【ネタバレ注意】記事の性質上、リットアティン強襲戦のネタバレ含みます。
未クリアの方はご注意くださいませ。



どうもどうも。
やぶでございます!!


いきなりですが、ちょっと小話!!
パッチ4.0最後の夜に、宝物庫ウズネアカナル初めて最下層までいけました!!

やったー!!!!

ffxiv_20171010_000321


「こっちよー」「最下層いくわよー」
ffxiv_20171009_235258
途中ヤブガリオンっていうオネェ(!?)が私に憑依しまして。。
その誘導のとおりに行けば全て開くという!!!
本当何言ってるのかわからないと思いますが、そのとおりこんなかんじで「こっちよー!」っていったら扉がパカーン。
「最下層いくわよー!」っていったら最後の扉もパカーン。
って、次々に扉が開いていったのです。
その場にいないと何言ってるかわからないですよね。。すみません!!
ffxiv_20171009_235506
最後二連続の「ぱあああああ」は本当にドキドキでしたw

そんなわけでずっと行きたかった最下層に行けて満足!!
悔いはない状態でパッチ4.1を迎えることが出来ました。


なもんで今回のブログはパッチ4.1の内容。


。。。。


ではなく!!w


先週末に企画したリットアティン強襲戦(下限)企画の内容です。
昨日 逝った 行ったラバナスタやら色々書きたいのですが、遅筆ですみませぬ。。(´;ω;`)ウオオン
それでは、どうぞ~!!

------------------------------------------------------------------------------

ガレマール帝国の生粋の軍人であり、第XIV軍団の事実上二位の立場にある。
属州出身の身ながら、卓越した傭兵術と武勇によって陣営隊長までのぼりつめた傑物。


その彼の名は。。


リットアティン!!


しかしながら。。


討滅ルレであたればラッキー☆と思われ、


ヒドイときには始まった瞬間に「お疲れ様です♡」と言われる昨今。


わたし達は。。
まずは一人で下見してきました。

そんな彼の本当の強さを知っているだろうか!!
レベルがちょっとあがったくらいで自分たちが強い気になってるのではないか!?
うおっ!よってきた!!Σ(゚Д゚)ヒィ


いこうではないか!!!


真のリットアティンの強さを味わいに!!!!!( ゚д゚ )クワッ!!
ffxiv_20171003_204540
そんなわけで、元々FCメンバーのはくあさんと話していた下限でリットアティン突撃企画。
ロドストで募集して、フルパ集まっていただいた!!


当時を思い出す意味合いも含めて、なんとかりんさんはナイトAF装備を引っ張り出すという気合の入りっぷり!!
ffxiv_20171007_222438
なんでかバハを思いだす!!w

そんなわけでみんな揃ったようなので、早速下限レベルにチェックをいれ、申請!!
ffxiv_20171007_222623
真のリットアティンの強さを身を持って味わいに向かったのだった。

まず入って驚くのが自分たちのHP。
ffxiv_20171007_222651
おお。。DPSでさえ3000未満の人が。。!!
いまのDPSは3万をかるく越えているのを考えると、
1/10以下のHPである。
そしてLv49のためLv50の強いスキルが封印されるのである。
これは予想外であった!!


そんなわけで・・


準備は整った!!
さあ対等の条件で勝負!!!
ffxiv_20171007_222712
最初は順調に通常?どおりの攻撃をしてくるアティン。
HPが75%あたりで唐突にしゃべりだした。

アティン「反逆者は、我が盾・・・
ガンシールド『タルタロス』の前に必滅・・・!」

ffxiv_20171007_222800
このセリフの必滅っていう言葉に私の中の「ちゅうに」が呼応しました。

まずはしゃべってたんか!と純粋に驚いたw
その後、部下が南から駆けつける。
今回私は戦士(ST)であった。
そのためすぐさま彼らのタゲをとる。


ここで。。


周辺がいきなり火の海に!!
ffxiv_20171007_222902
この技今はなき古の詩人のスキル「フレイミングアロー」と似ていますね。。w
もしかしたら当時は色々と苦労したかもしれないと感じました。当時詩人だったけど全く覚えてないけど。


あきらかなダメージをうける床である。
ええ感じのところに誘導しなければ!!!


そうこうしていると。。


リアルかりんさん「やぶさんたげとって!!」


隣から響く大音声。
え!?なんで!?どうしたの!?
アティンのほうをみるやぶ。
気づいたらかりんさん(MT)が死んでいたのだ!!


リアルやぶ「なんで!?」


リアルかりんさん「わからん!!」
ffxiv_20170926_220745
そんなはっきりと言わんでも。。

いやいや、今はバトル中。
死んだ原因を考えている暇などない。
このままではDPSやヒーラーが死んでしまう。


私は、すぐさまアティンのタゲをとり、そのまま北に固定。
かりんさんは蘇生後そのままSTポジションで安定した。


その後アティンが高々に何かをうちあげたと思ったら、全体に痛い攻撃が!!
なんだこれは!?
ああ!!しえるん(学者)が逝ったああああ!!


アティン「グッ・・・・この血が枯れても、貴様を討つ・・・・!」
ffxiv_20171007_223024
ヒラ1となりかなり厳しい状況。
しかし、アティンのHPは確実に減っている!!
残りわずかだ!!!


ああああ!!!


続いてみる蔵さん(白)も逝ったああああ!!!
ffxiv_20171007_223049


DPSのHPもぎりぎり。
ラズさんはHP45。え。45!?!?Σ(゚д゚;)エエ!?
ffxiv_20171007_223049 - コピー
現実で言えばほぼ全身ふっとんでいるような状態であろう。
刀をふるっているのが信じられないHPである。


でも残りアティンのHPも1%!!


削り切れえええ!!!




うおおおおお!!!



倒したああ!!!

ffxiv_20171003_204606
リットアティン(下限)をなんとか初見(?w)一発で倒すことが出来た。
パーティー欄を確認すると、ヒラ2死亡。
DPSもギリギリ。。。
もう少し長引いていたら負けていたであろう。。。


さすが。。


帝国2位は伊達じゃない!!
ffxiv_20171003_204540
2位じゃダメなんですか!?

そんなわけで目的のリットアティン(下限)を一発で倒してしまった私たちは、この大きな滾りをぶつけるためタイタンに挑戦することにした。
ffxiv_20171007_223440


しかし。。。


そのタイタン討滅戦は大いに混迷を極めた。
まずは小手調べの真タイタン。
初めは順調に進んでいたのだが、気づけば半壊!!

しかし!

タイタンのHP残り1%!!

ffxiv_20171007_230034
対して、残ってたメンバーはミル蔵さんのみ!!
がんばれえええ!!!


しかし。。


ここで。。


無慈悲にもタイタンはミル蔵さんをジェイルしたのであった。


忘れていたが真タイタンのジェイルは爆発しないのである。
ということは。。壊せるメンバーが外にいないと、死亡しているのと同じ判定。


全滅!!
ffxiv_20171007_230041
無慈悲よ!!( ゚∀゚)・∵. グハッ!!


気を取り直して何回目かで討伐完了!!
やったああああ!!


戦いながら真タイタンも実装当時かなり苦労させられたことを思い出した。
たしか。。一番初めは北海道出張中だったような。。ww(*´ω`*)ホッカイドータノシカッタ
何回も全滅して初見では討滅できなかったのを思い出す。


さて!!


小手調べは終わり!!
極タイタンへ!!


。。。


詳しいことは書きませんが。。。


正直。。


阿鼻叫喚でしたww
ffxiv_20171007_224424
ちょっとずつ超える力がつくものの、一つ一つ積み重ねていかないと厳しい下限極タコ。
少しのミスが命取りに。
そして下に落ちたら蘇生はできない。
めちゃめちゃシビア!!


そんなわけで夜0時になったので終了となりました。
いやーくやしいなー!!
リベンジしたい!!


パッチ4.1になっても極タコをはじめ、いろいろ下限で昔のコンテンツを遊びにいきたいと思いました。
シヴァとかアルテマとか。。
また企画しますのでよろしくお願いします!!


それではまたー!!(*´∀`*)ノシ



~おまけ~

調べてて知ったのですが、古ルガディン辞典において、
Rhit(リット):正しい
Ahtyn(アーティン):裁く者
という意味を持つそうです。
すごい敵やったんですね( ゚∀゚)・∵. グハッ!!

そしてさらに、古ルガディン辞典ってなんやろうという疑問がまたふつふつと。。w
そのため早速調べたのですがフォーラムにありました!

古ルガディン辞典

こんな細かく設定がされているのですね!
エオルゼア内でも調べたら読める言葉があるかもですね!!


~おまけその2~

あ、そうそう。
冒頭に書いたウズネアカナルなのですが、くまさんがこんなこと言ってました!!

くまさん「やぶさんの地図で不活性がうまい!」

ffxiv_20171010_000658


もうどんどん取っていっていいのよ~!!
深層もいくわよ~!!