前編で分岐管の加工までご紹介しましたが、今回は各水槽への配管完了までご紹介します。

DSCN5093.JPG

 

L字型のコネクターをつけた分岐管を水槽台中段の棚板に金具を使って固定しました。

DSCN5094.JPG

各水槽へ配管をして・・・

DSCN5096.JPG

 

ブロアに負荷がかかりすぎるとよろしくないので、どなたかのブログのコメントで拝見した『開放したコックの先にエアストーンをつけるとシューシュー音がしない』という方法を見習いました。

現状、いぶきのエアストーンをつけていますが、これは水槽に使うので後日安物に取り替えますw

DSCN5100.JPG

 

チョロチョロと水が出ていた底面フィルターの吐出口からはジャブジャブ水が出てくるようになりました。

DSCN5097.JPG

DSCN5098.JPG

 

左側のキューブ水槽2本は後日、エアストーンを入れる予定です。

エアホースが足りなくて分岐管の先で2分岐している配管もあるので、合計9分岐ですが毎分20Lのブロアで充分にまかなえそうです。

DSCN5099.JPG

 

気にしていたブロアの騒音ですが水槽台の中に設置したためか、水心4台を水槽の縁に引っ掛けていたときよりも静かになりました。ただ、ブロアは意外と熱を持つらしく、触れるとほんのりと温かくなっています。


今回の記事がちょっとでも参考になったよ

という方はポチっとお願いしますm(__)m

にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ