ビーシュリンプ水槽ではエアレーションが必須ですが、悩みのタネははじけた水泡がガラス蓋について固着しまうことです。

これまで、いくつかの汚れ落としグッズを試してみましたが、全く歯が立たないものや落ちるけど気長にこすり続けなければならないもの等、『これ!』というものにめぐり合うことができませんでした。

特にこんなウロコ状のものは厄介です。

DSCN2137.JPG

近所のホームセンターに水槽用のコーキング剤(カビ防止剤の入っていないもの)を買い求めにいったところ、アクア用品売り場で目に入ったのがこれです。

切削工具の世界では割と一般的な人口ダイヤを使った研磨材ですが、もともとは浴室の鏡に付着した汚れを落とすためのものです。これをアクア用品売り場に陳列したホムセン担当者の戦略にまんまと引っかかり買って帰りました。(笑)

DSCN2136.JPG

家に戻って早速試してみました。

まずはガラス蓋の汚れを洗い流し、水をつけながら磨くこと10往復程度。左半分が磨いた部分です。

今まで使ったどのグッズよりも早くきれいに落ちました。全面が白くなった30センチ四方のガラス蓋をピカピカに磨くのに10分程度ですみました。目に見える磨きキズは特につかないようです。

どの程度の寿命なのかが気になりますが、良いものを見つけました。

DSCN2140.JPG

これはガラス専用なので、もちろんアクリル水槽には使えません。