするとオレが描いてもみんな喜んでくれるのでは?」と思いはじめ、試しにtwitterの投票機能でアンケートをとってみました。結果がこれです。

投票20170130

なにしろ総得票数自体が少ないので、人数としては上から9512ですね。「敢えて見たくない」という人もいるのが興味深いですね。もともと僕の絵自体に興味ない人かもしれませんが。

「描くとは約束していない」とは言っていたものの、聞いた以上描かなかったらブーイングでしょう。やはり人気はダントツ巨乳でしたが貧乳派の方も5人もいてくださったわけですから、結局両方描きました。行きがかり上、お二人とも生尻を初披露する羽目になってしまいましたのですわ。このセーター、下を履いてから頭を入れるんでしょうね。

ellie-sweateramy-sweater

ちなみに、これらの絵をほぼ同時にpixivの方に上げて24時間後の評価。これがエリーとエイミーの微妙な人気の差ですww。みなさんはどちらがお好み?

sweater20170212


矢端想10年史。

RITA1前略。「妄想の荒野」は7周年!エリーちゃんは10周年!矢端想は生誕50周年!
…というわけで、この機会この記念に、僕が「矢端想」の名によって皆様とのご縁を得ることができたこの「ヤケクソの10年」、ロックンロールディケイドの出来事を振り返ってみたいと思います。人生突如「創作系オタク」への道を歩み始めた、時代が望んだ(望んでないし)クロニクル。その頃何をしていたか、皆様の人生の歩みと照らし合わせてご覧になると感慨深いものと思われます(思われねえよ)。

* * *

☆矢端想のあゆみ☆

「妄想の荒野」以前(20062009

2006   矢端美少女ウェスタン元年。気まぐれにより漫画「荒野の放浪娘対大怪獣ヒドラ」を唐突に制作。最初のヒロイン、リタ・キャシディ誕生。面白がって友人知人にコピー本を配る。ここで高校時代の文芸同人誌で友人からつけられたペンネーム「矢畑想」が「矢端想」として復活。以後「放浪娘シリーズ」のIVまでがこの年のうちに描かれた。

Ellie-2・漫画の資料探しや検証のため、ウェスタン関連サイトを漁るようになる。「WIDE WEST WEBの掲示板に時々参加。これが事実上のネットデビューである。

2007   ・漫画「荒野の放浪娘V」。

・出張時に会社の知人に初めて秋葉原のメイドカフェに連れて行ってもらう。2件ハシゴ。

・漫画「エリーにおまかせ」。後にブログの看板娘となるエリーちゃんの降臨である。

・魔境と化してから長年近寄れなかった大阪日本橋に足を踏み入れ始める。溢れる萌え絵の看板にはすぐ慣れる。

・サイト「Lady Gunslingerで存在を知った古今唯一の美少女ウェスタンアニメOVA「アーリーレインズ」をネット通販で購入。自分のためにアニメDVDを買ったのも、ネットでモノを買ったのも実は初めてであった。

・サイト「Lady Gunslinger」に感銘を受けメールにてコンタクト。その縁で同サイトに「エリーにおまかせ」と「荒野の放浪娘」シリーズを掲載してもらう。これが漫画のネットデビュー

・自キャラのフィギュア制作を始める。

G05[1]・日本橋のレンタルショーケース「BOKAE ぼっけぇ~」に漫画やフィギュアを置き始める。「矢端商店」開業である。もちろん売れない。世間に見せれるだけで嬉し。

・漫画「荒野の放浪娘VI」。

2008   ・漫画「荒野の放浪娘VII」。

4コマ漫画「まけるな!エリーちゃん」でエリー再登場。

・友人とともに日本橋のメイドバー「MilkCafeを開拓。以来、友人知人や仕事の取引先相手まで連れてゆく矢端公式接待店となる。

日本橋メイド図鑑-1・友人が持ってきた中学生向けの漫画雑誌がコミックのコンペをやっていたので賞金に目がくらみ初応募。漫画「ROSE」である。もちろん落選。

2009  ・漫画「保安官のリリィ」。青年誌向けのコンペに賞金に目がくらみ応募するがもちろん落選。以降、読み切りの新作はこの賞に応募することをモチベーションに描く習慣となる。

・漫画「シルバーヒルの決斗」。

「妄想の荒野」以後(2010~)

2010    ・家で個人のPCを購入。ブログ「妄想の荒野」開設4コマ漫画「まけるな!エリーちゃん」連載化。

・サイト「まるみみ画報」のロボアニメ記事に感銘を受け、ラスカルにしお氏にファンメール。相互リンクとなり、論客ポールブリッツ氏はじめここから多くのご縁が生まれることに。

イラストに初のデジタル彩色

2011   初のGIFアニメ制作。

YouTubeYABATA CHANNEL」開設

振り向き-4・漫画「シルバークリークの魔女」。

2012   ・日本橋のレンタルショーケース「BOKAE ぼっけぇ~」移転に伴い、リアル「矢端商店」閉店。

・漫画「カーリィ・ルビィ」。

・飛翔掘削氏に「ストライクウィッチーズ劇場版」に連れて(?)行かれる。これがネットで知り合った友人との初の「オフ会」である。

・エリーまとめ本「まるごと☆エリーちゃん」発行。

・「関西コミティア40」にポールブリッツ氏と共同でサークル参加。同人誌即売会自体が初体験であった。

・漫画「アンスキルトガン」。

2013   ellie-by-wasa2 ・「関西コミティア42」「関西コミティア43」に単独でサークル参加。

・コミティア一見さんの女子たちと後日飲み会。これがコミティアで知り合った読者との初の「オフ会」である。

2014    pixivにアカウント取得

・漫画「アリゾナ・ヴァンプ」。

4コマ漫画「まけるな!エリーちゃん」100回達成。冊子「まるごと☆エリーちゃん2」発行。

twitterにアカウント取得

・「関西コミティア44」「関西コミティア45」サークル参加。

謎会「矢端ファンの集い」開催。腐女子3人を向こうに回しての宴会である。互いのブックに絵を描いて交換する「スケブ」文化に触れる。

2015    ・宵壱実ッ季氏とホルモン食いに行く。これがtwitterのみで知り合った友人との初の「オフ会」である。

・漫画「鉄の馬は二度つまづく」。

エリーちゃんアクキー・「関西コミティア46」サークル参加。

2016   ・矢端ウェスタン10周年

・漫画「悪党どもに十字を切れ」。

・「関西コミティア48」サークル参加。

pixivFACTORYでアクキーや缶バッジなどのグッズを製作。BOOTHでも一応販売しているが、もちろん売れない。

・初の版権二次創作イラストを発表(ガルパン、シンゴジラ、アーリーレインズ)。

2017   エリーちゃん10周年

20XX  ・うちの二次元美少女たちに看取られながらラッキーボーイとしての生涯を閉じる(予定)

 

…思えばあっと言う間。いつもわくわくさせていただいた楽しい10年(正確には11年)でありました。ありがとう。もう50歳にもなってしまい、ここでひとつの区切りかな、と自分では思っております。「捨て身の10年」と名付けた今年からは、もう一段上のアクティブな挑戦をしてみたいと思っているところです。世を去る予定の20XX年まで、どうかよろしくお付き合いくださいますようお願い申し上げる次第です。草々。たのしい人生だった。

 


記事検索
ギャラリー
  • コミティア申し込みました!
  • コミティア申し込みました!
  • コミティア申し込みました!
  • ☆「妄想の荒野」7周年記念☆温泉女子会!
  • 「マグニフィセントセブン」。
  • 「マグニフィセントセブン」。
  • 「マグニフィセントセブン」。
  • 例のセーター。
  • 例のセーター。
  • 例のセーター。
  • 例のセーター。
  • 矢端想10年史。
訪問者数(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

前日のアクセス数が変動するのはどういうことなんだろう・・・

最新コメント
すまんこれウチのバナーだ にほんブログ村 漫画ブログ 漫画制作へ
にほんブログ村 にほんブログ村 イラストブログ オリキャライラストへ
にほんブログ村 にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ
livedoor プロフィール
Twitter プロフィール
ブログ以上にロクなこと言ってないからあまり見ない方がいいよ!
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ