拙宅2階には30cmキューブハイタイプ2本、60cm規格水槽1本、60cmらんちゅう水槽1本の合計4本がありますが、少しずつ増設していったためにエアーポンプもありあわせで使ってました。

エアーポンプのメンテナンスはしたものの、各々の水槽で底面フィルターとスポンジフィルターにエアーを送るのがやっとという風量なので、夏場のエアレーション強化に先立ち、ブロア1台を新調してこれらの水槽をまかなうことにしました。

計算上は15L/分クラスのブロアでOKと思われたのですが、送風時のロスなども考慮して20L/分のものを入手しました。

DSCN5071.JPG DSCN5072.JPG
 

外寸は事前に調べておいたものの、実際に見てみると想像していたサイズよりひとまわり小さく感じます。

分岐管は手ごろなものをヤフオクで入手。また、ブロアの吐出口径が11mmのため、分岐管に接続にはちょっとした工作が必要でした。

分岐管を固定する金具、塩ビ管のキャップ、10ミリのホースとコネクターをホームセンターで調達してきました。

DSCN5087.JPG DSCN5084.JPG


キャップにコネクター接続用の穴を開けますが、まずは小さい穴を開けてから手持ちのドリルの刃で大きな穴を開けます。その穴を更にリーマーでコネクターがきっちり入るサイズまで広げます。

DSCN5088.JPG DSCN5090.JPG


キャップとコネクターの接続にはホットボンド、キャップと塩ビ管の接続は接着剤を使わずにシールテープを巻いてねじ込みました。

DSCN5092.JPG DSCN5093.JPG


 そこそこきれいに仕上がったかなと自己満足の世界ですが(汗)

後編でいよいよブロアと接続、各水槽への配管となります。

今回の記事がちょっとでも参考になったよ という方はポチっとお願いしますm(__)m

にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ